ジャンル:宇宙よりも遠い場所 お題:子供のぺろぺろ 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1176字 お気に入り:0人
[削除]

結月と子供とぺろぺろキャンディ

 いつもの北海道からの移動、下手な汽車よりも乗っている時間は長いかもしれない……そんなどうでもいいことを考えながら白石結月は目を閉じた。
 教科書の一つでも開けばいいのかもしれないけれど、ここ最近はハードスケジュールだったため睡眠を体が欲していたからだ。

 しばらくすると、なんとも言えない喧騒で目を覚ます。
後ろの席に座っていた子供がぐずり始めたようで、周囲の人がイライラとした雰囲気を表情や仕草で表していた。
お母さんが慌ててあやしているが、子供はぐずるのを止めなかった。

 結月は思ったよりイライラしていない自分に意外な思いをいだきつつ、カバンをからドラマのマスコットキャラのキーホルダーを外し、サングラスを掛けてシートから乗り出し子供をじっと見つめた。
 それに気づいて困惑する母親に笑いかけると、眼鏡のつるを動かしてメガネをぴょこぴょこと動かし始めた。

 子供はだんだんとなくのを止め、上下するメガネを見つめ始める。
子供が十分に結月を意識したタイミングを見計らい、マスコットキャラを取り出ししゃべる

「こんにちは~元気だね、僕たぬきち知ってる?」
「あい!」

元気な子供の声、うるさくても鳴き声より心地いい

「僕もね、飛行機初めてで不安なんだ…一緒に乗らない?」

 ゆっくりと近づいてくるマスコットに子供が手を伸ばしてくる

「すっごく怖いんだ・・・守ってくれる?」
「うん!!」
「わーい、じゃあよろしくね!」

 結月はマスコットを子供の手に渡し、手を振る

「その子可愛がってあげてね」
「うん、可愛がる!」

 シートに戻る時近くで立っていたキャビンアテンダントがお辞儀をし、その後子供に飴をあげていたようで、その後ぐずることはなかった。


 飛行機を降りる時、ちらっとその子を見ると椅子で美味しそうにアメをペロペロと舐めながらたぬきちと遊んでいた。
それに気づいた母親はお辞儀をした後小声で話しかけてきた

「あの朝ドラにでてる白石結月さんですよね?毎日楽しく親子で見ています、今日はありがとうございました、これからも楽しみにしています」
「あっはい、たぬきちで喜んでくれて私も嬉しいです、・・・たぬきち、とえっと・・・」
「こうたです」
「たぬきち、こうたくんまたね」
「ばいばいー」

 子供が楽しそうな笑顔で飴とたぬきちを振り回して手を降る。

「失礼します」
「ありがとうございました」

 人の流れに合わせてゆっくりと飛行機を降りていく、通路は空調がきいていても、窓からの日差しは強く北海道との違いを感じながら歩いていく。

「ペロペロキャンディーきまりさんとか好きそうだな」

 結月はキマリがペロペロキャンデーを舐めるのを想像しながら、”今度遊びに行くときに買っていこう”と考えていた。

おしまい

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:楽観的な夢 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:564字 お気に入り:0人
ボクは…北極にいた…そう…そのはずなんだよ…なのに…目の前には神社。誰もいない神社。なんで…なんで…「あら。初めて見る妖怪ね。害悪妖怪なら退治するけど…そのよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Projest お題:見憶えのある小説の書き方 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:391字 お気に入り:0人
え~ちょっと言いたいことがあります。 お題:見覚えのある小説の書き方 って何? うん本当にわからないのでちょっと無視させていただきます。 あーヤバイこれだけ4 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方projest お題:強い朝日 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:284字 お気に入り:0人
「-----ん?」気づいた時は、博麗神社にいた。「あれ?なんで霊夢の家ー痛っ!」ああ。そういえば昨日の夜霊夢と酒を飲んでたんだっけな?「おい。霊夢。起きるんだぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん【腐向け】 お題:暗黒の儀式 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:913字 お気に入り:0人
※何でも許せる方向け※暴力的な描写があります 恋人の瞳を見つめ、そして一つキスをする。 これは儀式だ。「今日も可愛いよ。あいしてる」「……」 答えはない。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:あんすた。【腐】 お題:幼い、と彼は言った 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:3584字 お気に入り:0人
*****【欠片ずっこ】「ちあきは、『あんぱんまん』にはなれなかった『せいぎのみかた』なんです。」「あんぱん??まん??あの、幼稚向けの??」「ーーはい。『おこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ボーカロイド お題:団地妻の奈落 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:771字 お気に入り:0人
ある日のことのようだった。私が初音ミクに似ている人を見つけた。おーい!ミクちゃん!ミクはいないのよ。私はがっかりした。どうせ、初音ミクはネットアイドルの仕事で忙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ぐちゃぐちゃの夢 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1183字 お気に入り:0人
はっきりしている。どうしても思い出したくなくても思い出す夢。私の住んでいた町が真っ赤な炎で覆い隠していた。そこには、大好きな家族や友達、町の人々が逃げ遅れている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:彼が愛した潮風 必須要素:しゃっくり 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は最終日なんだか寂しいけど満月が麗しい時だってわかってるから。ここが、幻想の満月かー。って吐息混じりで言っているのが烈火幸村。月の世界では、先人達が空に昇る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:僕が愛した人 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:701字 お気に入り:0人
俺っちは、わかったんだ。大将のことをずっと好きだって。いつも周りには、違う刀剣男士がいるのにその奴らに嫉妬しているから気が狂いそうだぜ。今日もウチの弟たちがいた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バトルスピリッツ烈火魂 お題:裏切りの笑顔 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1706字 お気に入り:0人
今日は何の日か知っているはず!そうそう、国際宇宙ステーション希望が全国を駆け回るんだって。東京ゲームショウをまた輪廻のように繰り返すかもって、ニュースの人が言っ 〈続きを読む〉