ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:蓋然性のある母 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:792字 お気に入り:0人

母性について

某本丸にて、離れに引きこもる審神者は珍しく刀剣男士たちが暮らす母屋の方へ顔を出していた。
それというのは、審神者の腕の中に抱かれている赤子が理由である。先に断っておくと彼女の子供ではない。
色々と事情はあるが、かいつまんで話すとここで数時間ほど面倒を見ることになった、ということである。
「それで、いつまで面倒見るつもりだ?」
同田貫正国が恐る恐る赤子を覗き込みながら問いかけた。赤子はすうすうと寝息を立てながら静かに眠っている。
「迎えが来るまで、ね。あなたたちがちゃんと見ていられるなら離れに戻るけど?」
「いいえ、我々では面倒を見るのが難しいので大変恐れ入りますがお力をお貸しください」
蜻蛉切が恭しく頭を下げる。
「でもさ、あんたすごいよな。俺たちがいくらあやそうともなかなか泣き止まなかったのに、あんなに泣いてたのがウソみたいに静かになるんだもんなぁ」
御手杵は感心したように審神者を見る。審神者はくすりと笑った。
「私も一応子育てはしたことあるからね」
そうだったな、と同意する同田貫をよそに蜻蛉切と御手杵の頭上には「?」が浮かんでいた。
「主はお子さんがいるので?」
さも意外そうに蜻蛉切が尋ねる。
「昔ね。今はもういないわ」
審神者はなんでもないように答える。赤子の頭をなでてゆらゆらとゆりかごをしているその姿と、今はいないという言葉の裏に何を読み取ったのか蜻蛉切はそれきり何も言わなくなってしまった。
「でもどうりで泣き止むはずだよな。正真正銘、母親だったんだからさ」
こら、と蜻蛉切が目で訴えるのも知らず御手杵はあっけらかんと言い放った。審神者は顔を上げると嬉しそうに微笑んだ。
「そうね。私は母親だったから、きっと子供を見ているとこんなにも懐かしいと思うのでしょうね」
赤子が起きた。審神者の顔を見ると楽しそうにきゃっきゃと笑った。審神者はその顔を優しくなでた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:運命の情事 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1671字 お気に入り:1人
いつかは抱かれたいとは思っていた。 けどそれは空想のなかでしかなくて、殻を破ってはいけない物語だったのだ。 通じ合うことはひどく恐ろしく、あなたのなかで、わた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:闇の女祭り! 制限時間:30分 読者:42 人 文字数:1625字 お気に入り:0人
「そろったわね」 居酒屋の個室、最後の娘が席を埋めるとずらりとジョッキの生ビールから酎ハイまでが出そろう。 可憐な女たちがぞろりと顔をつきあわせたが、その顔は仕 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:隠された床 制限時間:30分 読者:128 人 文字数:1042字 お気に入り:0人
この部屋には、秘密がある。ここは歴史修正主義者と戦うために準備された本丸の中、審神者としての執務室である。寝室としても使っている私の私室はまた別のところにあるか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九珠/kz ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:遅い空想 制限時間:30分 読者:238 人 文字数:1637字 お気に入り:0人
刀が、折れた。そして身体を失って消えていく彼らの最期に、私の手は届かない。 ゴウゴウと炎は燃え盛り、ああ……私はもうすぐ死ぬんだなって。自分の死に対してはどこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:男同士の作家デビュー 制限時間:30分 読者:727 人 文字数:2065字 お気に入り:0人
何が楽しくて、官能小説家がサシで飲まなければいけないのか。 詰まってもうネタが出ない、とごねたら編集が、じゃあ同期の作家さんと食事でもしませんか、と誘ってきた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:経験のない天才 制限時間:30分 読者:320 人 文字数:1393字 お気に入り:0人
ごろごろする。ここ最近の胸の辺りだ。 目を閉じて、息を吸って、はいた。 何度もこうしているはずなのに、いつものように落ち着かず、胸の奥底で絡まった糸が、ひたす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しあわせろり ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:うへへ、おっさん 制限時間:30分 読者:819 人 文字数:1328字 お気に入り:0人
「うへへ、」 よく創作にはあっても、現実には存在しがたいというものがある。 それは人物や能力に限らず、言動もしかり。 私はいま、本当にこんな気持ちの悪い笑い方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:もしかして喜劇 制限時間:30分 読者:300 人 文字数:1408字 お気に入り:0人
手入れをしても傷が消えない。 抜け落ちた表情をそのままに、鶴丸は重傷の短刀を抱えて言い放った。 白い衣装も白い肌も血と泥で汚した鶴丸だったが、金色の目だけはと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ななし/闇ミツハ/全方位褒められたい ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:ダイナミックな牢屋 制限時間:30分 読者:354 人 文字数:1053字 お気に入り:0人
夏はあっという間に過ぎてしまう。それはきっと、四季の夏も、人生の夏も。「うん、夏はあっという間だ」「何を言ってるんだ、あんたは。向こう二月ばかりもずっと、暑いま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なめたけ@創作とかいろいろ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:馬鹿な口 制限時間:30分 読者:379 人 文字数:1700字 お気に入り:0人
鍛刀してすぐに本丸について説明を受けた。初期刀が加州でなにかわからないことはすべて彼に聞けばわかるようだね。じゃあ君のスリーサイズも知ってるのかな?と聞くとだん 〈続きを読む〉

