ジャンル:咲-Saki- お題:禁断の成功 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:15分 読者:557 人 文字数:840字 お気に入り:0人

クソお題はやめろっつってんだろ!!



「できた……!遂にできたよ!」

女、桧森誓子は高らかに声を上げた。
自らの実験、その成功を前にして喜びに顔を綻ばせる、研究者としてのものだ。

「これで、これでようやく……!」

その実験の成功は、彼女が後に行わんとする作戦の成功を保証するものではないが、しかしそれをほぼ確実のものとする。
概ねにして悲願の成就。彼女の胸の内には歓喜の花が咲き誇る。

「あはは、あはははは……!!」

喜びはやがて狂気へと変わる。声の止まぬまま彼女はそのラボラトリーを後にする。



その後に彼女が起こした行動は、目的に際した実に単純なものだった。
彼女の目的行動は「元内成香」を絶対的に自身の手中へと収めること。その為に周囲の干渉物を可能な限り排除すること。
大したことではない。仲良しごっこに興じている麻雀部の面々を、あの腐れビッチを、あの清純派気取りを、あの下ネタバカを、成香から離してしまうだけでいい。

――部室には、私と成香だけがいればいい。



北海道のとある地域にて、奇妙な事件が起きた。
何が奇妙かと問われれば実に全てでしかないのだが、事の概要は主にこうだ。

有珠山高校という私立の麻雀部員の内、その3名が何らかの形で行方不明となっていたのだ。
「なっていた」という表現は、暫くしてから彼女達が何事も無かったかのように帰ってきたというまた妙な事実からきている。

その間に、残った麻雀部員の2人である「桧森誓子」並びに「元内成香」は、ある日部室で情事に興じている所を道警に保護された。
事情を聞くに桧森誓子が元内成香に好意を寄せており、要は何らかの痴情のもつれがあったのではと考えられている。
行方不明の事件と比較して、状況から桧森誓子が何らかの形で関わっていたのではないかとも囁かれているが、証拠は不十分にしてそのまま釈放されている。

つまりもって、彼女の願いはもっとも素晴らしい形において叶ったこととなる。
せめて、死人の一人も出なかったことを幸いとしたい。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:薄居遠酸@十余るう(緋霧) ジャンル:咲-Saki- お題:春の公認会計士 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:30分 読者:467 人 文字数:807字 お気に入り:0人
菫「なぁ照」照「何?」菫「私はこの春に公認会計士になったんだ。なのに一体どこだここは」照「桃太郎の世界でしょ」菫「いやおかしいだろ。桃太郎の世界ってだけでおかし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不燃性廃棄物 ジャンル:咲-Saki- お題:阿修羅祖母 必須要素:桃太郎のストーリーを自分流にアレンジ 制限時間:30分 読者:507 人 文字数:959字 お気に入り:0人
日本各地に伝えられる――桃太郎伝説。お伽話として有名なアレである。内容は語るべくもない。その――桃太郎伝説の主役である桃太郎の子孫が、今現代にプロレスラーとして 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「文章」ギオン ジャンル:咲-Saki- お題:裏切りの道のり 必須要素:スラム街 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:1178字 お気に入り:0人
『ネリー、あたしね』そう切り出す彼女の顔は、いつも太陽のように輝いていた。ドブ川の底に溜まった泥のようなこの街で、あんな笑顔が出来るだなんて。素直に感心するし、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:眠猫 ジャンル:咲-Saki- お題:朝の汁 必須要素:くさや 制限時間:15分 読者:268 人 文字数:888字 お気に入り:0人
大星淡は逡巡していた。おそらく、今までの人生を振り返ってみても彼女がここまで悩ましい表情をしていることなど数えるほどしかなかっただろう。額には脂汗、顔は青ざめ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:朝の汁 必須要素:くさや 制限時間:15分 読者:283 人 文字数:771字 お気に入り:0人
爽やかな朝だった。窓からは柔らかな朝日が差し込み、白い布団がふわりと全身を心地よく包んでいて。けれど、そんな朝を迎えたエイスリンの第一声は、「クサイ!!」 悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:春の暴力 制限時間:15分 読者:259 人 文字数:415字 お気に入り:0人
やさしく暖かい風が頬を撫でる。ひらひらとまいおちる桜を見つめながら、私、竹井久は大きなため息をついた。そう、今日は卒業式。学生儀会長を務めた私はこの後、壇上に立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:咲-Saki- お題:今年のお尻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:282 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「いつの間に……」夏服を着ていたのもいつの事やら。インハイに行っていたこともあって水着を着て海やプールを満喫することもなく、気付いたときには、長袖の冬服に袖を通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:許せない地獄 必須要素:東京湾 制限時間:15分 読者:322 人 文字数:567字 お気に入り:0人
清澄高校の優勝で幕を下ろしたインターハイ。打ち上げもそこそこに、咲は夜の東京湾を眺めていた。 ざぱん。ざぱん。コンクリートの堤防に、黒い波が打ち付ける。その飛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:咲-Saki- お題:イタリア式の駄作 必須要素:セ○クス 制限時間:15分 読者:236 人 文字数:1158字 お気に入り:0人
なあ どうして部室のエアコンが水滴を吐き出すのかわからないまま三日が経過した。 なあ。 インターネットで調べて自分たちなりに創意工夫を凝らしたものの、埃混じり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:イタリア式の駄作 必須要素:セ○クス 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:566字 お気に入り:0人
「久しぶりのオフだ、って知ってたわよね」 そう口にした丹羽菜緒子は真顔だった。彼女が座るソファの隣では、高橋千代子がばつの悪そうな表情を浮かべていた。おずおずと 〈続きを読む〉

