ジャンル:Free! お題:天才の交わり 必須要素:3000字以上 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1606字 お気に入り:0人
[削除]

遙凛 天才の恋 ※必須要素クリアならず

天才だった。確かに、天才だった。
水を切り、その間に身体を滑り込ませる。そこまでこだわっているわけじゃないのに、身体の肉つきも完璧で、水への執着心だけでここまでできる。
単純に、羨ましい。水よりも、水泳への、夢を果たせなかった父への執着で、誰よりも何よりも努力してきた俺より上か、同じ。
その才能が羨ましかったし、妬んでいた。きっと、ハルへのこじらせた思いはここから来ているのだろう。
でもハルと泳ぐのは、ハル達と肩を抱き合って笑うのは好きだった。憧れていた。だから、それが叶って嬉しかった。
要は、複雑なのだ。
複雑すぎて、すぐに返事ができなかったのだ。
だって、二人とも珍しく部活がなかったので待ち合わせをして、間に合わせ場所のコンビニでアイスキャンディを買って、こんな暑い昼に遊ぶ子供など一人もいない公園で、ベンチに腰掛けてアイスキャンディを食っていて。
そんなときにいきなり、明日の天気のことでも話すように平然と
「凛、好きだ」
なんて言われたのだ。
あやうく、アイスキャンディを落とすところだった。300円する高めのアイスだ、落とすなんて冗談じゃない。
でも、それだけじゃ表せないほど俺は驚いて、戸惑って、動揺したのだ。
「……今、なんつった?」
「凛、好きだ」
「……は?」
「好きだ、凛」
「いや倒置法つかっても同じだろ。……え、俺のことが好き……って?」
「ああ」
「……いつから」
「結構前だ。もしかしたらSCのときからかもしれない」
マジで?と訊こうかと思ったが、流石にしつこいのでやめた。
は?俺が好き?ハルが?結婚相手=海みたいな、少しズレてる天才のハルが?
いやいやそんなことより俺、男だし。もしかしてハルって実は女……いや、俺もハルも名前が女みてえだから錯乱して……いやそれはそれでやばいけど……って、ああ、なんなんだよ!?
「……で」
「へ?」
「返事はどうなんだ」
「……え、あ、返事……?」
即答しろと。この場で?なにこいつ鬼畜かよ。
「……Yesの方がいい……よな?」
「ああ」
「……Noって言ったら?」
「泣く」
泣くのかよ!?
さっきから振り回されている。そら遠慮なく、ぶんぶん振り回されている。
嫌いじゃない。でも好きかと問われるとわからない。そんな対象としてハルを見たことがなかったのだ。
どうしよう……どうすりゃいいんだ?
「迷っているならとりあえずYesと答えてくれ」
「とりあえずって、そんな簡単なもんじゃねえだろ」
「簡単に考えてくれていい。簡単にYesと答えて、簡単に別れてくれていい」
「ばか、ハルてめ……」
「そのくらい、何をしてもお前がほしい」
初めて、ハルの目を見た。
オーストラリアの海みたいな、澄んだ綺麗な青色の瞳が、輝きながらまっすぐ俺をみつめていた。
水を見ているときの、ハルの目。
俺、ハルにとって、水くらい好かれてんのか。そのぐらい、執着されてるのか。
水がライバルって少しおかしいが、それでも、嬉しかった。
だから俺も真っ直ぐハルの瞳をみつめた。ハルと対象的な紅い瞳。この瞳、ハルに見えてる?
「……俺も、ハルと一緒にいたい」
「答えはYesかNoだ」
「はぁ!?」
「さっきそう言った」
「冗談だろ!?」
「真面目だ」
そうだコイツ、天然だったわ。天然の天才。
溜め息をついて、とけかけていた自分のアイスキャンディを食い尽くす。そして立ち上がり、きょとんとしているハルのアイスをぺろっと舐めた。
「I Love you」
「……発音いいな」
「ばか」
顔が熱い。少し微笑むハルにくるりと背を向けて、公園を出ようとする。
「凛」
「あ?」
「お前は天才だな」
「なんのだよ」
てか天才はお前だろ。一体どんな天然皮肉が飛び出すのか構えていると、ハルはにこりと笑って爽やかに言った。

