ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大好きな蕎麦 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1534字 お気に入り:0人

一年の終わりの過ごし方

遊矢は普段、蕎麦は食べない。自身の希望でパンケーキを朝食のメインにしたり、米飯に味噌汁、焼き魚にお浸しなどのお米の国に生まれたならばこれだろうと言わんばかりのコテコテの和食が並んだりと、日々和洋折衷の食卓である。
不思議なことに蕎麦がメインになることは全くといって良いほどない。ある一日を除いて。

「遊矢、蕎麦は温かいのと冷たいのどっちが良い?」
「うーん……天ぷらが乗った温かいの」

時は大晦日。テレビでは運動会の如く二組に別れ歌で競いあったり特別ゲストで盛り上がる毎年恒例の長寿番組や、お笑いタレントの大御所達が体を張って視聴者から笑いを取る番組など、一年を締めくくり競い合うように賑やかに映し出されている。
遊矢はそんな賑やかさをゆったりと自宅でまどろみながら、年越し蕎麦をすするのが何よりも楽しみと公言するやや渋い趣味を持つ少年であった。

「柚子ちゃんと二年参りにでも行かないのかい?」
「えー、外寒いし……あと同級生に見つかると色々言われるんだよ」
「なんだい、そこでがっついておかないと後で大変な事になるんだよ、遊矢」

そう一人息子をからかいながら、洋子は湯気が立ち上る天ぷら蕎麦を遊矢の前に置く。
揚げたての海老天は黄金色に輝き、透き通った茶色のつゆが程よく染み始め、いかにも食べ頃だ。
母親の問題発言に対して反論したい気持ちもあったが、今は何よりも食欲が上回った。腹の虫がまだかまだかと催促してくる。いただきます、の言葉もそこそこに遊矢は海老天にかぶりついた。
さくさくとした衣の歯触り、合わせだしがよく効いたつゆの風味、海老の弾けるような弾力と口の中でじわっと広がる旨味…温かいそばには何より海老天が合う、その事を改めて認識せざるをえない瞬間がそこにはあった。

「あー……やっぱり母さんの海老天はおいしいよ、これ食べないと一年が終わったって気がしない!」
「そんなにほめてもらえると、作った甲斐があるってもんだよ。遊矢、海老ばっかじゃなくて蕎麦も食べな」
母の言葉を聞くか聞かないかのうちに遊矢は蕎麦をすすり始める。ちまちまと食べるのではなく、ズルズルと音を立てて豪快に食べた方が蕎麦は美味しいものだ。そう教えてくれたのは自分のデュエルの目標であり、憧れそのものである、今はどこにいるかもわからない彼の父親であった。

メインの蕎麦は独特の風味がたっぷりと味わえる一流品だ。実はたまたま商店街の懸賞で当たった高級品であることは息子も知らないだろうな…と洋子はひっそりとほくそえんだ。
可愛い一人息子が自分の作った料理を満足げに食べてくれている。その事だけで十分すぎるほどに幸せだと彼女は感じていた。
ここに行方が知れない夫も食卓を囲んでくれていたら…というのはおくびにも出さず、ひっそりと思いながら。

「はー、おいしかった……」
つゆの一滴まで飲み干し、遊矢は頬をほんのり赤らめながら母に目を向ける。
付けっぱなしのテレビは歌番組を放送していた。そろそろ大トリの出番だ。

遊矢はしばらく何も言わず歌番組に見入っていたが、次第にまばたきが多くなってくる。食欲が満たされ体も温まり、今は本来ならもうベッドに入っている時間。
「遊矢、眠い?」
「ね、ねむく…ないよ。今度こそ年明けまで起きてるんだ」
「年明けの瞬間には起こしてあげるからちょっと寝な。どっちが勝ったかも教えるから。」
「……うー、わか、った…」
そう言い遊矢はコタツ布団にくるまり、すうすうと寝息をたて始めた。その寝顔は小さい頃から変わらない、何よりも愛しいものだった。

