ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:793字 お気に入り:0人

さよならだけが運命だ-2

あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣とか盾とか、絶対縁なんか無かったんだよ。日本史使ってセンターで私大のどっかに滑り込んで、サークルは軽音とかテニスとかそういうの入ろうとか考えてるような奴だったんだぜ。
はは、何言ってんだって顔してるな。そうだよな。アンタらにはオレの住んでるとこなんて、オレの生きてたとこなんて、オレの家族なんてどうでもいいもんな。
なぁ、王ってのはそんなに偉いもんなのかよ。聖伐ってのは、そんなにやらなきゃいけないことだったかよ。うるさい、うるさい、この人殺し。この人でなし!オレだって好きで、いろんな時代に踏み込んできたわけないだろ!
痛いのなんか矢だよ。毒だって苦しい。夜はさみしい。ご飯もまずい。でも、オレしか居なかった。オレだけだって言われたから。じゃあ走るしかなかっただろ!膝をつくなんてできるわけないだろ!アンタはいいよな、王のせいにしときゃいいんだ。王の命令だって言ってりゃいいんだ!オレは王なんだよ!こんなナリして、人類背負ってる王になっちまったんだよ!
あぁ、でも、もう終わりだ。ドラマだってこんなにたくさん血を流してるなんて見たことない。治癒魔法使えるやつ、ちょっといるんだ。でも、傷、開いてる気がする。腸って、意外に外に出ないんだな。

ははは、はは、せいぜいふんぞり返ってろ。あの塔のてっぺんから、ちっぽけな人間を笑ってろよ。
いいか、オレは死ぬぞ。死ぬのはオレだけだぞ。
地球の七十二億のどれかが、主人公になって、いつかお前らを倒しにくるぞ。
この世界を壊しに来るぞ。
オレじゃない、主人公が、くる。絶対くる!
おまえらが、あざわらった、どこかのだれかが、主人公になりにくる!
せいぜい、おびえて、 すごしやがれ !

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:昔の接吻 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:515字 お気に入り:0人
「・・・何をしている。マスター。」この声かけが、果たして唯一のマスターである青年にどれ程の絶望を与えたことか。自身の枕を両手に、その中心部に今まさ口付けしようと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒宮 ジャンル:FGO お題:名前も知らない悪 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:764字 お気に入り:0人
※悪堕ちと微グロ有土方さんが居なくなった。付き合いが短い訳でもない。それなりに付き合いは長くなってきた方だし、最近はレイシフトにも付き合ってもらっていた。それな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒宮 ジャンル:FGO お題:同性愛の帰り道 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:1002字 お気に入り:0人
いけないことをしている自覚があった。それは俺自身を責め続ける。それが決して苦ではないから俺にはやめられないのだった。カルデアの廊下は今日も閑散としている。外は大 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:知らぬ間のあの人 制限時間:15分 読者:274 人 文字数:1096字 お気に入り:0人
あの日、彼を見かけたのは偶然でしかなかった。私が訪れたカフェに、彼女は偶然居た。まだ湯気の立つ、温かいコーヒーを片手に正面に座る誰かと話していた。相手の方は見知 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
英雄の亡骸 ※未完
作者:抗菌薬 ジャンル:FGO お題:難しい同性愛 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「何人までなら殺人鬼で、何人からなら英雄だと思う?」「いったい、何の話かね?」 髭面の槍兵はわかっているくせにとでも言いたげに目を細めた。「もちろん、数の話さ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:たった一つの夜中 制限時間:30分 読者:160 人 文字数:753字 お気に入り:0人
どうしても、寝付けない夜だった。ベッドに潜り込んではや二時間。目は冴えたままだった。 眠れなくなるほどの悩みがあるわけではないし(いや、いつまでたっても貯まら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:藤下峠 ジャンル:FGO お題:天才の寒空 制限時間:1時間 読者:206 人 文字数:3096字 お気に入り:0人
それを、恋だ! と思ったのが何故かと問われると、うまく説明はできない。かれこれ十数年という短い年月を生きてきて、恋愛というものはこれだ、と初めて思ったのだった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:昼間の傘 制限時間:1時間 読者:508 人 文字数:5359字 お気に入り:0人
先輩のことが大好きです、と告げた。その言葉は嘘ではなかったし、本心以外の何物でもなかった。 そのとき確かに、マシュ・キリエライトは、己がマスターである彼女のこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:イタリア式の列車 制限時間:30分 読者:246 人 文字数:2850字 お気に入り:0人
「ん、んぐっ…‥くるしっ……」「がーんばって、デオン。その調子、その調子」 けほけほとデオンが咳き込み、もう一度ムニエルのそれを喉奥まで導いた。アストルフォはム 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:FGO お題:最後の勇者 制限時間:30分 読者:291 人 文字数:3152字 お気に入り:0人
さてそこに恋も愛もないのだとしてもムニエルには一切何の関係もないのであった。 ムニエルに託されていたのは肉欲・性欲・愛欲ばかりで、このカルデアに殺生院キアラが 〈続きを読む〉

梟光司の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:冬のジジィ 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1819字 お気に入り:0人
この上なくスムーズに着陸し、おざなりな見送りを受けた後、空港近くのホテルへと向かう。ホテルのドアを潜るまではあくまで職務中のため、手を繋ぎたくても繋げないのが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:情熱的な小説 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1333字 お気に入り:0人
自動操縦へと切り替わり、あとは互い違いに確認を行いながら適宜微細な修正を行っていくだけだ。アルジュナはシートベルトを外し、コーヒーを淹れるために席を立った。空の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:73 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:生きている黒板 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1534字 お気に入り:0人
「何してるんです?」「…………何も」アルジュナが俺の部屋にやってきた。ガッタンゴットンと荒々しくひっくり返して掃除をしたばかりの俺の部屋にやってきた。両隣が空き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:謝罪探偵すまないさん お題:オチは風 制限時間:15分 読者:55 人 文字数:1286字 お気に入り:0人
「探偵さんはさがしものもとくいですか?」アルジュナがそう言いながら探偵事務所を訪ねてきたのがついさっき。探偵さんはアルジュナにあたたかいココアを出して飲むように 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:小説の会話 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:1434字 お気に入り:0人
「いや、」俺が言いよどんでいると、アルジュナは少し俯き、眉を下げた。こんな時にどういう反応をすればいいのかと迷っているようでもあったし、裁きを待つ罪人のようでも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:有名な喜び 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:1238字 お気に入り:0人
俺がアルジュナと出会ったのは、ある意味で偶然を重ねた上での必然だった。サーヴァント時代の記憶を有していると気付いたのは、物心も着く前だった。むしろ生まれ落ちた瞬 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:鈍い奈落 制限時間:15分 読者:78 人 文字数:793字 お気に入り:0人
あぁ痛いなちくしょう。なんだってほんと、オレなんかが世界を背負っちまったんだろうな。平凡が服着て歩いてるような現代日本の中流家庭の次男でさ、こんな血とか煙とか剣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:FGO お題:群馬の極刑 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:810字 お気に入り:0人
拝啓、お元気でしょうか。この手紙を読む頃、貴方はどうしているでしょうか。この手紙を受け取ってしまったということは、つまり、私はもう生きてはいないということでしょ 〈続きを読む〉