ジャンル:青春鉄道 お題:彼女とピアニスト 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:774字 お気に入り:0人

思いの先

この時期になると駅ビルでも鮮やかな飾りが施され、様々なイベントが当日まで繰り広げられる。
今日のピアノの演奏会もその内の一つで、日本で名の知れたピアニストが美しい曲を奏で、周りでは人々が曲に聞き惚れて熱い視線を彼に向ける。
その観客の中に山陽が見つけたのは、熱くもなく冷たくもない視線を向ける自身の半身の姿だった。じっと立ち尽くし、色の無い視線を彼に注ぐ。あまりにも場違いな、更に言えば彼女に似合わないその瞳を不思議に思い、先にいる人物を追う。そこで初めて山陽も、彼女の言葉にならない気持ちが痛いほど理解出来た。
近くまで寄り、そっと肩に手を添える。
「…陽子ちゃん」
「…よう君…あの人…」
「うん、凄く似てるね。俺達に山陽新幹線の名を与えてくれたあの人に」
そこではっきりと彼女の中でも整理が出来たらしい。山陽に向けた視線を一度だけ未だ流れるような手で曲を奏でる彼に向け、それから踵を返した。
それに山陽もゆっくりと続き、隣に立つ。そこにはもういつも通りの色を取り戻した陽子がいた。
「私もね、分かってはいたの。でも、あまりにも似てて…あの人が、そこにいるんじゃないかって…」
彼女の言葉を聴きながら、山陽も小さく頷く。しかしそれは有り得ないのだ、あの人が当時の姿のままで現在いることなど、絶対に。
「私達は、変わらないのにね」
国鉄時代を経て、高速鉄道となりさらに分社し制服が変わろうとも、二人を初めとして路線達の殆どが姿を変えない。
それは不変の法則であって、人が変わっていくのも同様で。
「でもね陽子ちゃん、俺達の中にある物は変わらないよ」
「…うん、そうだね。ありがとう、よう君。なんか元気出たみたい!」
「それはよかった」
二人視線を交わし、くすりと笑う。
時代も人も変わろうとも、変わらない自分たちの中に多くの思いが生き続けている。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:茶色い誰か 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:788字 お気に入り:0人
【山ジュニ】ジュニア視点 山陽さんが、髪を真っ黒に染めた時期があった。理由は簡単で、兄さんが叱りつけていたのに、とうとう山陽さんが折れたのだ。その時期は本当に短 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:僕の高給取り 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:740字 お気に入り:0人
【山ジュニ】 けーちゃん視点 僕らの給料には、路線距離に寄ってプラスがある。……つまり、路線距離が長いほど給料は高い。僕みたいに首都圏の在来を取り纏めていると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:知らぬ間の音楽 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:714字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 久々の休暇なので恋人と買い物に出てみれば、出先で急な強い雨に降られて立ち往生。飲食店に入るにも、そこに行くまでに全身びしょぬれにな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:苦い宴 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:894字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 東の高速鉄道連中とジュニアの五人で、呑みに出かけたことがある。良い感じに酒も入っていい気分……なところで、東の連中に急な連絡が入っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:明日の命日 制限時間:15分 読者:40 人 文字数:632字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 篠山線が廃線になったのは、1972年3月1日。だから、ある意味その日は篠山線としての俺の命日ともいえる。その時にはもう山陽新幹線と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
妄執と瑕疵 ※未完
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:アブノーマルな心 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:840字 お気に入り:0人
【山ジュニ】さんよーさん視点 それは、不幸な事件だった。 東海道新幹線・山陽新幹線・東海道本線・山陽本線四人の拉致を狙ったもので、結果として山陽本線以外の拉致に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:ゆるふわ愛され天才 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:752字 お気に入り:0人
【山ジュニ】まさかの兄さん視点「ジュニア天才!」 この言葉に頭痛を覚えたのは私だけではないと思いたい。いや、その場にいた者に頭痛を覚えたものはいないのだが、他の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:3月の狐 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:704字 お気に入り:0人
【陽海本線】+さんよーさん陽本線視点 意外と、動物好きなのを知っていた。 それでもって、新幹線での移動を好むのなんて、耳タコで知っている訳で。 その二つを武器に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:希望の君 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:627字 お気に入り:1人
【山ジュニ】山陽さん視点 はい、ここでジュニアにひとつ問題です。 俺とジュニアはお付き合いしているわけですが。お付き合いしているわけですが!(ここ大事!) ふた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:冷やしなつ ジャンル:青春鉄道 お題:孤独な嘘 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:636字 お気に入り:0人
【山ジュニ】ジュニア視点「嫌いですよ、山陽さんなんか」 最初は本心から。途中からは、言い続けていたら本当にならないかと祈るように言い募っていた。 嫌いだから、二 〈続きを読む〉

詩流の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:賢い虫 制限時間:30分 読者:836 人 文字数:1313字 お気に入り:0人
何故、と問う暇は無かったように思える。この体勢に移るまでの時間は、高速での日常に慣れている自分にとっても瞬く間の出来事だった。「取り敢えず、理由を聞いてやる」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:彼女とピアニスト 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:774字 お気に入り:0人
この時期になると駅ビルでも鮮やかな飾りが施され、様々なイベントが当日まで繰り広げられる。今日のピアノの演奏会もその内の一つで、日本で名の知れたピアニストが美しい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:Axis Powers ヘタリア お題:子供の病気 制限時間:15分 読者:541 人 文字数:808字 お気に入り:0人
世界的にも、今現在はきっと冬という季節に足を踏み入れたのだろう。どこの国でもここ最近の天候は荒れ模様で、自分達やまして人間達にはとても太刀打ち出来ない異常気象が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:名前も知らない父 制限時間:15分 読者:591 人 文字数:833字 お気に入り:0人
自分達在来線が走るレールがある場所は大抵地上で、それはすなわち風雨に晒される事を意味している。夏の暑さにレールが曲がることもあれば、冬の凍りつくような寒さの中、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:男のあいつ 制限時間:30分 読者:671 人 文字数:1629字 お気に入り:0人
西日本所属とはいえ山陽も東海道と直通する身である為、高速鉄道が集まる執務室がある東京駅には詳しくなった、つもりであった。最近改修工事を終え、美しい姿を見せる駅舎 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:黄色い星 制限時間:15分 読者:626 人 文字数:840字 お気に入り:0人
ああ、空が眩しいな、なんて。そんな感傷を僕が最後に抱いたのは果たしていつだったのだろう。彼が数十年以上隣を走る相方と肩を並べて歩く事も、ホームですれ違いざまに当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:詩流 ジャンル:青春鉄道 お題:天才の悪 制限時間:15分 読者:609 人 文字数:687字 お気に入り:0人
「あの、さ。これは一体何の冗談なんだと思う?」室内に入るなり途方に暮れた声を上げた山陽に向けられたのは、3対の同情の視線だった。秋田は地元から持ち込んだ煎餅を齧 〈続きを読む〉