ジャンル:遊戯王ARC-V お題:調和した小説家たち 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1773字 お気に入り:0人

榊家の男子の秘密(現パロ)

※パラレル次元。架空の設定あり。

榊ユーリは世にも稀な四つ子の三男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。
実はユーリには他の三人には隠していたことがある。
ネット上で「小説家」として活動し、投稿サイトにいくつか自作の短編小説をアップしていることであった。
ちなみに得意ジャンルは友情以上恋愛未満の青春小説である。

「……昨日アップした小説、あんまり反応ないなぁ。ヒロインが他の男になびく描写を入れたのが不味かったかな」
学校から帰り、自室で一休みしたユーリはサイトにアップしたばかりの新作の評判はどうかとスマホでチェックする。しかし悲しくなってくる位通知は届いていない。
「ここ最近が紛れ当たりだったのかな…ん?」
だめ押しでリロードしたところ、通知が二つ届いていた。
一つは新作がブックマークされたこと。そしてもう一つは感想が届いていることだ。

大急ぎでチェックすると、相互フォロワーの「night」さんからの感想だった。早速読んでみる。
『植物園さん(ユーリのハンドルネーム)、新作読ませてもらいました。ヒロインの心の揺れ動き、読んだこちらもどうなるか期待不安の未來が動き出している感じでとてもドキドキしました。初めての続き物ということもあり、後編の投下を今か今かと心待ちにしています。』

その文章を見た瞬間、ユーリの不安は一気に吹き飛んだ。
「ああ、良かった……」

「night」さんはファンタジー系が得意ジャンルのネット小説家だ。少し中二病の匂いがあるが、巧みな心理描写に定評があり投稿サイトの小説ランキング常連でもある。
ユーリも最初は熱心な一ファンだったが、今ではこうやって感想を送り合う仲にまで発展できた。

「あ、nightさんの新作アップされてる、早速読もっと」
恋愛ごとには一切興味がないと思われ、実際付き合っている彼女もいない。しかし思春期の少年少女の心の揺れ動きを見たり想像したりするのはとても好きだった。
「……僕が小説、しかもこういうジャンルを書いているなんて知られたらどう言われるかな」

次男のユーゴには悪い意味で面白がられるかもしれない。
四男の遊矢にはドン引きされるかも。
長男のユートは……案外無関心かもしれない。堅物だから。

「当面の目標は僕がこうやって活動している事を知られないことだな……」
そう、こうやって細々とネットに自分の想像した世界を見てもらい、好意的な感想を貰える。それだけで十分幸せなのだ。
「でも、ほかのネット小説家はどんな生活をしているのか知りたいかも」
特に「night」さんは。

「そう言えばユートに国語の教科書借りっぱなしだった。返さないと後で怒られちゃう」
ユートは自分よりも先に家に帰っているはずだと、玄関に彼の靴があったのをユーリは思い返していた。

ユーゴの教科書とは違い、使い始めてから半年が過ぎても落書き一つない綺麗な国語の教科書を左手に持ち、ユーリはユートの自室のドアをノックする。
「ユート、今日は教科書ありがとう。返しに来たよ」
返事はすぐに来ず、本をバサバサと広げるような音が少しあった後、「わかった、入れ」とやっと返事があった。

失礼しますとユートの自室に入る。彼は机に向かったまま勉強をしているようだった。相変わらず真面目なようで、とユーリは少し呆れた。
「何か隠してたの?赤点の答案?」
「バカ言うな。誰かが部屋に入ってこようとすれば誰でも焦る。それが兄弟でもな」
「まあ、それはそうか」

じっと目線をユートの机に移動させる。よく見ると机の上のパソコンの電源が入ったままだ。
「わかった。ネットでイヤらしい画像を検索……」
「出てけ」

冗談のつもりだったのに、この堅物と思いつつユーリは渋々自分の部屋に帰っていった。
「なんかムカムカしてきた……この苛立ちを小説にぶつけよう」

「……行ったな。相変わらず鋭いヤツだ」
ユートは机の上のノートパソコンを開く。そこにはユーリも投稿している例のサイトに繋がっていた。
正確には自身のネット上での名義「night」のマイページが。

