ジャンル:アイドリッシュセブン お題:熱いぐりぐり 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1440字 お気に入り:0人

十を巡りて

プロとして、何ができるか。
『嘘』をついてまでも、皆に夢を与える仕事?
その『嘘』は、『夢』なのか。
ずっと、自分の中で疑問を持っていた。


「ふう。」


ペンを置いて一息。仕送りにそっと書いた手紙を入れて、封をする。
勿論、スマホでも連絡は取りあえるのだけど、手紙っていう特別感がまた、素直になれる。
弟や妹たちも思春期で、なかなか言い出せないこともあるし。
それを、そっと手紙だけで教えてくれるのは何だか愛しい。


「龍、終わったか?」

「あ、あぁ。楽。待っていてくれたのかい?」

「事務所でなんか書き物してるだなんて珍しいから、様子を見てたんだよ。」


普段は家で書いているけれど、ちょうど仕事が立て込んでいたから、帰れる日を見るよりは、
事務所のほうが確実かと思って、今回はそうしたのだが、気を遣わせたみたいだ。


「家族に手紙を書いていたんだよ。」

「なるほどな。だから上機嫌だったわけだ。」


得心して頷く楽。
何気ない仕草でもかっこよく見えるのだから羨ましい。
俺は、気合を入れて「カッコイイ」っていうのを作らないとならないから。


「楽、龍は?」


天の声が入口から飛んでくる。
この後は少し遠方でのロケが入っているから、きっと車で待っていたんだろう。


「ごめん、天。今行くから。」

「もうそろそろ出発するよ。」


最年少だけど一番クールに、凛としていて、さらにプロ意識の高い天。
ただ、俺からしてみると可愛い弟のような存在で。
本人として不本意なのかもしれないけど、よしよしと頭をなでたくなってくる。


「お願いします。」


事務所前に付けてくれたロケバスに乗り込む時にも、目ざといファンが黄色い声援をくれる。
天はニコッと笑って手を振り、楽はクールに反応せず車へ。
俺は微笑みかけるくらいで、車に乗り込む。
車の後部座席はスモークとカーテンで見えないから、天はすっといつもの調子。


「相変わらずの猫っかぶりだな。」

「…何、ファンに愛想振りまくのは当然でしょ?アイドルなんだし。楽もやってみたら?」

「楽のニコニコなファンサ、俺も見てみたいなあ。」


楽だって笑うと可愛らしくなるんだから、やってみてもいいのに。
そう思ったのだけど、楽は渋面を作る。


「龍はファンサ苦手でしょ。」


ぴたりと天が言い当てるので、つい俺も苦い顔になる。


「それは…その…。」

「何もしてないのに、お姉さま方に囲まれてっからな、龍は。ファンサなんてしたら身動きとれねえだろ。」


確かにそうなのだ。
ファンの熱量は凄くて、ぐいぐい来られてしまうと俺はどうしていいのかわからなくなってしまう。
プロの、アイドルとしては、ファンサはするべきなんだろうけど…。


「どうしても、苦手なんだよね…。」

「それでいいんじゃねえの?龍は。うちのセンターが龍の分まで頑張ってくれるってよ。」

「えっ。」


話を振られた方に目を向けると、やれやれ、と呆れた様子だけど、


「ま、得意だから龍の分はいいけど。楽の分はやらないからそこは頑張ってよね。」

「俺だってそれなりにやってるだろ。」

「もっと本気出して。」


そうだ、俺は知ったはずなのに。
俺は一人じゃなくて、かけがえのないメンバーがいるってことを。
なんだか急に、愛おしくなって、2人の頭を撫でたら、見事に怒られたけど。

