ジャンル:名探偵コナン お題:美しい軽犯罪 制限時間:15分 読者:151 人 文字数:462字 お気に入り:0人
[削除]

ひとめぼれ、たった1秒。 ※未完

最近、学校帰りの道にある喫茶ポアロにイケメン店員がいると友達が耳元で騒いでうるさい。

「ホントのホントにかっこいいの」
と友達は鼻息を荒くして妄想モードに入る。まぁいつものことだ、と思いながらも一応へぇーと相槌をうつと友達の顔がぐいっと寄せられる。

「分かってくれたのね。とにかくあたしはカレシと会う約束してうから、ひとりで行って写真撮ってもらってきて」
「え、わたし行かないよ」
「じゃあメール楽しみに待ってるからね」

友達は大きく手を振ってわたしの帰り道とは真反対の方向へ駆けていった。一人で帰れというのかと頬を膨らませ、いつものように歩いて喫茶ポアロの前を通り過ぎる。

「あ」

ガラス越しにさらりと揺れる金髪が見えた。確か、金髪で青い瞳を持っているとか友達が言っていたような気がする。本当に無意識に、ふらふらと数歩戻ってドアを開けていた。

「いらっしゃいませー」

からんからんとベルの音がする。金髪が振り返って青い瞳が私の黒い瞳を見る。どきりと心臓が跳ねる。

あぁやっぱり来るんじゃ無かった、と小さくt

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:香和 9/30 ジャンル:名探偵コナン お題:わたしの好きな信仰 制限時間:15分 読者:289 人 文字数:711字 お気に入り:0人
祈るという行為は、盛大な理由づけのされた、大袈裟な他力本願だと思う。見えざるものにいくら感謝したところで、伝わったのかどうか確かめようもないし、見えるものにい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:名探偵コナン お題:オチは兄 制限時間:15分 読者:2225 人 文字数:1134字 お気に入り:1人
【降新】あなたの皮膚 ――十九世紀のイギリスで、若い女性の皮膚が剥がされる事件があったんだけど。 と、突然工藤くんが喋り出した。 現在工藤くんは台所で洗い物を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:名探偵コナン お題:哀れな門 制限時間:15分 読者:1004 人 文字数:1377字 お気に入り:3人
ライナスの毛布 降谷零という人間と十年以上は付き合ってきているけれど、未だに謎が多い。 かつて色んな人間を演じていただけあって、外で見せる顔と、中で見せる顔が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:菴 : もー少し低浮上▼執行済み ジャンル:名探偵コナン お題:君の仕事 制限時間:15分 読者:1289 人 文字数:673字 お気に入り:0人
穏やかに寝息を立てる、あまりにも無防備で、普段の彼からは想像もできない寝顔をふと見やった。 すやすやと、絵に描いたような子どもの寝顔だ。 こうして見ると本当に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あつき@裏稼業4号館K24b ジャンル:名探偵コナン お題:突然の愛人 制限時間:15分 読者:432 人 文字数:802字 お気に入り:0人
CPは降風降で。 他人の空似という言葉を、彼ほど使えない人間もいないだろう。「――安室さ……」 声をかけようとして、言葉の最後が消えた。 見慣れた色彩を街で見か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:名探偵コナン お題:不思議な暴走 制限時間:15分 読者:551 人 文字数:582字 お気に入り:0人
「どこに行くつもりだ」ジンは、前に進もうとする男の名を呼び静止を促す。「……貴方の敵になるものはわたしが片づけますよ」「勝手に動く気か?」「貴方のためにできるこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オータム爆死した羽賀 ジャンル:名探偵コナン お題:永遠の伝説 制限時間:15分 読者:1392 人 文字数:661字 お気に入り:0人
※組織なんてない※とっくに和解済少し背中が重くなって目が覚めた。「…起こしたか、すまない」100キロくらいあるんじゃないかと思うくらい重いまぶたを無理矢理に少し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倉田圭奈 ジャンル:名探偵コナン お題:無意識の旅行 制限時間:15分 読者:443 人 文字数:363字 お気に入り:0人
雲一つない満月の夜は、なぜ苦手だ。どうしてもそんな日は大抵誰かを誘って、スコッチがまだ生きてた頃はもっぱら彼だった、酒を煽ることが多かった。近頃は組織からの任務 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倉田圭奈 ジャンル:名探偵コナン お題:とんでもない姉妹 制限時間:15分 読者:459 人 文字数:505字 お気に入り:0人
ある日目が覚めると身体が縮んでしまっていたー…どこかで聞いたことがあるような文句も、今は出てこなかった。「とりあえず状況整理をせねばなるまい…」確か昨日は安室く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にかり ジャンル:名探偵コナン お題:君の食事 制限時間:15分 読者:751 人 文字数:929字 お気に入り:2人
