ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:105 人 文字数:693字 お気に入り:0人
[削除]

冬嫌いな君に春を見せたくて 律モブ未満

「あ、雪だ」
不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリートが白く雪化粧されている。
 今は三月。こんな時期に、雪が降るほど冷えるなんて珍しい。珍しいといっても嬉しくはない。
だって冬はあまり好きではないから。
「ねえ、律。ちょっと外に出てきていい?」と兄さんが、まるで子供がお母さんに許可をとるように僕に聞いてきた。「いいよ。」と僕が言うと兄さんは小さくありがと、と言って笑った。
 僕は、ろくに動きもせずに相変わらずぐだぐだしていたが、無邪気に雪で遊んでいる(眺めている?)兄さんをちらりと盗み見た。兄さんは、しゃがんで何かを作っているようだ。ちょうど窓から背を向けている状態なので何を作っているかは分からない。そしてテレビに視線を戻すと、兄さんが僕を呼んだ。「律、ちょっと来てよ!」と玄関から聞こえた何だか嬉しそうな声にうん、と返事をした。窓を見たとき、兄さんがしゃがんで何かをしていたところに植物の芽がぴょこんと可愛らしく白く綺麗な雪から飛び出ていた。
兄さんが僕を呼んだのは、これを見せたかったのか、と芽を立って眺めていると「律ー?」と再び兄さんの声が聞こえた。僕は、「はーい、今いくよ兄さん!」とリビングから玄関へ伝えると、僕は急いでウィンドブレーカーを着て外へ出た。



律があんまり冬が好きじゃないことを分かっているから、芽を見せたかったモブくんでした!
ちなみに、芽は超能力を使って成長させた訳じゃありません。芽が生えている場所を見つけたのは超能力を使いましたが!

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティー! お題:蓋然性のある彼方 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:444字 お気に入り:0人
もし君が今でもうだつが上がらないままくすぶっていたとして、それでも君は理想的な自分の姿を夢想しながらひたむきに歩みを進めるだろう。この仮定に基づくのであれば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティー! お題:空前絶後の血液 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:741字 お気に入り:0人
鼻血(はな-ぢ) 鼻からの出血のこと。鼻腔内の毛細血管が何らかの要因により傷ついたことによるもの。 罹患者:十五歳、女性 容体 :出血 理由 :体育中の事故 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:アブノーマルなダンジョン 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:2344字 お気に入り:0人
※隼←ユト、かつ隼→ユト。両片思い。最初は、あの人の笑顔を見れるだけで心が暖かいもので満たされた。名前を呼ばれ一言二言でも言葉を交わせれば、一日中幸せな気分で過 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティー! お題:ゆるふわ愛され足 制限時間:4時間 読者:27 人 文字数:3434字 お気に入り:0人
ライブの後は、気持ちが昂ってしまって。 そういう気持ちを鎮めようと思ったら、まあ、そういう行為をするのが一番手っ取り早いわけで。 蒸れた汗の匂いが鼻腔をくすぐ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:最弱の血痕 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:802字 お気に入り:0人
己は折れるのだ。 両膝が、泥にうまった。 心の臓に刀と槍が、ひとつ、ふたつ。よくぞ肋骨をきれいによけたとばかりに貫き通っていた。「あっぱれ、だな」 わらったつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:遊戯王ARC-V お題:穢されたいたずら 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1051字 お気に入り:0人
穢されたのは隼→ユト。R15程度心地よい気だるさに包まれ、隼は意識を覚醒させていく。糊がきいていたはずの自室のベッドシーツはすっかり乱れ皺だらけになってしまった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティー! お題:謎の絶望 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1704字 お気に入り:0人
例えば、誰かが浮かない表情を浮かべていたとして、いったいどのような言葉をかければいいのか、考えてみてほしい。 その誰かが、名前も知らないような人であれば、おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ヒプノシスマイク お題:黒い罪人 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:625字 お気に入り:0人
「ボク黒ってキライ」まだ、乱数くん、と呼んでいたころだ。着るものといえば黒一色の私に、彼は頬を膨らませて苦言を呈した。当然私は、なぜ、と聞いた。「そんなの決まっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:炎の蜃気楼 お題:かたいキス 必須要素:カレー 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:566字 お気に入り:0人
あいつが初めてオレの家に来た時、オレは前に約束していたカレーを作ってやった。「高耶さんの部屋は物が少ないんですね」部屋の中を見渡して意外そうにする直江に「そうか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:エデンのバグ お題:限界を超えた暴走 必須要素:コショウ 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:694字 お気に入り:0人
うぶ毛に絡みつく島国の空気に頬を撫でられ、見上げると独特の文字看板が埋め尽くす、日本の空が泰斗を見下ろしていた。看板の隙間にぼんやりと存在する入道雲は、動きが早 〈続きを読む〉