ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1498字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】海の話


どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?
へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃない?身の毛のよだつような?うーん、じゃあとっときのを一つ、教えてあげよう。

この間、自由レイシフトの許可日があっただろ?そうそう、君たちが海水浴に行ってたとき。実は僕らも同じ場所じゃないけど海水浴に行ってたんだよ。カルデアにアルジュナを置いておくと、すぐカルナと戦おうとするからって、職員からもお願いされてたから。あぁ、行先はもちろんカルナには内緒で。僕とジェロニモとロビンフッドとアルジュナで。ん?意外?先入観は死地での命運を分けるよ、持たない方がいい。
それで、まぁ多国籍がウリのビーチだったから僕らもそうそう目立つこともなくてわりと快適だったね。ビーチパラソルなんか立てて、ジェロニモが素潜りで貝取ってきた時はどうしようかと思ったけど。
うん?あ、事故系じゃないからご安心を。

そうそう、腹が減らなくてもどうにも暑くてさ。僕はこの容姿だからビールも買えないし。…そういうとこ、ジェロニモが厳しいんだ。アルジュナにも控えるようにって注意してたよ。アルジュナはお酒が弱いからね。そこを心配してたんだろ。
ロビンフッドがじゃんけんで負けて、カキ氷を買いに行くってんで、僕らはそれを見送った。だけれど、どうにも遅くてさ、アルジュナが自分が様子を見に行こうかって腰を上げたわけ。でも十数メートルほど行ったところで男たちに声をかけられた。視界の端に映るくらいだから、会話までは聞けなかったけど。人間程度にまで能力を下げてたし。それでアルジュナは何かを男たちと話をしてた。でも、そいつらの視線が気持ち悪くて、アルジュナがナンパされてんだなってのはすぐに分かった。アルジュナったら、こういう時に馬鹿真面目に答えちゃうもんだから、男同士で来てますとか言ってんだろうなってことも予想できた。
アルジュナときたら、白い水着に白いパーカーを羽織って、そこにさらに、ジェロニモから借りた麦わら帽子なんかかぶってたもんだから、きっといいとこのお坊ちゃんだとでも思われたんだろうね。水気を含んだパーカーがぴったり胸に張り付いてて、頬から流れる汗が、落ちた先の肌に伝うところまで見えたとしたら、ま、惑わされる男がいてもしょうがないって感じするけど。
そろそろ助け船でも出した方がいいかな、と思ってジェロニモを振り返る。ジェロニモは、静かに首を振った。僕はその意味が分からなかったけど、アルジュナの方を再び見やれば、ようやく戻ってたロビンフッドの姿があった。

…それでさ、ロビンフッドがアルジュナの肩に肘を置いてさ、その男たちに言ったんだよ。

「コイツになんか用?」

まぁあの時のロビンフッドの顔っていったらなかったね。アルジュナからは見えないからって、大人げなさすぎ。返答を少しでも間違えたら今からアンタたちの飲むものに毒でも仕込んでやるからなって顔してたよ。

……は?違うって、そいうことじゃなくて。ロビンフッドがガチ切れしてたところで怖くないでしょ。え、怖い?そんなのキレるポイントが分かってれば別に平気でしょ。
そうそう、だからさ、一番怖いのは、あれでアイツ、アルジュナに好きともなんとも言ってないってとこ。アルジュナのパーカーだって無理矢理持たせてきたし、ビーサンだって一緒に選んであげてたし、不要ですって言ってた日焼け止めを塗ってあげてたけど、あれで付き合ってるどころか、アルジュナに告白もしてないんだよ!ね、どう?鳥肌たったでしょ?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:148 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:やば、宇宙 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
ゲリラライブも大盛況のうちに終了。メンバーのテンションも(主にアストルフォが)上がり調子。マネージャーが頭を抱えていても気にしない。何故なら皆、インディーズの苦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:早すぎた失踪 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:1828字 お気に入り:0人
『すまない、分かってしまったんだが』 ジークがそう言うと、みんなが一斉にジークを見ました。それこそ、新体操なら満点が出るくらいに。小次郎はジークの肩をぐいっと掴 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:今日の妹 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
アルジュナは頭の良い子供だった。カルナが見知ってきた、どんな子供よりも。しかし、アルジュナは子供だからこそ、その言葉の重大さに気付いていなかったともいえる。例え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:春のエデン 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1821字 お気に入り:0人
「あぁ」 声が思ったよりも近い。アルジュナがそう思って振り向くと、十五センチメートルの定規よりも近い場所にカルナの瞳がある。咄嗟に後退ろうと足を引くが、実習机に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:重い顔 制限時間:30分 読者:85 人 文字数:1686字 お気に入り:0人
ひときわ大きなガラス窓の前で降りしきる雪を眺めているアルジュナの横顔は、まるでそこが世界の終わりのように静かだった。カルデアでは、電力を魔力として代用している。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:静かなお天気雨 制限時間:15分 読者:81 人 文字数:1151字 お気に入り:1人
思えば、こんなレイシフト場面は今までにも少なくなかった。天候は雷雨。視界は不良。足場は崩れやすく、敵は魔獣たち。しかし今回はどうにも運が悪かったと言わざるをえな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:コーヒーと料理 制限時間:15分 読者:117 人 文字数:1561字 お気に入り:0人
それは風のように、または嵐のようにカルデア内を駆け巡る。或る者は一笑に伏し、或る者は首を傾げた。果てはまたも登場人物の少女が言う。『彼を最も愛する人が、彼の一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:遠いふわふわ 制限時間:30分 読者:77 人 文字数:3315字 お気に入り:0人
放課後、三人は短大の本棟入り口で、ネロの言う「迎え」を待っていた。孔明もアルジュナから声をかけたのだが「忙しい」とけんもほろろに突っ返された。確かに孔明はアルジ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ナウい映画 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1477字 お気に入り:0人
私とカルナはアジトにしている隠れ家たちを闇夜に紛れて襲撃し、その都度に部下を開放して回った。皆、ある程度は人権を守られていたようで、私は密やかに安堵の溜め息を 〈続きを読む〉