薄暗がりに電気スタンドの光が見えて、また本を読んでいるのだとわかった。もう随分と日が暮れてしまったが、先ほどちらりと見えたキッチンは汚れの一つもなく綺麗なまま 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:裏切りの笑い声 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
はらりと解かれた風呂敷から、取り出された笹の包み。 かさかさと音をたててた中から出てきたのは、餡子の塊がふたつ。 茶をすすりながら、二人でつまみあげる。 甘い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:私が愛した社会 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:856字 お気に入り:0人
――みて。 主は、指をむけた。 それはひどく美しい光景だった。 人が見れば、それはただの見晴らしのいい丘から見下ろした街並みだ。 特別な遺産もなければ、世界一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ユウダチ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷たい小雨 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:472字 お気に入り:0人
さっきまでは、本当に暑かったんだ。8月初旬。夏の真っ只中であり、降水確率は0%手のひらで輪を作り空にかざして覗き込むが、括られた輪の中には白い雲はなかった。本丸 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:やわらかい平和 必須要素:クリスマス 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:817字 お気に入り:0人
鼻唄を唄いながら、モミの木に飾りつけをしていく。ふわふわの白い綿や、キラキラの紐や、つやつやの玉や。おおよそ、こんな人を幾人も殺めてきた手で触るものではないであ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:興奮したハゲ 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:751字 お気に入り:0人
こつこつこつ靴を鳴らしながら夜道を歩く薄暗い、小さな道こつこつこつ同じ音が鳴る今のは自分ではない。後ろから聞こえた音。普通の通行人だろうとそのまま進むこつこつこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:壊れかけの帰り道 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:3154字 お気に入り:0人
頬を撫でる、生ぬるい風。 足下はまっくらでなにも見えない。 手にもつのは、あのひとがくれたたった一つの提灯だけ。 すぐにゆらいで消えてしまいそうな灯をかかげ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:部屋とYシャツと高給取り 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1888字 お気に入り:0人
人生で、特に高望みということをしていた覚えはない。 こんなもんだろうと自分の力に見切りをつけて、平坦に、平凡にやってきたつもりだった。 なのに、どうしてこうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:たった一つの第三極 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:2775字 お気に入り:0人
二極化、というのはどんな世界でもわかりやすい。 赤と白、または北と南、どちらかが正義あるいは悪。 ところが現実というのはそこまではっきりしている事などなく、覗 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:ワイルドな船 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:454字 お気に入り:0人
はぁ、と熱い息が頬にかかり、その小さな躯の限界を知らせる。世間一般、深夜と呼ばれる時間。本当なら、鍛練に使う船の上、夏の暑さに犯された頭は、穏やかに呼吸を乱すひ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:地獄床 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:2046字 お気に入り:0人
宗三くん、と言えば彼はなんですか、とけだるげに返してきた。ベッドサイドでずりおちた肩の着物を手でなおす仕草は、いつか色っぽいなとしみじみと感じたあのころを思い 〈続きを読む〉