榊家には秘密がある。
異なるジャンルで活躍するネット小説家が二人、同じ屋根の下で互いが互いのファンと知らぬまま生活していると言う事を。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:340 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:383 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:464 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「待って、待って……!」 ごう、と耳元を風が過ぎていく。目も開けていられないような強風が顔を打つ。そんな中、翠色のを持つ少女がひとり、先を行く少年の背を追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:たった一つのハゲ 制限時間:15分 読者:348 人 文字数:990字 お気に入り:0人
「……」「何をしている」「いやー、これはちょっと可哀想かなと思って」 そう言って沢渡が示したのは一羽のヒナだった。零児は今気づいたとばかりに視線を向けると、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:653 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:かっこ悪いつるつる 制限時間:15分 読者:557 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「うわっ!?」 どさっ、と重量感のある音と共に、廊下でしりもちをついたのは遊矢である。音に振り向いた赤馬は、その惨状を見て顔をしかめた。「君は何をしているんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:俺の流刑地 制限時間:15分 読者:475 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
「あんたが何を考えてるのかは分からないけど、異次元に行くんでしょ?」「そうだ」「あんたも一緒に行くの?」「ああ」「一緒に戦う?」「そうなる」「そっか」 端末を操 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:遠い世界 制限時間:15分 読者:660 人 文字数:1084字 お気に入り:1人
「行くの?」「そうだね、命令だから」 一瞬、眉間に皺を寄せたユーリは、平静を装って椅子から立ち上がると、デニスの元へ歩いていく。壁に寄り掛かるデニスの前に立って 〈続きを読む〉

伊菜メイ子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:黒尽くめの殺人 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:1432字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元過去話。ユート視点。ハートランド……いや、俺達エクシーズ次元の住民は一方的な蹂躙を受けていた。来る日も来る日も、雨も録に凌げない建物の残骸に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:2つの風 制限時間:1時間 読者:22 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
リンの独白。過去の捏造設定あり。冬はシンクロ次元の季節。私の周りにはいつも風が吹き抜けている。一つは汚れのない白を基調にした、シティの全てのデュエリストの頂点に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの警察官 制限時間:1時間 読者:25 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
※ユーリの独白。ずっとユーリのターン。僕は警察官みたいだ。だってアカデミアやプロフェッサーに逆らう人達を次々にデュエルで、言葉でじわじわと追い詰め、最後は一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:情熱的な母 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1603字 お気に入り:0人
※洋子さん視点。スタンダード次元過去話。遊矢の母、榊洋子は昔からエネルギッシュな女性だった。「舞網クイーンズ」の総長として夜を駆け抜け、ふとした切っ掛けで謎めい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:絵描きの雑草 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
※現パロ次元再び。「榊家の男子の秘密」の続編。榊ユーゴは世にも稀な四つ子の次男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。彼には他の兄弟達に秘密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:男同士の勇者 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:1380字 お気に入り:0人
※統合後の世界。遊矢とユーゴがゲームやりながらだべっている話。久々に引っ張り出した据え置きゲーム機を中古ショップに売ってしまおうか遊矢が考え込んでいた所、ユーゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:去年の排泄 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:1438字 お気に入り:0人
※年明けと遊矢の話。一月一日。元旦。遊矢はリビングに置かれたコタツの中で目を覚ました。毎年恒例の歌番組を見終わった後の記憶がないことから、すぐに寝入ってしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:調和した小説家たち 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1773字 お気に入り:0人
※パラレル次元。架空の設定あり。榊ユーリは世にも稀な四つ子の三男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。実はユーリには他の三人には隠していた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:それいけヒロイン 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:1674字 お気に入り:0人
※統合後の柚子視点。スイパラ的な所に行く柚子(+三人)の話。遊矢も少しだけ出てくる。(柚子、頼みがあるの。ちょっとだけで良いから体を貸して)(あの……柚子。瑠璃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:せつない狼 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:1522字 お気に入り:0人
※シンクロ次元過去話。ユーゴ視点。ユゴリン描写あり。送り狼という言葉がある。夜道だから送っていくよと甘い声をかけて、これは安心と二人で歩いていたら、隙をついて襲 〈続きを読む〉