ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な経歴 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:518字 お気に入り:0人

自己紹介 ※未完

朝、目を覚まして、同じ部屋で寝起きしている兄弟たちと挨拶を交わす。
布団をたたんで身支度を整える間にも、遅れて目を覚ました虎たちがじゃれて足元にまとわりついてくるのもいつものこと。
でも今日はいつもと違うことがある。自分ではいつも通りを心掛けていたが、気持ちが振る舞いに表れていたらしい。
廊下で出会った長兄に見抜かれて笑われてしまった。

「いち兄。おはようございます!」
「おはよう。五虎退。…ふふ。そうか、今日は当番の日だね。しっかり励みなさい。」
「っはい!」

今日は近侍として審神者を手伝う日。
いつもの出陣や演練といった、刀を振るうときとは異なる緊張と高揚。
数百年前、ただの刀だったときには抱くことのなかった思いと、刀として以外でも審神者の役に立てるこの役割を五虎退は誇りに思っている。

朝食後、審神者の執務室を訪れてその日の仕事について打ち合わせをするのが近侍の最初の仕事だ。
今日の午前中は最近忙しくしていて後回しになってた書類の整理から始まるようだ。
五虎退は執務室と隣り合う書庫を忙しなく往復していたが、ふと書庫の隅の未整理の本の山が目に留まった。
本の山の上に一枚の紙がのせられていたのだ。

「…履歴書?」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
恋の弔い ※未完
作者:きのこん ジャンル:刀剣乱舞 お題:たった一つの弔い 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1138字 お気に入り:0人
心中を試みたことがある。まだ、彼女が審神者になる前の話だ。四年制大学を卒業して、3年ほど過ぎた年の夏。その年は全国的な冷夏で、いつまで経っても薄手のカーディガン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:穏やかな博物館 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:632字 お気に入り:0人
とある審神者が生まれたきっかけ。小さな博物館にはこれまた小さな土産物の売店がある。博物館にちなんだ品はもとより周辺地域に関連する品物も並んでおり、座って談笑でき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:アブノーマルな過ち 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1169字 お気に入り:0人
同田貫正国はその空間にいた。自分を形作るすべての『同田貫正国』が存在するおそらく自分の中にある名もなき場所。説明するにはいささか時間が足りないので割愛してここに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な就職 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1089字 お気に入り:0人
改変された歴史…聚楽第での任務が終わった。長いようで短かった監査の任を終えた山姥切長義は新しい就職先…いや配属先といった方がいいかもしれない、某本丸の縁側でぼう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:29 人 文字数:584字 お気に入り:0人
俺はオーディションに来た。現世に審神者をやらんかと誘うのを仕事とする部隊を結成する為だ。時間遡行軍に対する為に刀剣男士を権限させる力を持つ審神者なるものは未だ足 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:真実の円周率 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:1190字 お気に入り:0人
君達と戦うようになってからどれほどの時間が過ぎただろう。歴史を守る戦いは今日も、昨日も、一週間前も、一年前も、手を変え、場所を変え、あらゆる時代で繰り広げられる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:同性愛の絵画 制限時間:30分 読者:37 人 文字数:1057字 お気に入り:0人
「これは見てはいけないやつだ…」加州清光は僅かに震えながら呟いた。親切心だった。いつもなんだかんだ世話になっている初期刀殿がなにやら疲れた顔をしていて、主に聞け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:生きている私 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:1876字 お気に入り:0人
俺は崇められている。俺が瞼をあげるよりも前に深くこうべを垂れる女人の姿が御簾の向こうに見えた。「お待ち申し上げておりました三日月宗近様。あなた様がいらしたことで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やすひと。 ジャンル:刀剣乱舞 お題:灰色の恋 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:807字 お気に入り:0人
俺たちが戦う付喪神としての『叩き台』だということは薄々分かっていた。顕現されたばかりの刀剣男士という存在が如何に信用されていないか、時の政府と名乗るあいつらの態 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:純白の復讐 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:4646字 お気に入り:0人
電子の海折り返し8 ※未完電子の海折り返し7 ※未完電子の海折り返し5「今日はあったかいし、小春日和だね」「主、それは冬の季語です」「そうなの?ふふ、平野は物知 〈続きを読む〉

ももとかの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:君と教室 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:774字 お気に入り:0人
学校に忘れ物をしたことに気がついたのは、家に帰って宿題をしようとランドセルを開いたときだった。明日提出のプリントがない。ちょっと血の気がひいた。何せお母さんは学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
自己紹介 ※未完
作者:ももとか ジャンル:刀剣乱舞 お題:幸福な経歴 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:518字 お気に入り:0人
朝、目を覚まして、同じ部屋で寝起きしている兄弟たちと挨拶を交わす。布団をたたんで身支度を整える間にも、遅れて目を覚ました虎たちがじゃれて足元にまとわりついてくる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彩り ※未完
作者:ももとか ジャンル:ヒプノシスマイク お題:私が愛した夢 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:605字 お気に入り:0人
紙をめくる。ペンを走らせる。無機質な音だけが部屋に響いている。心に頭がついてこない。思ったような言葉が浮かばない。焦りばかりが募っていく。とにかく言葉を書き続け 〈続きを読む〉