ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どこかの息子 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:900字 お気に入り:0人

ざ・ちぇんじ!!(パクリ) ※未完



「高耶さん、チェンジリングというものを知っていますか」
「いや。なにそれ。輪っか?」
「西洋の言い伝えですよ。妖精が人間の子と妖精の子を取り替えてしまうことです」
「へえ……って、今そんな話してる場合かよ!」
 対峙する少年が念波を放った。直江は咄嗟に高耶を庇って地に伏せた。背中を熱い衝撃波が掠めていく。
「直江!」
「くっ……、高耶…さん、よく聞いてください。彼はその取り替えられた子です。見た目は人間ですが、……その本質は」
 傷の痛みと、心の痛みで胸が締めつけられる。まだ幼い少年にはなんの罪もない。だが、人間に対して敵意を持っている。そして念を――厳密には直江たちが使うものとは異なるが――使いこなす。このまま野放しにするわけにはいかなかった。
 高耶を助け起こし、護身波を張って攻撃を防ぐ。少年はあどけない顔に無表情を張り付けて近づいてくる。
 高耶がぎゅっと体を押しつけてきた。守らなければ。このひとだけは。
「じゃあ、妖精だっていうのかよ」
「いいえ」
 直江は少年から目を離さないまま短く答える。
 敵意はある。だが目的はない。
 なにを望むのか。
 それを少年自身もわかっていないのではないか。迸る力は、まるで声なき慟哭のよう。
 高耶に真実を告げたくはなかった。きっと受け入れられないだろう。だが、真実を知らないままでは、きっと結末を受け入れられない。
「あの子は……」
「あの子は?」
「………」
「おい、もったいつけんなよ!」
「あの子は――火星人です」
「………………は?」
「だから火星人です。火星人の子供と地球人の子供でチェンジリングが行われたようです」
「………お前、マジで言ってんの?」
 白けた目が痛い。だから言いたくなかったのだが……、残念ながら真実だ。直江には確信があった。
「さっき、彼と霊波同調したとき視えたんです。彼の同胞の火星人たちは戦争の果てに全滅した。彼は最後の生き残り……」
「えっ……」
「そして、全火星人の怨霊が彼に取り憑いている。さあ景虎様、結界調伏を!」
「ま、待てよ!あんたら宇宙規模で怨霊調伏やってんの!?聞いてねーんだけど!」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
蓋然性の昼 ※未完
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:蓋然性のある昼 必須要素:ギター 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:368字 お気に入り:0人
太陽は昨日も今日も東から上り、明日も明後日も東から上る。それを必然と呼ぶならば。太陽がもっとも高くなるその頃、あの男がここを訪れることはなんと呼ぶのだろう。必然 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まる ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:僕の嫌いな、と彼は言った 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:610字 お気に入り:0人
ぶるり、と身震いをするのを感じ、浅い眠りから目が覚めた。「寒いですか」 俺の左腕を枕に仰向け寝ていた彼の身体を抱き寄せる。右手で腰から背中、腕と撫で上げた、肩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
電話の向こう ※未完
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:高いネット 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:907字 お気に入り:0人
驚きから覚めると、ふつふつと怒りが湧いてくる。 共に暮らして家計を管理している高耶だ。理由があれば臨時出費もやぶさかではないが、ものは通信費…一体だれに、何に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きぬ ジャンル:炎の蜃気楼 お題:愛、それは、と彼は言った 必須要素:資料 制限時間:30分 読者:76 人 文字数:440字 お気に入り:0人
資料をめくる手が止まった。有線からは古い歌が流れている。一昔前の映画の主題歌だ。愛は押し流す川であり、切り裂くレーザーであり、うずく飢え。けれど私は花と呼びたい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どうあがいてもハゲ 必須要素:お湯 制限時間:30分 読者:73 人 文字数:2068字 お気に入り:0人
ある日、オレにハゲが出来た。どういう事だ、オレまだ若造なのに若者なのに!「くっそ……」 分かってる……どう考えても、あいつの所為だ……オレのストレスのもと、ゲ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あや ジャンル:炎の蜃気楼 お題:右の哀れみ 必須要素:やかん 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:456字 お気に入り:0人
シュンシュンと音を立ててやかんが湯気を吹く。「直江」 呼びかけると、無言で肩を抱き寄せられた。 今時珍しい石油ストーブの赤い火に照らされた頬が熱い。 別に、寒 〈続きを読む〉

水鳥@ゲー廃まっしぐらの即興 二次小説


ユーザーアイコン
無明 ※未完
作者:水鳥@ゲー廃まっしぐら ジャンル:炎の蜃気楼 お題:彼女と雪 必須要素:3000字以上 制限時間:15分 読者:67 人 文字数:504字 お気に入り:0人
まだ夜の明けきらぬ時刻、直江は物音にふと目を覚ました。 逃亡の身に安眠が訪れることはない。微かな気配にも神経を尖らせ、警戒を解くことなく浅い眠りにかたちばかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
昭和編 ※未完
作者:水鳥@ゲー廃まっしぐら ジャンル:炎の蜃気楼 お題:凛とした風邪 必須要素:えへへ 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:522字 お気に入り:0人
いつもの革ジャンにハンチング帽。 だが、いつもより背が丸まっていないか? いつもより顔が赤くないか? 直江は窺うように尋ねた。「景虎様? 具合でも悪いんですか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水鳥@ゲー廃まっしぐら ジャンル:炎の蜃気楼 お題:どこかの息子 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:84 人 文字数:900字 お気に入り:0人
「高耶さん、チェンジリングというものを知っていますか」「いや。なにそれ。輪っか?」「西洋の言い伝えですよ。妖精が人間の子と妖精の子を取り替えてしまうことです」「 〈続きを読む〉