ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:689字 お気に入り:0人

小舟でオチのない小噺



「「おぉぉ……!!!」」

「どうでしょうか〜」

あぎりに突然、港へ呼び出された。無理やり着いてきたやすなと一緒に指定された所へ行くと、満足そうな顔のあぎりがそれなりの船から手を振っている。

「あぎりさん!これ、乗っていいの!」

「勿論で〜す、そのために用意したんですよ〜?」

私のそばを離れたやすなが、解き放たれた犬のようにあぎりの待つ船へ飛び降りて行く。

「あ、おいバカ危ないぞ!あとそれ私の仕事どうだからな!?」

私のバックアップを務めてくれているあぎりには、必要なものの手配を任せている。次の任務の目標は沖合に移動する拠点を置いていることから、丁度船が必要だった。

「よっ、と。うん……悪くないな」

私も船に飛び乗ると、船体のカモフラ、武装、強度、必要な色々を確かめる。

「どこから持ってきたの?」

「忍法を使えばこれくらい〜、ちょちょっと作れますよ〜」

やすなの問いにあぎりは笑って答える。あ、ちこっち見た。まぁ、流石にこれは作れないよな。

「忍法ってすごいね!あっ」

感心したやすなが何かに躓いて転ぶ。伸びていた手が引っかかったのは……モーターエンジンの制御盤。

「「うわぁぁぁ!?!?」」「わぁ〜」

アイドリングしていた船が、物凄い勢いで走り出す。物凄い勢いで走り出す。

「何やってるんだバカ!」

「だ、だってぇ……」

「ぶつかりますよ〜?」

猛スピードの船が、入港してきた小舟に突っ込んだ。赤と黒の何かが飛んで行った気がしたが、気の所為だ。多分。


「おいやすな……」

「ごめんなさい……」

「また、作りますね?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:かっこ悪い囚人 制限時間:15分 読者:84 人 文字数:395字 お気に入り:0人
「おい、時間だ」無愛想だが優しげな声が独房の私を連れ出す。ようやくやすなに会える。やすなに触れられる。「ソーニャちゃんっ!」囲いから出たところで飛び付いてきたの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:可愛いお天気雨 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:474字 お気に入り:0人
「ねね、ソーニャちゃん!狐の嫁入りって知ってる?」「なんだよそれ、縁起悪そうだな」「お天気雨が降ると、どこかで狐の嫁入りがあるっていう言い伝えですね〜」確かに今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:せつない武器 制限時間:15分 読者:96 人 文字数:542字 お気に入り:0人
「なんだよ、これ……」思わず手に掴んだそれを投げ捨てた。新しい武器ですよぉとあぎりに貰った怪しい紙袋、中から出てきたのは……所謂、大人の玩具。「確かに、次のター 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:やば、テロリスト 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:520字 お気に入り:0人
今回の指令は反社会組織の構成員の始末、普段と比べると確実に難易度は高い。私は今、都心のデパートへ来ている。標的のグループに不審な動きがあったうえ、このデパートに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:折部やすなbot ジャンル:キルミーベイベー お題:秋の14歳 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:756字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃんが中学生だった頃ってどんなだったの?」「どうした急に。」「いや、中学生の頃からそんな乱暴な性格だったのかなって思って。」──バシッ「いたた。もー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひよっ工房 ジャンル:キルミーベイベー お題:たった一つの「えいっ!」 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:557字 お気に入り:1人
あ、ソーニャちゃんだ。前を歩く背中は少し寂しそうに見えて。「ソーニャちゃ、あふん……」「うぉあ!?なんだ、やすなか」いつもの様に私を〆る表情は、少し嬉しそうに見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの薔薇 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:570字 お気に入り:0人
「ソーニャちゃん、今日という今日は行かせないからよ!」仕事に向かおうとする私の前に立ちはだかるやすな。後ろ手になにか隠し持っているのがバレバレだ。「食事に行くだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:愛と憎しみの食事 制限時間:15分 読者:111 人 文字数:723字 お気に入り:0人
「お前が、いけないんだからな……」薄ら暗い荒屋〈あばらや〉の隅で、金の髪を埃と血に染めた少女が独り言ちる。がつ、がつと硬い何かを貪るような音がただ響いていた。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:斬新な人間 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「お二人の仲を深めてもらうためぇ、こちらを使ってみましょ〜!」てってれ〜っ、とネコ型ロボットよろしく不可思議なヘルメットを二つ取り出したあぎり。怪訝そうな顔とわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:キルミーベイベー お題:ワイルドな事件 制限時間:15分 読者:98 人 文字数:762字 お気に入り:0人
そこにあったはずのものがない。そんなことは有り得ない。何故ってそれは冷蔵庫の中身だから。つまるところこれは。「事件ですねぇ〜」あぎり邸に集められた、3人の容疑者 〈続きを読む〉

びお~らの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:箱の中の戦争 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:615字 お気に入り:0人
「おいやすな!お前なにしたんだよ!?」「わっかんないよぉ!私今回はほんとに何もしてないからね!!!」「そんな訳ないだろ……じゃあなんで私たちは今輸送機の中でパラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
成長 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:商業的な娼婦 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:520字 お気に入り:0人
「おじゃまします、アスナです」来た。隣室のターゲットを仕留める為入ったホテル。あぎりに『時間繋ぎの用意はしてありますよ〜』と言われて身構えていたが、ただのレズ風 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:大きな成功 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:488字 お気に入り:0人
部屋の隅、膝を抱えて座り込んだ。不採用の通知は破り捨てた。社会不適合者の自分が憎かった。「ただいま、ソーニャちゃん」スーツ姿の女の人は、今日もこのアパートに帰っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:有名な螺旋 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:475字 お気に入り:0人
重さを感じて目が覚める。もぞり。仰向けのまま体が動かない。「ぁ……おはよ、ソーニャちゃん」バツの悪い顔をしたやすなが、私を正面から覗き込む。跨られている、のか。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:素晴らしい船 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:689字 お気に入り:0人
「「おぉぉ……!!!」」「どうでしょうか〜」あぎりに突然、港へ呼び出された。無理やり着いてきたやすなと一緒に指定された所へ行くと、満足そうな顔のあぎりがそれなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
手紙 ※未完
作者:びお~ら ジャンル:キルミーベイベー お題:愛すべき失踪 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:493字 お気に入り:0人
「……はっ、」食卓に座ったまま寝ちゃってたみたい。時計を見たら深夜二時過ぎ、今日はもうベットに移動した方がいいかな。「くぁ…………」長いあくびがでた。ソーニャち 〈続きを読む〉