ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:許せない家事 制限時間:1時間 読者:611 人 文字数:2284字 お気に入り:0人

unique イザシズ 未完 ※未完

 愛してくれる誰かが居るかもしれない愛してくれたなら自分は満たされるかもしれないと思っていた心の皮が無惨にもズタズタに引きはがされて顔を出したのは化け物だった。
 いらないと、心から思って、解放されたことに笑ってしまう。
 あの刃の群れに愛して欲しいだなんて全く思わない。そうか、本当はそんな事欠片も思っていなかったんだと気付く。
 自分の人生を壊す覚悟で諦めた?地獄に耐えられなかった?全部はったりだ。お笑い草だ。
 そうして、希求を捨てて凪いだ心の中に居たのはたった一人だ。そいつも一人だった。
 「ああ、お前の言うとおりだったな。俺は化け物だった。本当は人間らしさなんて欠片も持ち合わせていなかったんじゃねぇか。でもな、じゃぁお前はどうだって言うんだ?お前が人間?笑わせんなよ」
 俺達は本当のたった一人になる為に生きているんだろうか。


 瞼に当たる光で目を覚ます。幼い頃からの習慣だ。雨の日はだから目覚めが鈍いが、日も長くなる5月ごろは5時には目が覚める。
 基本的に、取り立てと言う奴は朝8時から午後9時までしか法律で出来ないので(そもそも弁護士以外がやるとダメだとか、法律は一応勉強しとけとテキストを渡されたりするのによると)早番の日は7時出勤して少し掃除や打ち合わせをして、回収に行く手はずになる。出勤前を抑えるのは基本だが、風俗で身を持ち崩すなんて奴はまともな生活をして無い奴も多い。グレー商売なので、10時間歩き通しもざらにあるが、体力のある時分にはそんなに苦はないが、遅番は昼から出勤なので少し時間を持て余してしまう。一人身では洗濯も掃除もすぐに終わるし、こんな朝からどたばたと動き回れもせずに窓を開けてぼんやりと煙草を吸う。
 朝焼けの空に煙草の煙が白く溶けていくのを何ともなしに見ながら、こんな朝早くから出かける人や、逆に始発で帰ってきたのだろうホストを見る。中心地から程遠いので喧騒とは程遠いが、それでも昼間とは比べ物にならない穏やかさがそこにあって、静雄はこの時間が好きだった。どこか遠くから漂う、パン屋がパンを焼くにおいだけが、少し寂寥と罪悪感を抉る位で。
 携帯を見ると、幽からメールが来ていた。幼い頃からの習慣を知る弟は、比較的体の空いているこんな時間に連絡をくれる事も多い。比較的大きな仕事が今度終わる。とだけ、書いてるので、それは祝えと言う事なんだろうと思いながら、つまみと酒を振る舞ってやることを約束する。宅飲みになる事が多いが、ロシア寿司でもいいかもしれないな、久しぶりにと思う。
 トーストとカップスープ。野菜をとれとうるさいので千切ったキャベツを電子レンジで温めて塩を振る。それをもそもそと咀嚼しながら、まるで人間みたいだなと思うが、この25年を人間としてして過ごしてしまったので、化け物の生き方は分からなかった。セルティとは違う。腹は減るし眠くなるし超能力は使えない。 ただ力が強くて少し精神構造が違うだけだ。
 愛される事を全く求めてない事に気付いた。それが、生まれついての欠損だったのか、それとも25年の孤独を経て獲得したのかは分からなかった。もう、どうしてこんなに孤独なのかと患う事もない。誰の事も欲しがってないのに、欲しがられるわけがなかった。それは、新羅とセルティを見て確信する。新羅がセルティをあんなに愛していなければ、セルティは新羅を愛さなかっただろう。セルティを愛していない新羅を想像できなかったが、恐らく姉の範疇を出なかったのではないだろうかと思う。自分だって、愛してくれた人間を殴り飛ばして拒んだのだが、それでも嬉しかった。嬉しかったが、愛し返せないしいらないと思ってしまったが。愛し返せないからだろうか?と言う事はそもそも、愛していないのだ。
 「だとすれば、愛してるとか抜かしているアイツはそもそも何で愛し返されてないんだろって話だろ?なぁ」
 そういえば、あの男は自分を懐柔する手段だとしても何としても俺を愛してるなどと言う薄ら寒い事は言わなかったなと思い返す。おそらく、それは真実だっただろう。誠実とは少し違う。そうと口に出すのもおぞましかっただけだ。そして、多分俺だけにだ。こんなにも俺もアイツも互いを憎んでる。それでも、俺とアイツは何処か似ていて正反対だ。極点とでもいうのだろうか。
 「それでも、世界には二人しかいねぇ」
 なのに、傍に居る気にならない。殺しあって一人きりになるのが目に見えていた。というか、いつかそうなるだろう。別に一人きりが怖くないんだから。