「俺を夢中にさせる天才だ」

やっぱりこいつやばい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:D ジャンル:Free! お題:彼のぬくもり 制限時間:30分 読者:1083 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ふと目を覚ます。知らぬ間に寝ていたようだ。カーテンの隙間から差し込む朝日に目を細める。昨夜の影響か、体の節々が痛んだ。首だけ動かして隣を見やると誰もいない。たし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:見知らぬ公認会計士 制限時間:30分 読者:1368 人 文字数:1192字 お気に入り:0人
「だから、教えろ」「は?」「公認会計士の仕事だ」遙の横柄な態度に、宗介は目を丸くした。事の発端は数日前。モデルをしている遙の元へ、映画の話が舞い込んだ。初めての 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:ワイルドな木 制限時間:30分 読者:2887 人 文字数:923字 お気に入り:0人
「お前を逮捕する」「………」「公務執行妨害だ。ほら、来い」ぱちゃぱちゃ。遙は優雅に左右へ動く尾びれを水の中で遊ばせながら、そっぽを向いた。向いた、というよりツー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:0743_neta ジャンル:Free! お題:去年のガールズ 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:546 人 文字数:1095字 お気に入り:0人
――暑い。 じりじりと頭上で光る太陽の熱がアスファルトに反射して、上からもしたからも肌を焼いてくる。空気もじっとりと熱と湿気を含んでいて、それが服へ肌へ、髪へ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:純黒のみるハム*✿はるたん ジャンル:Free! お題:刹那の彼 制限時間:30分 読者:1051 人 文字数:1410字 お気に入り:1人
初めて会った時から、彼は傲慢で我侭で強欲だった。年の離れた遙相手でも、王に近づくものは全て排除。そんな獰猛さが伺えて、その度に王である凛や側近の真琴が間に入った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:Free! お題:2つの雲 制限時間:30分 読者:793 人 文字数:1830字 お気に入り:0人
(未来捏造。山崎アスリート軸) 控え室は、冷え切って、静かだった。 場内の歓声がわけばわくほど、この場所は静寂に包まれる。大勢の中で、孤独になる。それでいいし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hutaba_hak ジャンル:Free! お題:暗い夕日 制限時間:30分 読者:733 人 文字数:594字 お気に入り:0人
この路を抜ければ海が見える。 気分が悪くなるくらい、むっとした熱気が立ち込めていた。 淀んだ空気が前へ前へと急ぐ足に絡まりついて、歩調を乱す。両脇に立ち並ぶ民 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神様の落し物 ※未完
作者:佐々倉 ジャンル:Free! お題:今の悲しみ 制限時間:30分 読者:756 人 文字数:952字 お気に入り:0人
神待ちハルちゃんとリーマン真琴。クリスマスの夜、独身男たちで集まって飲んでいたリーマン真琴が立ち寄った公園にいた神待ち遙をテイクアウトしたあとの話。狭いシングル 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やっぱりKUBOはいいぞ ジャンル:Free! お題:光の魔王 制限時間:30分 読者:779 人 文字数:1347字 お気に入り:0人
「れーいちゃーん!!」いつもの駅を出たところで呼び止められる。はたと足が止まる。この展開にはもうだいぶ、いや相当慣れているのだけれど、それでもこの声をきくとぎく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐々倉 ジャンル:Free! お題:免れた奈落 必須要素:人間使用不可 制限時間:30分 読者:705 人 文字数:830字 お気に入り:0人
届きそうで届かない。いつもその背に手を伸ばしている。ぴんと真っ直ぐな背筋は、彼そのものの凛々しさと清らかさを体現している。触れるか触れないかの瀬戸際で、彼より少 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石商リチャード氏の謎鑑定 お題:3月の経験 制限時間:15分 読者:1 人 文字数:208字 お気に入り:0人
春先とはいえ、三月の朝はまだ肌寒い。豪奢なホテルのロビーから外に出ると、冷水のような風が仕立ての良いスーツに身を包んだ俺の体に吹きつけて、思わず縮こまる。リチ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:今日の牢屋 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:705字 お気に入り:0人
「イライさん」「おはよう、イソップくん。今日はこの鎖を外してくれるのかな」「さぁ、どうでしょう。貴方が僕の元からいなくならなければ、の話ですが」「手厳しいね。私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキプロ お題:僕と男の子 必須要素:囚人 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1110字 お気に入り:0人
「こっちだよ!早く早くっ」俺が小さな男の子に手を引かれて、小走りで辿り着い先は何も無い砂漠のような場所。遠くに陽が落ちて空が美しい光と闇の境目を見せる、踏み締め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:FGO お題:スポーツの地下室 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:710字 お気に入り:0人
夏の祭典サバフェスに送り込まれた私たちは、ジャンヌダルクオルタと一緒にサークル出店するべく、日がな作品を作っている。「オルタは今回のループでは、どんな話が描き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:早い口 必須要素:キノコ 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1656字 お気に入り:0人
俺の恋人は、とにかく口が上手い。人を欺く天才だ。よく回る舌で嘘に嘘を重ねてべらべらとよく喋る。おしゃべりは先に死ぬ、と姐さんは云っていたが、太宰が物を云えなくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:愛の稲妻 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1120字 お気に入り:0人
珍しくお互い仕事がなかったが、生憎の嵐で出掛けるのは無理そうだ。そんな日の昼。食器を片付け終わり、ソファに並んで座って珈琲を呑んでいたとき、暇をもて余した太宰が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:第五人格 お題:来年の神話 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:652字 お気に入り:0人
「ハスター様、どうなされました?」蒼い瞳を輝かせ、まるで幼子の様に愛らしく笑う邪神とも呼ばれるハスターにとって人間等降ってきた雪の粒のように触れただけで消してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:情熱的な表情 必須要素:右手 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:1030字 お気に入り:0人
何時もふとした瞬間に思うことがある。私の恋人の中原中也だ。大体は私から甘えて中也が構ってくれて事に発展するのがいつものパターンだ。でも本当にそんな関係でいいの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドックス お題:コーヒーとアレ 必須要素:お盆 制限時間:2時間 読者:11 人 文字数:409字 お気に入り:0人
私はお盆を持って部屋にはいった。「しつれいするよー。」「だっ太宰さん、すみません。」そう。うちの社員の中島くんが風邪を引いたので看病をしに来たのだ。「お粥だよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:団地妻の電話 制限時間:15分 読者:13 人 文字数:511字 お気に入り:0人
プルルルルルその音と同時に目覚めた。「…はいはい…」まだ寝ぼけている目を擦りながらスマホを開く、名前は不明で見たこともない電話番号だった。するとプーップー 〈続きを読む〉