ベル@原稿頑張ろ❤︎の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:消えた人々 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:480字 お気に入り:0人
某本丸の離れには今、珍しい客人が来ていた。三日月宗近である。冷え冷えとする風が吹くのにも構わず、縁側で眼前に積もる雪を眺めて温かいお茶をすすっている。審神者は隣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:彼女の百合 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:313字 お気に入り:0人
整然とした机の上。その正面奥に透明な花瓶に生けられた白い百合の花が慎ましやかにたたずんでいた。へし切長谷部は自身の机の上のその花を眺めていた。普段彼は険しい顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:孤独な恨み 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:389字 お気に入り:0人
なぜ奴ばかりが評価される?俺が、俺こそが山姥切を名乗るにふさわしいのに。奴の方が先に来たから?俺が先に来ていたら状況はまったく逆になっていた?ここでは俺が山姥切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:蓋然性のある母 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:792字 お気に入り:0人
某本丸にて、離れに引きこもる審神者は珍しく刀剣男士たちが暮らす母屋の方へ顔を出していた。それというのは、審神者の腕の中に抱かれている赤子が理由である。先に断って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:それいけぺろぺろ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:337字 お気に入り:0人
一期一振と万屋にやってきた包丁藤四郎はあるものの前で立ち止まったまま、目を輝かせていた。円状の大きな飴の中心にはぐるぐると渦巻き模様、そしてその飴を支える竹の棒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:冷静と情熱の間にあるのは行動 制限時間:30分 読者:30 人 文字数:1137字 お気に入り:0人
某本丸の書庫にて、山姥切国広は本を読んでいた。兵法に関する本である。書庫には彼のみ。一切の物音を排除した静まり返った知識の園で何かにとりつかれたかのような熱に浮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:許せない汁 制限時間:30分 読者:43 人 文字数:1162字 お気に入り:0人
これは某本丸の昼前のことであった。審神者は台所に立って目の前のそれを前に腕組みをしていた。目の前には大きな鍋。リクエストを受けて豚汁を作ったのだが、どうにも納得 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 お題:アブノーマルな過ち 制限時間:30分 読者:39 人 文字数:1169字 お気に入り:0人
同田貫正国はその空間にいた。自分を形作るすべての『同田貫正国』が存在するおそらく自分の中にある名もなき場所。説明するにはいささか時間が足りないので割愛してここに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:消えた奈落 制限時間:30分 読者:34 人 文字数:756字 お気に入り:0人
奈落、という言葉は地獄という意味に等しい。それを知ったのはいつの頃だったでしょうか。もうかなり昔のことだったように思われます。こんなことを考えるのは、今読んでい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ベル@原稿頑張ろ❤︎ ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:同性愛の冒険 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:797字 お気に入り:0人
某本丸にて。今日の畑当番は陸奥守吉行と和泉守兼定だった。陸奥守は太陽の下でぐんぐんと育つ緑の根元に水をやっていた。和泉守は育った作物の収穫をしている。ふと陸奥守 〈続きを読む〉