ジャンル:アクエリオンEVOL お題:潔白なパラダイス 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:451 人 文字数:866字 お気に入り:0人
[削除]

初心な恋の距離感について ※未完

耳の横、というか前で、ユノハは髪の毛をひと束、左右とも結んでいる。女子のそれをそう呼ぶのは相応しくないだろうが、丁度もみあげの位置だ。髪の毛が広がるのを抑えるためなのだとユノハは言っていたが、理由は兎も角そうする事で両の耳が顕わになる。
ジンはこれが好ましいと思っていた。
短い前髪の横で揺れるおさげも、貝殻みたいな可愛い白い耳も。

耳の形がどうなんて、正直、ユノハの事を知るまで考えた事もなかった。自分のはもとより、人の耳だってそうだ。
男性は耳を隠すほどの長い髪の者より短い髪を好むものが多かったから、より見なれていると言うのに。
そこについてるのが当たり前で、それ以上でもそれ以下でもない。
だのに、彼女の耳には目がいってしまう。
それはやはり、耳の前でひと束くくられたおさげのせいで、耳が強調されているように感じるからかもしれない。

触ったら、どんなだろう。

どうしてだか、時折そんな事まで思うようになった。
録りとめもなく考えてる自分に気付いた時は、自分でも少しおかしいんじゃないかと焦ってひとりで赤面しかけたりもしたが、気になりだすと止まらない。さりとて、あからさまに手を伸ばして触れるのもためらわれた。
そもそも隣で話していても、彼女に触れるとか、恐れ多くて出来やしない。
並んで歩くのに手も握れないありさまなのだ。
勿論、自分よりずっと小さく気質も穏やかな少女が怖くて近寄れないとか言うのじゃない。
いや、ある意味怖いのかもしれない。
可憐な少女を前に、ただどうしていいか判らなくなって、ぎこちなく並ぶのが精一杯で。
だから、触れることはおろか、僅かに開く距離を縮める事も出来やしない。
そして、ユノハの方も、あえてそこから近寄ろうとはしてこない。

「なんというかまぁ、小学生でももちーっと仲良く済んじゃねぇの? お手手つないだりとかさ」

彼らを見守る年長の友人らは、影でそんな風に言ったりもするが、異性間の交遊と言うには、不純どころか清廉潔白な一方の二人の関係は、教育的指導をっとる立場からすればかんげい

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:空つぶ@3D小説bell参加中 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:未熟な惑星 制限時間:15分 読者:544 人 文字数:703字 お気に入り:0人
赤い星はその表面を人工物で覆われていた。地下深くから地上遙か高みまで、幾層にも続く重層構造の街は機能性に富み、それが進んだ文明の証のようにずっと信じていた。星の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
不機嫌の嵐 ※未完
作者:SORA@ジンユノ愛 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:難しい嵐 制限時間:15分 読者:813 人 文字数:1146字 お気に入り:0人
【ジンユノ前提、ジンくん生きてる世界の未来パロです】ジンは困っていた。ユノハの機嫌がすこぶる悪いのだ。これは実に珍しい事なのである。彼女は常に人辺り良く控えめ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SORA@ジンユノ愛 ジャンル:アクエリオンEVOL お題:何かは町 制限時間:15分 読者:790 人 文字数:1091字 お気に入り:0人
「欲しい物?」「はい。何かないですか?」それは、自分の誕生日が近付いた、ある日の事。でも、正直自分の誕生日とか、自分で忘れてた。彼女の方が、よく覚えていたものだ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:僕の好きな消しゴム 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1515字 お気に入り:0人
王子!と呼び止める者のあるのを、分かっていて、聞こえていてヘクトールは走った。急いでいたからだった。手には熟れた実を一つ握りしめている。呼ぼうとして名前をうま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:千銃士 お題:汚い土地 必須要素:右肩 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:438字 お気に入り:0人
世界帝による圧政が続く中 自由、尊厳を求め立ち上がったレジスタンスしかし武力の差は大きく レジスタンスを掃討すべく放たれた新型兵器により土地は穢れ レジスタンス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:少女☆歌劇レヴュースタァライト お題:どす黒い犬 必須要素:武田鉄矢 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:1886字 お気に入り:0人
リビングのテレビをつけると随分と懐かしいドラマを放送していた。今後の参考にでもと思い、そのままソファに居座ると、どこからともなく甘い香りを漂わせたルームメイトが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:テニスの王子様 お題:3月のサッカー 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:636字 お気に入り:0人
「おかしいくないっすか」 四月を目前にして、まだ冬の名残のある風に自分で暖を取ろうと肩を竦めて自分を抱きしめる。どちらかというと暑さよりは寒いほうに強いが、それ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:801字 お気に入り:0人
「甘栗食べたくない?」「食べたいけど何?山から栗拾ってきたの?」秋のしずは毎日のように山へ行く。栗拾いにキノコ狩り、紅葉狩りetc..秋の山には食材がたっぷりあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:めっちゃ木 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「ねえねえすこやん。すこやんの高校時代の文学祭の映像見たんだけどさ」「…は?」正直こーこちゃんが言ってることが理解できなかった。どうして彼女が私の高校時代の映像 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:大人の魚 必須要素: 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1140字 お気に入り:0人
「小鍛冶プロは出世魚ってご存知ですか?」隣で一緒に水槽を眺めている赤土さんがそう呟いた。今日は対局や解説もない普通の休日でこーこちゃんもお仕事だしお家でノンビリ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:主役は我々だ! お題:振り向けばそこに出会い 必須要素:1000字以上 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:2613字 お気に入り:0人
「ブゥゥゥン!」無邪気な声が聞こえる。それはお気に入りの飛行機を持って庭をかけるような幼い子供の声……などでは決してなく、背にエリトラをつけて屋上から滑空してき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:昼間の体験 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:984字 お気に入り:0人
これは、あるところの子孫とその守り刀の話である。最近主の様子がどうにもおかしいと話しているもの達がいた。その人らの名は、薬研藤四郎、後藤藤四郎、厚藤四郎、信濃藤 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:growth。【腐】 お題:鈍い木 必須要素: 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:805字 お気に入り:0人
まもちゃん、誕生日おめでとう!涼→?衛****『空が渋滞してる。』現場は違えど、偶々二人での帰り道だった。綺麗な臙脂色の髪で目元を隠してポツリと呟いた一言に、不 〈続きを読む〉