 ずっとパソコンを見続けた目に外からの光が入って一瞬目が眩んだ。すっかり固まってしまった筋肉をほぐして外を見る。
 事務所の窓から外を見ると、高速バスが続々と芸術的なビルに停まって、観光客か帰省客か分からない集団を新しく吐き出している。あの中に、新しい玩具は居るだろうかと思う。比較的安価で東京に来られるようになって、若い子供が流入する。夏休み辺りはまた楽しいかもしれないなと思いながら、色々算段を立てている時にふっとシズちゃんの顔が浮かんだので眉を自然と顰めてしまう。基本的に、俺の感情は喜と楽にぶっこわれているのでこうなるのはシズちゃんにだけだ。高校に入るまでに、俺は怒った事がそういえばあっただろうか?憎んだことは?コンプレックスや焦りは既にあったが、その二つはなかった気がした。それでも、あいつにそれを教えられたのだと言う事は憚られた。事実だとしても、癪だから言ってやらない。
 新羅は、君はしずおにあって

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:奇妙な小説 制限時間:1時間 読者:71 人 文字数:1948字 お気に入り:0人
こんな世界は嫌いです。 人間が化け物を化け物として崇め讃え、街の機構に組み込まれるならばまだしも。人間があの化け物を人間の枠に収めたまま崇め讃えるこんな世界が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:当たり前の昼 制限時間:30分 読者:376 人 文字数:972字 お気に入り:0人
信仰の形ってのは掃いて捨てる程にある。 例えば自然、例えば道具、例えば建物、例えば死人。教え導く神や仏もあれば、罰を与える鬼もいる。 この辺の集落の人間は岩に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:アルパカのぷにぷに 制限時間:30分 読者:595 人 文字数:884字 お気に入り:0人
人の魂というものは紐で繋がっているらしく、ある特定の人物が死ぬと自動的に自○するシステムになっていると科学者が言った。ちょうどDNAがヒストンに巻き付いて収納 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:意外なフォロワー 制限時間:30分 読者:526 人 文字数:766字 お気に入り:0人
夜道を二人で歩いてる。俺は歩道を、臨也は塀を。臨也はバランスを取る様に、両手を広げて歩いている。二人揃っての休日、朝っぱらから家に呼び出されたけれど特にやる事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:誰かは小説修行 制限時間:2時間 読者:1415 人 文字数:2795字 お気に入り:0人
海の見える崖に別荘を建てた。都心近郊にあるそこは定期的に人に掃除をさせているものの過ごしやすいとは言い難い。断崖絶壁の近くに家を建てた酔狂が、家を建てた翌日に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コノエ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:僕が愛したマンション 制限時間:15分 読者:593 人 文字数:1005字 お気に入り:0人
新宿でも有数の高層階マンション。ここから眺める景色は素晴らしいと自分でも思う。新宿という街を行き交う、俺の愛する人間たち。四季、そして朝、昼、晩と。時間帯の移ろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サチ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:僕が愛したマンション 制限時間:15分 読者:661 人 文字数:596字 お気に入り:0人
部屋を見渡し、もう、何も置き忘れたものが無いことを確認して、最後に玄関の靴箱の上にカタンと鍵を置いた。臨也は気付くだろうか。静雄の持ち物がすべて無くなっているこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:100の裏切り 制限時間:30分 読者:919 人 文字数:1180字 お気に入り:0人
足元には残骸。愛の欠片だったもの。 それは策謀と言うには稚拙で、救いと言うには悪意に満ちて、それでも俺はこれも愛だったと思う。 けどもう、ガラクタだな。彼らは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コノエ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:オレだよオレ、検察官 制限時間:15分 読者:613 人 文字数:1325字 お気に入り:0人
1年にそう何回もあるわけではない行事の日は、村中に活気が溢れる。子どもたちは思い思いに仮装を楽しみ、明るい声でお決まりの挨拶を口にする。前もって準備していた菓子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:コノエ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:愛、それは経験 制限時間:15分 読者:721 人 文字数:931字 お気に入り:0人
「何事も経験とはよく言ったものだよねえ」「何だ突然」日曜日の午後。休みのシズちゃんと、無理矢理休みを取った俺とで過ごす緩やかな時間。秋晴れの空は、室内に居れば冷 〈続きを読む〉

逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:マイナーな手 制限時間:1時間 読者:717 人 文字数:2932字 お気に入り:0人
それを報復と名付けるにはあまりにも鏡写し過ぎた。ソレを否定すれば自分をどう表現すれば分からなくなるので折原臨也はそれをこう呼ぶしかなかった。 ”平和島静雄は折原 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:ぐちゃぐちゃの絵描き 制限時間:1時間 読者:634 人 文字数:2600字 お気に入り:0人
それを報復と名付けるにはあまりにも鏡写し過ぎた。ソレを否定すれば自分をどう表現すれば分からなくなるので折原臨也はそれをこう呼ぶしかなかった。 ”平和島静雄は折 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:限界を超えた不動産 制限時間:1時間 読者:626 人 文字数:8043字 お気に入り:0人
愛してくれる誰かが居るかもしれない愛してくれたなら自分は満たされるかもしれないと思っていた心の皮が無惨にもズタズタに引きはがされて顔を出したのは化け物だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:地獄の血液 制限時間:1時間 読者:725 人 文字数:1836字 お気に入り:0人
俺は今森と一体化している。 静雄はそう頬を緩ませながら、ギリースーツの顔部分を被り直し川べりの茂みに伏せている。 愛用のアサルトライフルは定番のAKS-74U 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:くだらない耳 制限時間:1時間 読者:612 人 文字数:6616字 お気に入り:0人
愛してくれる誰かが居るかもしれない愛してくれたなら自分は満たされるかもしれないと思っていた心の皮が無惨にもズタズタに引きはがされて顔を出したのは化け物だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:許せない家事 制限時間:1時間 読者:611 人 文字数:2284字 お気に入り:0人
愛してくれる誰かが居るかもしれない愛してくれたなら自分は満たされるかもしれないと思っていた心の皮が無惨にもズタズタに引きはがされて顔を出したのは化け物だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:賢い傑作 制限時間:2時間 読者:731 人 文字数:3027字 お気に入り:0人
人間は想像以上の事は出来ない。事実は小説より奇なり。 矛盾に聞こえるこの言葉は、矛盾をはらみながらも両立するのだとシズちゃんは示している。 シズちゃんは相手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:ラストは小雨 制限時間:2時間 読者:829 人 文字数:1881字 お気に入り:0人
最初に空を飛んだのはシズちゃんだった。笑ってしまったからよく覚えている。俺がパルクールを身に付けかけている時だ。 薄い春の青空に溶けそうな裾の色と広がる薄い黄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:騙されたドロドロ 制限時間:2時間 読者:738 人 文字数:1824字 お気に入り:0人
お伽噺は、怪物やお人形に人間が人間性を与える話ばっかりなんだ。 だったら、折原臨也と平和島静雄が二人で居たって、俺達が渇望する人間性なんてものを、誰かが与えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:逢坂ゆつは@静雄は頬袋にいるよ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:うるさい絶望 必須要素:イケメン 制限時間:1時間 読者:556 人 文字数:4015字 お気に入り:0人
世界の果てに形があるなら、それはきっとシズちゃんだ。 海も陸も、何もかも途切れた世界の淵、天涯。何にも生み出さない破壊。 全てをご破算にしてしまう規格外。人間 〈続きを読む〉