ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
[削除]

槍弓


槍弓


「ヘマすんじゃねーぞ」
「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」

赤い弓兵の減らず口は相変わらずで、思わず眉を顰める。
形の良い唇が歪み、嘲笑っているのが分かる。
良い気はしない、しかし悪い気もしない。
敵か味方か分からないどっちつかずの立場であいつとやり合っていたあの時とは随分と違う。
マスターも、見据える先も、目的も同一とした今は気楽でいい。

「っ、おい! そっちへ向かったぞ!」
「…わかってらぁ!」

ぼうっとしていたつもりはなかったが、気づけば猪がこちらに突進してきている。
なんてことない、この槍は獣ごときに折れるものではない。
真正面から槍を投げ、猪の眉間を穿つ。
槍と大差ない鮮やかな赤色が猪から飛び散った。

「…ヘマすんじゃねーぞ、とは誰の台詞だったかね?」
「あぁ?倒したんだからいいじゃねぇか」

あれをアーチャーと呼んだのは一体誰なのだろう。
両手に剣を持って猪と戦いながら軽口を叩くあいつはとても勇ましかった。

マスターは言う。

俺がマスターになったばっかりの頃、兄貴より来るのが早かったんだよね、エミヤさん。
身体はムキムキで、料理もできて、おまけに強いんだ。
向かうところ敵無しって感じだよね。と。

それを話半分で聞いていた俺は、生返事で、そーかい、とだけ答えていた気がする。
そんなこと、お前さんより知ってんだよ、と向けるべきではない嫉妬の炎がちらりと燃えた。
くだらない、なんてことない、見苦しい嫉妬だ。
あいつは気付かない。
あいつが被った多くの血も、俺の赤い槍も、俺の嫉妬の炎も。
すべてあの赤い外装が打ち消してしまう。
それでもいいと思った。
あいつの心に、まだかの騎士王の名残があってもいいと思った。
どれだけマスターがあいつを慕っていても、それをあいつがどれだけ喜ばしく思っていても、変わらない事実が俺を保たせる。

​────体は剣でできている。

あの詠唱のように、あいつは強く、剣のように鋭い。
いくつもの世界を超え、正義の味方として奔走したあいつは、誰よりも逞しい。
ふわりと飛び上がり、敵に向かって弓を引く彼は美しい。
あのひょろっこい身体がどうなってああなったのか、今思うと愉快で仕方ない。
猪突猛進なほどに勇敢なのは、お前の方だと言ってやりたい。

またひとつ、あいつが敵を穿つ。
エミヤさんかっこいい!最強!
野次のようにマスターがあいつに声をかける。

けれど。

けれどその勇敢な体を、穿ってやったのは俺なのだ。
俺は、あいつの心臓の温度を、一生忘れられない。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
請け負い始末 ※未完
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:商業的な屍 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:495字 お気に入り:0人
以蔵の職業は殺し屋である。本人は人斬りを自負しているが、その名の通り主要武装は日本刀と定め譲らないが、まあ、○すことを生業にするのに相違はない。依頼は粛清であっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:苦いガール 制限時間:1時間 読者:58 人 文字数:1598字 お気に入り:0人
あなたはとても苦いのです。あなたはとても苦くて、私の胸を苦しめるのです。「あれ?」と、以蔵の手元を覗き込んで、龍馬が驚いたような声をあげた。「以蔵さん、コーヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たな@進捗実況5sec目 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:光の彼氏 制限時間:1時間 読者:63 人 文字数:1418字 お気に入り:0人
ハ、と以蔵さんは嗤う。心底バカにしたように、全くつまらない男だと断じたように、思い切り見下して、ハ、と短く、嗤う。二人で何かくだらないことを思いついた時のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
暴君と十の夜 ※未完
作者:恵衣 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:10の情事 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1017字 お気に入り:0人
一度目は、彼から誘われた。元々性に奔放な古代人である。大した抵抗もなく抱いたのだが、なんと相手は処女だった。男に対してその言葉で表していいのかはわからないが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
炎の海に立つ ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:死にぞこないの事件 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:559字 お気に入り:0人
「キャスター」 呼びかける声に、しかし無言で応える。「背を向けたままでいいのか?」 このまま○すこともできるぞ、と奴は言外に告げている。 お前に殺されるならそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:臆病な男 制限時間:15分 読者:118 人 文字数:470字 お気に入り:0人
「アーチャー」 名を呼ぶ声に、思わず肩を揺らした。「……なんだね。私はこれからマスターについて種火集めをしなければならないのだが」 できるだけ声を震えさせないよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
心中 ※未完
作者:隻蘭 ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:男同士の死 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:541字 お気に入り:0人
ごぼり、と血を吐きだした。 元より紅い呪いの朱槍は俺とヤツ、二人分の血を浴びてより一層禍々しくなっていた。「き、さま――」「仕方ねぇだろ、万全の状態でもないの 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