なお、その後洋子自身も寝入ってしまい、息子との約束を果たせず母子揃って夢の中で年明けをすることになる。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:あいつと息子 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1309字 お気に入り:0人
※ユーリ視点。統合後。僕は物心ついたときからずっとひとりだった。僕の周りにいたのはプロフェッサー、そしてデュエルの相手と言う名目の「生け贄」。なんであいつらには 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:春の誰か 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1036字 お気に入り:0人
遊矢は皺一つない制服に腕を通す。まだピンと張りの強いそれは今日から中学生としての生活が始まる象徴だ。鏡で自分の姿を確認する。これからまだまだ背が高くなるのだから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:フハハハハ!それは国 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:770字 お気に入り:0人
※ユーゴ視点。統合後の話。一人の人間の中。それは一つの国のようでもあった。「すごいよこれ、ちょっとこれ見てよユーゴ」そう言いユーリは俺の前に一つの植木鉢を差し出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:ドイツ式の秋雨 制限時間:15分 読者:346 人 文字数:368字 お気に入り:0人
秋雨ガン無視です クロウとかにすればよかったか「パパがお土産に買ってきたんだが、俺様が出向いてやってんだ、当然食うよな?」珍しい来客は開口一番そう言った。横柄な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:スポーツの夏 制限時間:30分 読者:391 人 文字数:1221字 お気に入り:0人
※遊矢がユートとユーゴ統合済み。S次元から帰還してつかの間のバカンス、というイメージ。俺にとっての、というかこのスタンダード次元での一番のスポーツは、言うまでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:空前絶後の失望 制限時間:15分 読者:473 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「待って、待って……!」 ごう、と耳元を風が過ぎていく。目も開けていられないような強風が顔を打つ。そんな中、翠色のを持つ少女がひとり、先を行く少年の背を追いかけ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:たった一つのハゲ 制限時間:15分 読者:356 人 文字数:990字 お気に入り:0人
「……」「何をしている」「いやー、これはちょっと可哀想かなと思って」 そう言って沢渡が示したのは一羽のヒナだった。零児は今気づいたとばかりに視線を向けると、まだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不知火すばる ジャンル:遊戯王ARC-V お題:真実の笑い声 制限時間:30分 読者:665 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
納得した頃にはもう彼は跡形もないほどに侵食されていて、騙されたことに対する怒りなどは特段湧いてくる気配がなかった。そんな些細なこと、興味がなかった。それに赤馬零 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:かっこ悪いつるつる 制限時間:15分 読者:563 人 文字数:1067字 お気に入り:0人
「うわっ!?」 どさっ、と重量感のある音と共に、廊下でしりもちをついたのは遊矢である。音に振り向いた赤馬は、その惨状を見て顔をしかめた。「君は何をしているんだ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花茨ライ ジャンル:遊戯王ARC-V お題:俺の流刑地 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:1306字 お気に入り:0人
「あんたが何を考えてるのかは分からないけど、異次元に行くんでしょ?」「そうだ」「あんたも一緒に行くの?」「ああ」「一緒に戦う?」「そうなる」「そっか」 端末を操 〈続きを読む〉

伊菜メイ子の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:苦し紛れの天井 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1496字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元の平和な話。ユト瑠璃。ユートは今、人生で最大のピンチに陥っていた。瑠璃と二人きりで会っていたことが親友であり、彼女の兄の隼にバレてしまったからだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大人のもこもこ 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:1250字 お気に入り:0人
彼女はふわふわもこもこ※最終回から数年後の誰かと誰かの話。彼女はふわふわもこもことしたものが大好きだ。冬と言えば、もこもことした暖かいものが機能面でもビジュアル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:大好きな蕎麦 制限時間:1時間 読者:24 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
遊矢は普段、蕎麦は食べない。自身の希望でパンケーキを朝食のメインにしたり、米飯に味噌汁、焼き魚にお浸しなどのお米の国に生まれたならばこれだろうと言わんばかりのコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:黒尽くめの殺人 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:1432字 お気に入り:0人
※エクシーズ次元過去話。ユート視点。ハートランド……いや、俺達エクシーズ次元の住民は一方的な蹂躙を受けていた。来る日も来る日も、雨も録に凌げない建物の残骸に身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:2つの風 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1368字 お気に入り:0人
リンの独白。過去の捏造設定あり。冬はシンクロ次元の季節。私の周りにはいつも風が吹き抜けている。一つは汚れのない白を基調にした、シティの全てのデュエリストの頂点に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:死にかけの警察官 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:1563字 お気に入り:0人
※ユーリの独白。ずっとユーリのターン。僕は警察官みたいだ。だってアカデミアやプロフェッサーに逆らう人達を次々にデュエルで、言葉でじわじわと追い詰め、最後は一枚の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:情熱的な母 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1603字 お気に入り:0人
※洋子さん視点。スタンダード次元過去話。遊矢の母、榊洋子は昔からエネルギッシュな女性だった。「舞網クイーンズ」の総長として夜を駆け抜け、ふとした切っ掛けで謎めい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:絵描きの雑草 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
※現パロ次元再び。「榊家の男子の秘密」の続編。榊ユーゴは世にも稀な四つ子の次男として生まれ、ごく普通の中学二年生としての生活を送っていた。彼には他の兄弟達に秘密 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:男同士の勇者 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:1380字 お気に入り:0人
※統合後の世界。遊矢とユーゴがゲームやりながらだべっている話。久々に引っ張り出した据え置きゲーム機を中古ショップに売ってしまおうか遊矢が考え込んでいた所、ユーゴ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:伊菜メイ子 ジャンル:遊戯王ARC-V お題:去年の排泄 制限時間:1時間 読者:53 人 文字数:1438字 お気に入り:0人
※年明けと遊矢の話。一月一日。元旦。遊矢はリビングに置かれたコタツの中で目を覚ました。毎年恒例の歌番組を見終わった後の記憶がないことから、すぐに寝入ってしまった 〈続きを読む〉