ジャンル:宇宙よりも遠い場所 お題:子供のぺろぺろ 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1176字 お気に入り:0人
[削除]

結月と子供とぺろぺろキャンディ

 いつもの北海道からの移動、下手な汽車よりも乗っている時間は長いかもしれない……そんなどうでもいいことを考えながら白石結月は目を閉じた。
 教科書の一つでも開けばいいのかもしれないけれど、ここ最近はハードスケジュールだったため睡眠を体が欲していたからだ。

 しばらくすると、なんとも言えない喧騒で目を覚ます。
後ろの席に座っていた子供がぐずり始めたようで、周囲の人がイライラとした雰囲気を表情や仕草で表していた。
お母さんが慌ててあやしているが、子供はぐずるのを止めなかった。

 結月は思ったよりイライラしていない自分に意外な思いをいだきつつ、カバンをからドラマのマスコットキャラのキーホルダーを外し、サングラスを掛けてシートから乗り出し子供をじっと見つめた。
 それに気づいて困惑する母親に笑いかけると、眼鏡のつるを動かしてメガネをぴょこぴょこと動かし始めた。

 子供はだんだんとなくのを止め、上下するメガネを見つめ始める。
子供が十分に結月を意識したタイミングを見計らい、マスコットキャラを取り出ししゃべる

「こんにちは~元気だね、僕たぬきち知ってる?」
「あい!」

元気な子供の声、うるさくても鳴き声より心地いい

「僕もね、飛行機初めてで不安なんだ…一緒に乗らない?」

 ゆっくりと近づいてくるマスコットに子供が手を伸ばしてくる

「すっごく怖いんだ・・・守ってくれる?」
「うん!!」
「わーい、じゃあよろしくね!」

 結月はマスコットを子供の手に渡し、手を振る

「その子可愛がってあげてね」
「うん、可愛がる!」

 シートに戻る時近くで立っていたキャビンアテンダントがお辞儀をし、その後子供に飴をあげていたようで、その後ぐずることはなかった。


 飛行機を降りる時、ちらっとその子を見ると椅子で美味しそうにアメをペロペロと舐めながらたぬきちと遊んでいた。
それに気づいた母親はお辞儀をした後小声で話しかけてきた

「あの朝ドラにでてる白石結月さんですよね?毎日楽しく親子で見ています、今日はありがとうございました、これからも楽しみにしています」
「あっはい、たぬきちで喜んでくれて私も嬉しいです、・・・たぬきち、とえっと・・・」
「こうたです」
「たぬきち、こうたくんまたね」
「ばいばいー」

 子供が楽しそうな笑顔で飴とたぬきちを振り回して手を降る。

「失礼します」
「ありがとうございました」

 人の流れに合わせてゆっくりと飛行機を降りていく、通路は空調がきいていても、窓からの日差しは強く北海道との違いを感じながら歩いていく。

「ペロペロキャンディーきまりさんとか好きそうだな」

 結月はキマリがペロペロキャンデーを舐めるのを想像しながら、”今度遊びに行くときに買っていこう”と考えていた。

おしまい

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