ジャンル:東方Project お題:そ、それは・・・コメディ 必須要素:高校受験 制限時間:4時間 読者:79 人 文字数:591字 お気に入り:0人
[削除]

(仮)

カリカリカリ
なぜだろう受験となると今まで勉強したことが飛んでいく。
(クソッ、今までの努力は何だったのか。何なんだよ、、、、クソォ!!!!)
だめだ。
冷静になれ。
そうだ、私十六夜咲夜は時を止められる。

幻世 「ザ・ワールド」

ピタッ

(よし、まず参考書を。)

カリカリカリ

(これを繰り返せば。いける、いけるぞ!ぬるい、ぬるいぞ!」

「ん?なにがいけるのかな?十六夜さん?」(ニコニコ)

「えええええええ?い、い、い、いや、な、な、な、何のことですか?」(何で聞こえてた?)

「ぬるいぬるいぞとは試験がぬるいんですか?」

「い、いえ」(絶対気づいてるよこれ)

「そうですか。」

(気づいてないのか?)

カリカリカリ
カリカリカリ
カリカリカリ
カリカリカリ

できた

スピースピースピーZZZZ

「時間になりました」

試験官の声で起きた。

そして後日

私の番号は

S-1341

だったな

S-1338
S-1339
S-1340
S-1342

あれ?
ない

(嘘だ。時を止めて答えを見たのに。)

プルルプルル

『幻想郷高校カスタマーサービスです。』

「何で私は不合格何ですか?S-1341です」

『あなたは名前を書いていませんでした。』

・・・チーーーーン




※この作品は東方projectの2時創作です※




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:レミリア・スカーレット ジャンル:東方Project お題:冬の監禁 制限時間:4時間 読者:51 人 文字数:119字 お気に入り:0人
俺は木野さとり。一応JKだ。ある時いつの間にか見慣れない場所に居た。そこに群がってたのは消滅間近い団体、個人、政党、国、それに消滅した団体、個人、政党、国、崩壊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:射会記子 ジャンル:東方Project お題:壊れかけのテロリスト 制限時間:4時間 読者:130 人 文字数:3374字 お気に入り:1人
主要登場人物コミュニ•スターレット2000年12月1日生まれ。2015年12月9日における有子達の革命運動の「縁の下の力持ち」でもあった。彼は当時、16歳。革新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:豆腐のさくしゃ ジャンル:東方Project お題:苦し紛れのドロドロ 必須要素:オリーブオイル 制限時間:4時間 読者:288 人 文字数:1751字 お気に入り:0人
「ふぅん・・・ここが地球、か・・・思ったより殺風景・・・いや、建物の中だね。うん。」私は清蘭。イーグルラヴィ所属の玉兎で、地球には偵察にやって来た。んだけど・・ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:豆腐のさくしゃ ジャンル:東方Project お題:出来損ないの音 必須要素: 制限時間:4時間 読者:426 人 文字数:2278字 お気に入り:0人
「はぁ、ダメよ。私は。妖怪の、端くれなのに、熱がでて、死にそう。悪いけど、今回は諦め、」ドサッ、と崩れ落ちる。次に驚きと心配の声。全く、こんな時ばかり心配しやが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:豆腐のさくしゃ ジャンル:東方Project お題:熱い教室 制限時間:4時間 読者:323 人 文字数:1143字 お気に入り:0人
はぁ・・・何してんだ?私。いや、何かは分かるが。今は寺子屋の手伝いをしている。理由は、ツレを介抱してくれるって言うからだ、慧音が。んあ、私は誰かって?まあ、妥当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:芝浦澪音 ジャンル:東方Project お題:やば、整形 制限時間:4時間 読者:400 人 文字数:1617字 お気に入り:0人
幻想郷では今、外の世界から流れ着いてきた"自動車"と呼ばれるものを用いての競技が盛んである。その勢いは、かの弾幕ごっこと並ぶものがある。自動車は外の世界から流れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
冬の知恵の実 ※未完
作者:ねじまき鳥 ジャンル:東方Project お題:冬の冤罪 必須要素:右手 制限時間:4時間 読者:501 人 文字数:6608字 お気に入り:0人
レティは困っていた。……どうしたものかしら。そう額に手をやり思いを巡らせながらちらりと視線を落とすとそこには妖精チルノが立っていた。事の発端は今から少し前、彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Lさとゴン@次は何に挑もうか ジャンル:東方Project お題:子供のボーイズ 制限時間:4時間 読者:591 人 文字数:3225字 お気に入り:0人
前書き。お題の子供のボーイズがなんなのかわからなかったので、この話では男の子の子供服として書いています。ご了承下さい。人里から多少離れた山の上にある寂れた神社。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yukiさん a.k.a. 雨宮なつめ ジャンル:東方Project お題:肌寒い夫 制限時間:4時間 読者:816 人 文字数:4456字 お気に入り:0人
カメラのシャッター音が響く。 その程度の音でさえ、耳障りと感じるほど、今の私に余裕は無い。「綺麗ですよ、文さん」 身動きは取れない。縛られているわけではないが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宇佐美悠香 ジャンル:東方Project お題:難しい彼氏 制限時間:4時間 読者:1840 人 文字数:3036字 お気に入り:0人
今日は久しぶりに外で勇儀と食べることにした。「ねえ、勇儀?」「なんだ、パルスィ?」「どこで食べる? お燐のところ? それともほかのところにする?」「今日はお燐の 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:1 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛、それは音 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:375字 お気に入り:0人
ご自愛ください。という定型句にエロティックな意味を見出してしまう程度にはリリカ・プリズムリバーは若かった。思春期だった。自分を愛するとは陰核を愛することに他なら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
untitled ※未完
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:思い出の蟻 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:316字 お気に入り:0人
蟻の巣穴に水を流し込む。残酷といえば残酷な遊びだが、それが面白く思える年頃というのは確かにある。当時の俺は、まさにそういう年頃だった。――そうか。きみはそうやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:楽観的な土 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:227字 お気に入り:0人
ひでりのときはなみだをながし。さむさのなつはおろおろあるき。そんな神さまでは、ありたくなかったのだけれど。涸れた田んぼと、枯れた稲たちの前で。私は村のひとたちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:名付けるならばそれは眠り 必須要素:じゃがいも 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:838字 お気に入り:0人
ああ、なんということだろう。「空認?」「違う違う、ソラニン。じゃがいもの芽に含まれる、毒のことだ。なんだ、天才ときいていたがそんなことも知らなかったのか?」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:無意識の排泄 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:518字 お気に入り:0人
う○こなんかするはずじゃなかった。古明地こいしは思った。それはおならのはずだった。音の出ない、いわゆる透かしっ屁というやつ。そのはずだった。いかなる直腸のいたず 〈続きを読む〉