ジャンル:おそ松さん お題:殺された税理士 必須要素:三島由紀夫 制限時間:4時間 読者:83 人 文字数:1529字 お気に入り:0人
[削除]

【元気がないおそ松兄さんの話】

「なぁなぁ、三島由紀夫って誰だっけ?」
「はぁ? 知るかよ、誰だよ」
「俺の記憶だと、歌手らへんだった気がするんだよなぁ~」
「じゃあそうなんじゃないの」

 何時ものような会話。

「そう言えば最近テレビでやってたんだけど、税理士がストーカーに殺されたらしい」
「へー…ご愁傷さま」
「俺じゃねぇし! 云うならテレビに云ってよ!!」
「…それテレビに云うなら本人の家族に……いや、何でもない」

 何故、ぎこちなく感じるのだろうか。何故、こんなにも寂しく感じるのだろうか。

 頬に涙がつたう。
 あぁ、どうしてこんなにも胸が苦しくなるのだろうか。嗚咽で泣いているのがバレていないだろうか。
 あぁ、僕がこんなにも胸が痛いのだから、あの人はもっと痛いのだろう。
 この痛い思いは何時、終わるのだろうか。
 もう無くなってほしい。
 あの方を忘れたくはなかったが、この気持ちは無くなってほしかった。

 すると足音がした。
 正確に云えば床が軋む音。

 この涙を見たらなんと云われるだろうか。というかその前に涙を見られるのが嫌だった。
 パーカーの裾で涙を拭った。けれども涙は止まらなかった。洪水を起こしているようだった。

 肩に暖かい物が掛けられる。

 後ろを振り向くと案の定、あの人、おそ松兄さんだった。

「何泣いてんだよ、一松…。

…って、云いたい所だけど、流石にまだ立ち直れねぇよな、お前は」

 何てったって、優しい奴だもんな。そう云ったおそ松兄さんの顔は酷い様だった。隈が酷く出来ていて、顔もやつれている様だった。

「おそ松兄さんこそ、酷い顔、してるよ」
「…んあーやっぱりバレる?」
「バレバレ」

 あちゃー、と顔を覆う姿は本気で云っていないことがわかる。

「やっぱりなー…うん、やっぱり俺だってしんどい時あるんですよー」

 その言葉に深い意味はないのだろう。けど、やはり長男としての責任、重圧があるのだろうと思う。

「…いつも、ありがとう」
「おっ、なぁにー珍しいじゃん。どったの?」
「別に…何となく」
「全くー素直じゃないんだから~」

 そう茶化すおそ松兄さんだったが、その瞳の奥は辛そうに見えた。

 何もしてやれない自分が酷く、恨めしかった。





 それから二月ほど経つとやはり慣れは出てくるらしく、もう流石に毎日は涙は出なかった。しかしその分、おそ松兄さんのやつれ具合は酷くなる一方だった。

「もう! 流石にご飯食べなよ!」
「そうだぞブラザー。この容態は少々放っておけないな」
「いっぱい食べる!!」

 そう兄弟たちは心配をするが、おそ松兄さんは「悪い」「食欲ない」の言葉で通す。
 今ではもう、水しか飲んでいないんじゃないか、と思うほど。どっかの三男見たいにガリガリで、立つことすら億劫そうにする様だ。

 けど食べる時は食べる。
 三男の声かけがあれば、どっこいしょ、といった風に重い腰をあげるのだ。

「ほら、さっさと食べろよ」
「あー…はいはいわかりましたよーだ」
「はいは一回」
「はーい」

 いつも居てくれれば良いモノを。この兄は毎日居ないのである。

 たまにふらっと帰ってきては、へらっと笑ってみせご飯を食べるのだ。けどその日にちは決まっておらず、本当にたまに来るだけだ。

 就職したら云う筈のこの人が云わない、ということは、まだ受かってはいないのだろう。

「…やはり、チョロ松の声かけがあると食べるんだな」
「…そうだね、いつも居てくれればいいのに」

 本当にいつも居てくれれば良いのに。そう願うが、僕は叶わない事を知っていたんだ。


「だって、チョロ松は_____」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:綺麗な風邪 制限時間:4時間 読者:35 人 文字数:1257字 お気に入り:0人
ぽつりと頬に落ちた、冷たい雨。それに意識を戻せば、曇天に包まれた空が見えた。いつからここに座り込んでいたのか、覚えているのは、水平線に落ちていく太陽が死にたくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:そゃーす まっちゃぴっぴ ジャンル:おそ松さん お題:許されざる喜劇 制限時間:4時間 読者:192 人 文字数:1596字 お気に入り:1人
おそ松兄さんが死んだ。チビ太の店からの帰り道、六人で並んで歩いていた時に突っ込んできた車によって殺された。たまたま隣を歩いていた僕は何が起きたかもわからず、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はちこくん ジャンル:おそ松さん お題:光の小説合宿 制限時間:4時間 読者:125 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
愛の物語は一松には書けない。砂を吐くようなでろでろの粘膜の擦りあいは他の有象無象にまかせておけばよい。……などと言える立場ではなく、今回も締め切り間近にうんう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせ ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:196 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:八条 媛明 ジャンル:おそ松さん お題:臆病な同性愛 制限時間:4時間 読者:308 人 文字数:4616字 お気に入り:0人
一松の命は290円だ。咥えて吸って火をつける。その流れでくすんだ紫煙を綺麗なままの空気と混ぜて肺に送る。ドロドロとタールが肺の、肺胞の、それら細胞一つ一つを黒く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:おいでよ年賀状 必須要素:岩塩 制限時間:4時間 読者:349 人 文字数:288字 お気に入り:0人
※死ネタ ブラザーたちのために最高級の岩塩を採ってくるぜ、と言ってカラ松が家を出ていったのは12月の半ば頃。そうして約一週間後の聖夜、遠いヒマラヤ山の中腹から、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:寒い女祭り! 必須要素: 制限時間:4時間 読者:432 人 文字数:649字 お気に入り:0人
女子松さん6名は、6人乗りのレンタカーを借りて、山を二つ越えた先にある縁結び神社を目指していた。運転手はカラ子が務め、ナビのおそ子は助手席に座り、我先にと車に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槇名有 ジャンル:おそ松さん お題:忘れたい境界 必須要素:ギター 制限時間:4時間 読者:331 人 文字数:1691字 お気に入り:0人
「ねえみんな、トト子のバックバンドやってみない?」 幼馴染の女の子は、大事な話があるの、と言って六つ子を部屋に集めると、単刀直入にそう言った。曰く、商店街のイベ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:へせのジョル仗ラーメン減量用しめじ大盛り ジャンル:おそ松さん お題:彼女と過ち 必須要素:まいたけ 制限時間:4時間 読者:487 人 文字数:5205字 お気に入り:0人
清貧、という言葉がある。彼女の事である。高卒ニートで、人間性も恐らく最低の部類に入るだろう同世代カースト圧倒的最底辺の住民、松野カラ松は彼女を見た途端、春一番の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:狐狗羽-koku-@低浮上 ジャンル:おそ松さん お題:とてつもない海辺 制限時間:4時間 読者:427 人 文字数:1546字 お気に入り:0人
あたりはもう暗く、波が寄せては引いてを繰り返す音と探索者のような砂を踏みしめる足音だけが聞こえる。ここは遠く離れた、知らない土地の海辺___「…おそ松兄さん、い 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:23 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