ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
[削除]

槍弓


槍弓


「ヘマすんじゃねーぞ」
「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」

赤い弓兵の減らず口は相変わらずで、思わず眉を顰める。
形の良い唇が歪み、嘲笑っているのが分かる。
良い気はしない、しかし悪い気もしない。
敵か味方か分からないどっちつかずの立場であいつとやり合っていたあの時とは随分と違う。
マスターも、見据える先も、目的も同一とした今は気楽でいい。

「っ、おい! そっちへ向かったぞ!」
「…わかってらぁ!」

ぼうっとしていたつもりはなかったが、気づけば猪がこちらに突進してきている。
なんてことない、この槍は獣ごときに折れるものではない。
真正面から槍を投げ、猪の眉間を穿つ。
槍と大差ない鮮やかな赤色が猪から飛び散った。

「…ヘマすんじゃねーぞ、とは誰の台詞だったかね?」
「あぁ?倒したんだからいいじゃねぇか」

あれをアーチャーと呼んだのは一体誰なのだろう。
両手に剣を持って猪と戦いながら軽口を叩くあいつはとても勇ましかった。

マスターは言う。

俺がマスターになったばっかりの頃、兄貴より来るのが早かったんだよね、エミヤさん。
身体はムキムキで、料理もできて、おまけに強いんだ。
向かうところ敵無しって感じだよね。と。

それを話半分で聞いていた俺は、生返事で、そーかい、とだけ答えていた気がする。
そんなこと、お前さんより知ってんだよ、と向けるべきではない嫉妬の炎がちらりと燃えた。
くだらない、なんてことない、見苦しい嫉妬だ。
あいつは気付かない。
あいつが被った多くの血も、俺の赤い槍も、俺の嫉妬の炎も。
すべてあの赤い外装が打ち消してしまう。
それでもいいと思った。
あいつの心に、まだかの騎士王の名残があってもいいと思った。
どれだけマスターがあいつを慕っていても、それをあいつがどれだけ喜ばしく思っていても、変わらない事実が俺を保たせる。

​────体は剣でできている。

あの詠唱のように、あいつは強く、剣のように鋭い。
いくつもの世界を超え、正義の味方として奔走したあいつは、誰よりも逞しい。
ふわりと飛び上がり、敵に向かって弓を引く彼は美しい。
あのひょろっこい身体がどうなってああなったのか、今思うと愉快で仕方ない。
猪突猛進なほどに勇敢なのは、お前の方だと言ってやりたい。

またひとつ、あいつが敵を穿つ。
エミヤさんかっこいい!最強!
野次のようにマスターがあいつに声をかける。

けれど。

けれどその勇敢な体を、穿ってやったのは俺なのだ。
俺は、あいつの心臓の温度を、一生忘れられない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
請け負い始末 ※未完
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:商業的な屍 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:495字 お気に入り:0人
以蔵の職業は殺し屋である。本人は人斬りを自負しているが、その名の通り主要武装は日本刀と定め譲らないが、まあ、○すことを生業にするのに相違はない。依頼は粛清であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:苦いガール 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:1598字 お気に入り:0人
あなたはとても苦いのです。あなたはとても苦くて、私の胸を苦しめるのです。「あれ?」と、以蔵の手元を覗き込んで、龍馬が驚いたような声をあげた。「以蔵さん、コーヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:光の彼氏 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
ハ、と以蔵さんは嗤う。心底バカにしたように、全くつまらない男だと断じたように、思い切り見下して、ハ、と短く、嗤う。二人で何かくだらないことを思いついた時のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
暴君と十の夜 ※未完
作者:恵衣 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:10の情事 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:1017字 お気に入り:0人
一度目は、彼から誘われた。元々性に奔放な古代人である。大した抵抗もなく抱いたのだが、なんと相手は処女だった。男に対してその言葉で表していいのかはわからないが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
炎の海に立つ ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:死にぞこないの事件 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:559字 お気に入り:0人
「キャスター」 呼びかける声に、しかし無言で応える。「背を向けたままでいいのか?」 このまま○すこともできるぞ、と奴は言外に告げている。 お前に殺されるならそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:臆病な男 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:470字 お気に入り:0人
「アーチャー」 名を呼ぶ声に、思わず肩を揺らした。「……なんだね。私はこれからマスターについて種火集めをしなければならないのだが」 できるだけ声を震えさせないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心中 ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:男同士の死 制限時間:15分 読者:182 人 文字数:541字 お気に入り:0人
ごぼり、と血を吐きだした。 元より紅い呪いの朱槍は俺とヤツ、二人分の血を浴びてより一層禍々しくなっていた。「き、さま――」「仕方ねぇだろ、万全の状態でもないの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:穏やかな男 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:1536字 お気に入り:0人
****「おっ邪魔しま~す。」――変な癖で、ついつい人様の車に乗ると言ってしまうんだよなぁ~。と、眠気とその場の雰囲気で少し飲んだ微酔いで、心地の良い疲労感でふ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:免れた夜風 必須要素: 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1525字 お気に入り:0人
高校を出てから住み始めた家は横浜にあって、だから全然ゴミの日を覚えられないで二年か三年くらい、多分そう、三年近くは経っている。ゴミを溜めているなんてことはなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:平和と祖父 必須要素:北海道 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:929字 お気に入り:0人
埼玉以北には行かないと誓った日もあった。 厚い雲に覆われて日が届かない地にいる。おろしたてのダウンをかき抱いて、セイコーマートから走る。はやく温かいホテルのロ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:アルパカの四肢切断 必須要素:ジャケット 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:1657字 お気に入り:0人
型落ちの薄型テレビでは夕方のニュースが流れている。民放だ、たわいも無い内容で本当にくだらない。アルパカふれあい牧場の取材カメラと差し出されたマイクに、ふっくらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うつたか お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:618字 お気に入り:0人
「高崎ぃ!」バタバタと、宇都宮が騒がしく在来の部屋に駆け込んでくる。「どうしたんだよ、そんな急いで」珍しく焦る様子の宇都宮に視線が集まる中、高崎はなだめるように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:それいけ昼下がり 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:992字 お気に入り:0人
「だからさ、こう、耳をぴょこぴょこってさせたの」「わかんねえよ! なんでそれが祝ってることになるんだ……」 時刻にして、昼を少し回った頃。いいかげんおたえへのツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:黄色い償い 制限時間:30分 読者:25 人 文字数:960字 お気に入り:1人
315プロダクション所属プロデューサーの俺が、葛之葉雨彦が事務所前の掃除をしているのだ、という話を事務所待機中の紅井朱雀に話したのは偶然だった。そういや朱雀、前 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:KーPOP お題:人妻の屍 必須要素: 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:352字 お気に入り:0人
気がつくと、隣に女が寝ていた。いや、正確には死んでいた。口元に泡を吹かせていた。僕は怖くなった。身に覚えがない。すぐ横に酒があった。数本の酒が乱雑に置かれていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン(夢) お題:調和した俺 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:1256字 お気に入り:0人
ちょう わ てう- [0] 【調和】( 名 ) スルものごとの間に釣り合いがとれていること。ものごととものごとが互いに和合していること。 「 -がとれる」 「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル: お題:臆病な武器 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:39字 お気に入り:0人
時計のために引き取った子供、ルドガーは少しぼんやりとした子供であるようだった。 〈続きを読む〉