ジャンル:ロビジュナ お題:やば、解散 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1498字 お気に入り:0人

【ロビジュナ】海の話


どうしたのさ、マスター。ん、怖い話だって?
へぇ、後輩と一緒に百怪談ねぇ。そういうのが君の故郷にはあるの?じゃあゴーストを仕留めに行った話とか?え?そういうのじゃない?身の毛のよだつような?うーん、じゃあとっときのを一つ、教えてあげよう。

この間、自由レイシフトの許可日があっただろ?そうそう、君たちが海水浴に行ってたとき。実は僕らも同じ場所じゃないけど海水浴に行ってたんだよ。カルデアにアルジュナを置いておくと、すぐカルナと戦おうとするからって、職員からもお願いされてたから。あぁ、行先はもちろんカルナには内緒で。僕とジェロニモとロビンフッドとアルジュナで。ん?意外?先入観は死地での命運を分けるよ、持たない方がいい。
それで、まぁ多国籍がウリのビーチだったから僕らもそうそう目立つこともなくてわりと快適だったね。ビーチパラソルなんか立てて、ジェロニモが素潜りで貝取ってきた時はどうしようかと思ったけど。
うん?あ、事故系じゃないからご安心を。

そうそう、腹が減らなくてもどうにも暑くてさ。僕はこの容姿だからビールも買えないし。…そういうとこ、ジェロニモが厳しいんだ。アルジュナにも控えるようにって注意してたよ。アルジュナはお酒が弱いからね。そこを心配してたんだろ。
ロビンフッドがじゃんけんで負けて、カキ氷を買いに行くってんで、僕らはそれを見送った。だけれど、どうにも遅くてさ、アルジュナが自分が様子を見に行こうかって腰を上げたわけ。でも十数メートルほど行ったところで男たちに声をかけられた。視界の端に映るくらいだから、会話までは聞けなかったけど。人間程度にまで能力を下げてたし。それでアルジュナは何かを男たちと話をしてた。でも、そいつらの視線が気持ち悪くて、アルジュナがナンパされてんだなってのはすぐに分かった。アルジュナったら、こういう時に馬鹿真面目に答えちゃうもんだから、男同士で来てますとか言ってんだろうなってことも予想できた。
アルジュナときたら、白い水着に白いパーカーを羽織って、そこにさらに、ジェロニモから借りた麦わら帽子なんかかぶってたもんだから、きっといいとこのお坊ちゃんだとでも思われたんだろうね。水気を含んだパーカーがぴったり胸に張り付いてて、頬から流れる汗が、落ちた先の肌に伝うところまで見えたとしたら、ま、惑わされる男がいてもしょうがないって感じするけど。
そろそろ助け船でも出した方がいいかな、と思ってジェロニモを振り返る。ジェロニモは、静かに首を振った。僕はその意味が分からなかったけど、アルジュナの方を再び見やれば、ようやく戻ってたロビンフッドの姿があった。

…それでさ、ロビンフッドがアルジュナの肩に肘を置いてさ、その男たちに言ったんだよ。

「コイツになんか用?」

まぁあの時のロビンフッドの顔っていったらなかったね。アルジュナからは見えないからって、大人げなさすぎ。返答を少しでも間違えたら今からアンタたちの飲むものに毒でも仕込んでやるからなって顔してたよ。

……は?違うって、そいうことじゃなくて。ロビンフッドがガチ切れしてたところで怖くないでしょ。え、怖い?そんなのキレるポイントが分かってれば別に平気でしょ。
そうそう、だからさ、一番怖いのは、あれでアイツ、アルジュナに好きともなんとも言ってないってとこ。アルジュナのパーカーだって無理矢理持たせてきたし、ビーサンだって一緒に選んであげてたし、不要ですって言ってた日焼け止めを塗ってあげてたけど、あれで付き合ってるどころか、アルジュナに告白もしてないんだよ!ね、どう?鳥肌たったでしょ?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ツナ缶 ジャンル:ロビジュナ お題:清い年賀状 制限時間:30分 読者:192 人 文字数:927字 お気に入り:0人
思えば誰にも住所なんて聞いていないし、誰かに教えた覚えもない。アルジュナは頭を抱えた。このアルジュナとあろうものが恥ずかしい!新年の風習はこの国出身でないとは 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:素晴らしい外側 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1611字 お気に入り:0人
申し上げましょう、申し上げましょう。この僕の言葉で事足りるのであれば。えぇ、時間は大丈夫です。今はちょうど休憩時間ですから。刑事さんたちも、つい先日までこちらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:神の夕飯 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:1435字 お気に入り:0人
「何故あやつに執着する」信長は特盛の豚骨ラーメンを今まさにすすろうとしながらカルナに問いかけた。カルナはというと、こちらも特盛の、味噌バターラーメンの麺をすすれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:殺されたガール 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1601字 お気に入り:0人
「付き合ってもらえませんか」俺の言葉に、アルジュナは目を丸くして、え、と一つの音を呟いた。俺とアルジュナは同じ大学で違う専攻を持つ学生だった。それが、バイト先が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:阿修羅極刑 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1426字 お気に入り:0人
申し上げます、申し上げます。私はひどいやつです。そうとはこれっぽっちも思ってなんかいませんが、私はひどいやつだと言っておきます。何故なら、きみがそう望むから。さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:見憶えのある解散 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
【或る依頼者の証言】申し上げます、申し上げます……っていうフレーズがあったじゃない?あれは告発をする人間の言葉だったけど。いや、うん、そういうものだと思って欲し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:空前絶後のボーイ 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:1356字 お気に入り:0人
大学の掲示板に貼られていたのは、短期バイトのお知らせ。昼休みに一時間、指定された部屋できちんと機械が動いているかを監視するだけのお仕事。その時給の良さと、飲食し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:恥ずかしい彼女 制限時間:15分 読者:69 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
「ッッ――ラァッ!」来る、と思ったのは、決してカルナの思い違いではなかった。鮮烈な赤。血よりももっと明度の高い、林檎や苺のような緋色。それが眼前に迫り、カルナは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:戦争と悪人 制限時間:15分 読者:71 人 文字数:1468字 お気に入り:0人
従業員の顔が一瞬で青褪め、道を開けた。というよりも、脱兎のごとく逃げ出した。カルナとビリーは一気に走り出し、ピアノの乗るステージの横を通り抜けて二階への階段に足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:もしかして凡人 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1258字 お気に入り:0人
ガゴンッ!と車体が揺れ、カルナが一瞬だけシートから浮く。咄嗟に庇ったベレッタをセットし直しながらフィンを見ると、どうやら運転席から何かを外へと投げているようだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:愛のプレゼント 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:1297字 お気に入り:0人
「大層なご登場なこって」「いつもはデスクワークばかりだからね。たまに現場に戻ると良い刺激になる」「まぁいいや、カルナが君と行くと申し出た」「そうか」フィンはウィ 〈続きを読む〉