TRIGGERで、俺は上を目指していく。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:僕とあいつ 制限時間:30分 読者:178 人 文字数:1131字 お気に入り:0人
※いおてん あの子のことは――和泉一織という少年のことは、あまり好きじゃないはずだった。 ことあるごとに突っかかってきて、何かあると口を出してきて、まるで重箱の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:愛の故郷 制限時間:30分 読者:150 人 文字数:1383字 お気に入り:0人
※いおてん♀ 彼らと関わることが増えて、親睦を深めて、変わったことはいくつもあった。 それはおのれの在り方であったり、仲間との関係性であったり、かけがえない「友 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:早すぎた魚 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:1205字 お気に入り:1人
※同棲してるみつてん♀「あつい……」 空っぽになったコップを片手に携え、わたしは静まり返った廊下を進んでゆく。 フローリングのうえをスリッパでぺたぺたと歩き、ち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ネップリしてるタイプのあけうち ジャンル:アイドリッシュセブン お題:くだらない悲しみ 制限時間:30分 読者:189 人 文字数:1380字 お気に入り:1人
冷蔵庫のケーキが消えた。 そんな事件は何気なく日常的にありえる話で、きっとこの日本でも、東京に絞ったとしても、あちらこちらで頻発していることなのだろう。 けれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:運命の暴走 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:957字 お気に入り:0人
「うー……寒いなあ……」「この季節は乾燥します。特に貴方は人一倍体調には注意してくださいよ、七瀬さん」「わかってるってば」 ぼぞりと呟いた言葉にもお小言が二倍三 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あさか ジャンル:アイドリッシュセブン お題:とびだせお天気雨 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:285字 お気に入り:0人
物語において、雨に濡れるというシチュエーションは多くの場合絶望的な状況の演出に用いられる。紡が観ていた八乙女楽の出演するドラマも同様だった。八乙女の演じる主人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:桃月はドリフェスです ジャンル:アイドリッシュセブン お題:気持ちいい潮風 制限時間:15分 読者:451 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
「大和くんはいいよね」「……、はあ……?」 何故、自分は今、この男の不機嫌を正面から食らわねばならないのだろう。二階堂大和は向かい合って座る十龍之介の仏頂面を細 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:僕の嫌いなにおい 制限時間:4時間 読者:309 人 文字数:4065字 お気に入り:0人
学校の放課後って時間が好きじゃない。授業も好きなわけじゃないけど。そもそも学校って好きじゃないけど。でも放課後が一番嫌いだ。この浮ついた空気が好きじゃない。毎日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:うわ・・・私の年収、スキル 制限時間:1時間 読者:587 人 文字数:1703字 お気に入り:0人
「天はもう、俺から学ぶことをやめた方がいいね」楽屋で突然そう言われて、内緒だよと言われて見せてもらっていた台本から顔を上げる。Re:valeの百は肘をつきながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドリッシュセブン お題:裏切りの能力者 制限時間:4時間 読者:403 人 文字数:4133字 お気に入り:0人
1回目。「もう生きていたくない」薄暗い一人暮らし用の小さなアパートの一室。カーペットの上に座り込んで、ユキさんはそう言った。ひいたカーテンの隙間から昼下がりの明 〈続きを読む〉

まきの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:限りなく透明に近い部屋 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:1199字 お気に入り:0人
「えー!コラボ!?」驚きの声が各所で上がる。番組の企画ではなく、コラボなんて初めての事だ。その驚きには当然、喜びも含まれている。「したら、リスポん時みてーにミツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:許されざる汗 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1347字 お気に入り:0人
恐れを知らないってことは、本当に怖いことだ。そんな当然のことにすら気づかないまま、日々を過ごしていた。ある日目の前にドンと置かれた恐怖に、立ちすくむまでは。「さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:日本略奪 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1388字 お気に入り:0人
こんなに、魅力的なものをいくつも持っていながら、ひけらかすこともせず、ただ自然にあろうとする。それを捻じ曲げてしまったことを知っているから、後ろめたさがあった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真実の豪雪 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1485字 お気に入り:0人
幼い頃の、希望の光。きらきらと光っていたのは、憧れの思い。そして、輝かせてくれたのは。「…えへへ。」「どうしたの、いきなり。」「いや、つい。嬉しくって。」オレの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:スポーツの場所 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1452字 お気に入り:0人
気づけばいつも、身体を縮こませて、自分を小さくしていた気がする。僕の色々な後ろめたさがそうさせるのだろうけれど。でも、それではいけないと、奮い立たせてくれたのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:禁断のお尻 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1672字 お気に入り:0人
人より劣っている、と思っていたから。全力で取り組んだし、それを言い訳にしたくなかった。だから、それは今でも変えちゃいけないスタンスだと思うし、全力で、一生懸命頑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:真紅の怒りをまといし小説トレーニング 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:1572字 お気に入り:0人
いい加減に見えて、その実、誰よりも人のことを見ている。それは当初、自己防衛のためだったのかもしれないけれど、今となっては、あの人の最大の武器になっているのかもし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:トカゲの儀式 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
きっとこの人は、恵まれていたんだろうと、勝手に思っていた。オレは、そういう人が羨ましくて、それから、自分を振り返って悔しくて。何も知らないってことは、自分を嫌な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:最後の真実 制限時間:30分 読者:48 人 文字数:1707字 お気に入り:0人
どうしても、隠しておきたいこともある。それは、何のためなんだろうか。誰かのためと嘘をついた、自分のために。「一織くん、それは。」「っ、何でもない、ですから。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まき ジャンル:アイドリッシュセブン お題:部屋とYシャツと錬金術 制限時間:30分 読者:51 人 文字数:1540字 お気に入り:0人
「なにこれ。」俺の部屋に入ってきた相手の第一声はこれだった。そんでもって、次の瞬間すっげー眉間にしわを寄せて、大声を出そうと思ってとどまって、噛み締めるようなし 〈続きを読む〉