ジャンル:東方Project お題:遅すぎた天国 必須要素:受験 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:953字 お気に入り:0人
[削除]

遅すぎた。

昨日魔理沙が死んだらしい。

あまり驚きはしなかった。

いや、驚きを通り越していたのかもしれない。

魔理沙は幻想郷随一の人脈の広さだったのもあり、それはそれは豪華な葬式にされた。

紅魔館などの支援によるものだ。

魔理沙の死に悲し嘆いたものは多数いた。

アリスやフラン、霖之助さん、まさかの紫や月の民。北白河ちゆりや魅魔。

魅魔に至っては数年会えていなかった。弟子に再会したのが弟子の死。

悲しくならないはずがない。

私は何も感じることが出来なかった。

だだ、魔理沙もただの人間だものね。と、思った。

博麗の巫女は紫が境界線を弄るため、ほかの人間より数十年ほど平均寿命が長い。

そして、魔理沙の死から30年が経った。

私はもう44歳。あと6年で引退だ。

そして今日は久々の異変解決。

弾幕ごっこが通用しない鬼との戦いだ。

嗚呼、勇儀達ではない鬼だ。

「くっ」

私は苦戦していた。

弾幕ごっこならまだしも、鬼と肉弾戦なのだ。

明らかこちらが不利だ。

そして私は死んだ。

幻想郷最強の巫女、とまで言われた私だが鬼には勝てなかったらしい。

私は地獄で映姫に聞いた。

「魔理沙は?」

映姫は一瞬だけだが驚いた。

「え、っと…。もう成仏しています。あと数ヶ月早ければ会えてましたが…」

そう、気まずそうに言った。

映姫が言うには窃盗罪など、その他色々の罪で地獄で罰を受けていた。

罰の期限をすぎても理由は言わずここの手伝いをする名目でここに残っていたが、最高閻魔様からさっさと成仏させろと来て数ヶ月前に成仏したらしい。

白玉楼に行けばよかったか、と思ったがあそこは成仏しきれなかったものが行くところだ。

魔理沙なら言ってないかもしれない。

もう数ヶ月早く死んでいれば魔理沙に会えたのか。

ほんとう、博麗の巫女というのは…。

「貴女は天国です」

もしかしたら天国ならば会えるかもしれない。

淡い期待を込めて天国へ向かう。

天国には色々いたが、監視しているらしき鬼?に魔理沙のことを聞いた

「嗚呼、転生したよ」

と言った。

…遅すぎた天国だった。









ー・ー・ー・ー
作成時間:10分
文字数:907文字
お題:遅すぎた天国

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:東風谷 早苗 ジャンル:東方Project お題:調和した惑星 制限時間:1時間 読者:92 人 文字数:549字 お気に入り:0人
「大っ嫌い!」そんな事を言ってしまった。この喧嘩は些細な事であり、悪気もなかった。「…」 彼女を悲しませてしまったかな…。謝りたい。*** 湖がある。霧が掛かり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:ゆるふわな食事 制限時間:1時間 読者:177 人 文字数:2228字 お気に入り:0人
お題は霊夢 永琳 響子手紙はいつも渡すものだった。命蓮寺にはいつも大量の手紙がやってくるのでそれを受け取り、そしてそのお返事を郵便屋さんに手渡す。門前で修行する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:メジャーな失望 制限時間:1時間 読者:212 人 文字数:2089字 お気に入り:0人
お題はレミリア 美鈴 雷鼓私は昼間っから人里の外れにある蕎麦屋で酒を飲んでいた。ここの蕎麦屋はそう美味い訳ではなく、さりとて不味いと言い切るほどではないがあまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:百合街@紅楼夢G15bネムノコス ジャンル:東方Project お題:自分の中の屍 制限時間:1時間 読者:212 人 文字数:1615字 お気に入り:0人
得体のしれない想いが、身体中を駆け巡ることがある。 妖怪の寿命は長い。果てしない時を、同じような暮らしをして淡々と過ごしていく。そのうちに、具体的な事象こそ忘 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:百合街@紅楼夢G15bネムノコス ジャンル:東方Project お題:あいつの友人 必須要素:高校 制限時間:1時間 読者:255 人 文字数:2950字 お気に入り:0人
坂田ネムノの友人をというのを、私は見たことがない。集団生活を厭い山奥で個々の孤独な生活を送る山姥という種族は、厳格な階級制度に基づいた役割分担によって成り立つ天 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤月カゴメ ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:213 人 文字数:2850字 お気に入り:1人
『結局のところ、私に何をさせる気だよ!』「あら、ここまで来たんだから自分で分かってるんじゃないの? あんな大言壮語を吐いたんだから、【妹様の遊び相手】頑張ってね 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:情熱的な、と彼は言った 制限時間:1時間 読者:237 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
お題:パチュリー こいし 正邪カップリング パチュリー×こいし遥か昔に動かない大図書館と自称した事がある。私の中では中々に効いたフレーズで自己紹介する時にもつい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちょうできるねこのひと ジャンル:東方Project お題:軽い水たまり 制限時間:1時間 読者:189 人 文字数:1518字 お気に入り:0人
空気の澄んだ朝。昨日までの暗い空とは違い、山の向こうがグラデーションに彩られる心地良い空。「そうだ、湖、行こう」私は気の赴くままに、晴れた空へと飛び出した。私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:消えた勝利 制限時間:1時間 読者:221 人 文字数:1723字 お気に入り:0人
カップリング:屠自古×衣玖お題:文 屠自古 衣玖真夏のある日、屠自古は射命丸を睨みつけていた。それもこれも唐突に呼び出しをしたかと思えば無礼な事を言い出すのだ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:川後 ジャンル:東方Project お題:楽観的な声 制限時間:1時間 読者:212 人 文字数:1994字 お気に入り:0人
カップリング:清蘭×スターお題:清蘭 小鈴 スター 暗い小屋の中。 私達は三人で蠟燭を囲んで座り込んでいた。 暑さからだろうか。 私の頬に汗が流れ落ちる。「あら 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