ジャンル:うちのトコでは お題:そ、それは・・・コウモリ 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:1421字 お気に入り:0人
[削除]

コウモリ ※未完

ずっと、ずっと昔の事。

まだ栃木と群馬が「毛野国」と呼ばれるよりも前の事。

誕生して間もないの二人はあまりに無知だったが、もって生まれた好奇心で瞬く間にありとあらゆるものごとを学習していった。

ある日群馬は山奥に探検に出掛けていた。

山の中は熊や猪、鹿など危険なものがいるが、それもまた山の命であり、我らに恵みをもたらしてくれるものだと知ったばかりで群馬は山に興味津々だった。

…が、時にその興味と好奇心が身を滅ぼす事はまだ知らなかったのだ。

群馬が探検している山は麓に暮らす人々から崇められ、恐れられる山だった。
特に山奥は 神の領域 としてあまり立ち入る者は居なかったのだ。

群馬もそれを聞いていた。
だが、好奇心には勝てず、足を踏み入れてしまったのだ。

生い茂る木々の間を縫うように進むと、あるところに細い道を見つけた。
別に目的地も無いので群馬はその細い道に沿って進む事にした。

細い道はずっと続いていたが、太陽が傾き始めた頃、ようやく終点にたどり着いた。

細い道の先には、洞窟があった。
少し暗かったので、火を灯して中を照らすと中がはっきり見えた。

群馬の横を洞窟からの冷たい風が通り抜ける

群馬は自らの興味と好奇心に従い洞窟へ足を踏み入れた。

洞窟の中は暗くて、寒かったが、無性に落ち着く場所だった。

群馬は時が経つのも忘れてどんどん洞窟の奥に入って行った。

気がつくと、不思議な場所にたどり着いた。
たくさんの気配を感じる部屋だった。

こんな暗い暗い場所にどうして?

群馬はその場所に突っ立って、じっと周りを見渡した。

いきものなら、捕まえて持って帰って麓の人や栃木に自慢してやろう

群馬はこの前栃木と一緒に作った弓を構えた

静かに、いきものの気配を探す。

パタパタ、と頭の上から羽の音がした。

パタパタという羽音なら鳥か何かだろう

すかさず群馬は矢を放った。

獲物を仕留めたのだろうか、近くでべちゃりと何かが地面に叩きつけられる音がした。

群馬はそれが何か確かめようと音がした方へ近寄って、落ちてきた獲物を掴んだ。

よく見ると、群馬がまだ見たことのないものだった。

羽のようなものもあるがら鳥の持つそれとは確実に違う。

鳥のような嘴もなく、体のつくりも鳥とは全く違うようだ。

何だ、これ

群馬は気になって、ふと、不思議ないきものが落ちてきた方を松明で照らした。

すると

そこにはたくさんの光る目が、それをもつ何かが天井を埋め尽くすようにぶら下がっていた。

…!!!

驚いた群馬は声も出せずに、慌てて駆け出した。

その足音に驚いたのだろうか、その不思議ないきものたちも一斉に動き出した。

キイ、キイという高い声が群馬を追いかけてくる。

群馬は必死で逃げた。

どれくらい走り続けたのだろうか、群馬は洞窟の外へたどり着いた。

外は真っ暗だった

もうあの声は追いかけてこないだろう、と群馬はその場にへたり込んでしまった。

夜が明けるのを待って麓へ戻ると、麓で暮らす人からその不思議ないきものはコウモリだと教わった。

さほど人には害はない、とも言われたが、昨日散々追いかけ回された群馬にとっては怖いものでしかなかった。



数日経って、栃木が面白いものを見つけた、夜に見に来て欲しい、と言ってきたので、見に行くと、

あの時と同じ、光る目がひ



同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:無意識の経験 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:1068字 お気に入り:0人
いちふじにたか、さんなすび。 初夢にそういったものが出てくると縁起がいい、とよく言われるが、普通の人の何倍も初夢を見ているはずの神戸はそんな夢を見たことがない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:犬の雑踏 制限時間:1時間 読者:148 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
世間的には三連休ですね、まあ私はそうではないですが。そう口にした瞬間「バカか?」と素敵な一言をくださった神奈川さんに言い返そうとした瞬間に電話が切れ、珍しく( 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:メジャーな映画 制限時間:30分 読者:125 人 文字数:618字 お気に入り:0人
キャラメルの甘ったるい香りが鼻をつく。日曜日ということもあって人も多く、俺の隣で憮然として面持ちの神戸は聞くまでもなく機嫌が悪そうだった。無理もない。本当は今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Vague ※未完
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:遅い帰り道 制限時間:2時間 読者:570 人 文字数:493字 お気に入り:0人
【東京と新潟】 一秒がこれほど長いものだとは思っていなかった。つないでいる手は緊張のせいで冷え切っていて、普段とは真逆に私が彼の体温を奪ってしまう始末。こういっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kanatter ジャンル:うちのトコでは お題:私が愛した武器 制限時間:4時間 読者:530 人 文字数:836字 お気に入り:0人
【東京と神戸と昔の話】 「錆びついてしまう前に手入れをするように」――東京はただ一つそれだけ私に命じた。全く持って使い物にならないレプリカの銃。彼がそれをどこで 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:DQ11(腐)  お題:日本お尻 制限時間:2時間 読者:14 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
あ、またか。そう思いながらバッグから携帯を取り出す。僕は、自宅からだいぶ遠い私立高校に通っている。だから、七時十五分発の電車に乗って行かなければならない。といっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おおきく振りかぶって お題:苦しみのしきたり 必須要素:ひょっとこ 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1497字 お気に入り:0人
「あのさ、試合中にリラックスする方法、考えたいんだけど」本日の部活動を終え、汗だくの練習着を脱ぎながら阿部はそう言った。それは唐突な言葉であったが、特定個人に対 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