けすけの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:東方Project お題:彼のアレ 必須要素:入れ歯 制限時間:30分 読者:512 人 文字数:1458字 お気に入り:0人
「ちょっとした遊びをしてみないかい」「遊び?」日課と言うほどでは無いが、しかしちょくちょくと流行らないこの古物屋、香霖堂に顔を出すようになってからしばらく立つ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:東方Project お題:有名な秋雨 必須要素:200字以内 制限時間:30分 読者:552 人 文字数:200字 お気に入り:0人
博麗霊夢が金銭的に困窮し、秋雨の露を賽銭箱に溜め草木を食み日々を凌ぐのは皆の知る所であるが、今日の紅白に至ってはどうやら事情が違っていた。「こんな簡単なことにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:フハハハハ!それは人々 必須要素:マクガフィン 制限時間:30分 読者:888 人 文字数:1272字 お気に入り:0人
それは、今日も昨日と変わりない一日を終えて、学校から帰路に着こうとしたある日のことでした。有珠山高校には校門を抜ける左手側に、小さなゴミ捨て場があります。ちらと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:大好きなあそこ 必須要素:二人称 制限時間:30分 読者:716 人 文字数:1055字 お気に入り:0人
さて、貴方はこの度県立宮守女子高校の学校用務員として晴れて採用される運びとなった。残念ながらこのご時世、片田舎の高校に正規職員を置くことは難しいのか、契約職員と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:名前も知らない木 必須要素:英検 制限時間:4時間 読者:626 人 文字数:5224字 お気に入り:1人
――全国高等学校総合麻雀大会。人が「インターハイ」と呼ぶ、学生麻雀の頂点にして祭典である。麻雀が世界的遊戯と化した現代において、それが生み出す文化的、経済的な波 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:ひねくれた任務 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:859 人 文字数:1047字 お気に入り:0人
「ちょっと思ったことがあるんだけど」「え、なんです?」番組の収録を終えた二人酒の席で、瑞原はやりは三尋木咏に突然そう切り出した。「詠ちゃんってさ、すっごくピチピ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:重い唇 必須要素:右膝 制限時間:4時間 読者:637 人 文字数:6034字 お気に入り:2人
それは、遠い遠い昔のこと。遠い、なんて言っても、数えてみたら十年も経っていない。だけど、それはずっとずっと私の中にあって。引きずり続けて、迷い続けて、私の半生以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:セクシーな交わり 必須要素:1000字以上1500字以内 制限時間:15分 読者:795 人 文字数:984字 お気に入り:1人
「なあなあチカ、ちょっといいか?」少女、獅子原爽は唐突に問いかけた。問われた当人の桧森誓子はきょとん顔だ。「いいけど、何かまた悪いこと考えてるの?」「んにゃ、そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:東京の手 必須要素:レズ 制限時間:15分 読者:645 人 文字数:741字 お気に入り:0人
日本の首都はと聞かれて、貴方は何と答えるだろうか。大阪府。東へのコンプレックスが見え隠れする。京都府。それは昔の話だ。福岡、北海道、etc……。なるほど、貴方達 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:けすけ ジャンル:咲-Saki- お題:2つの狐 必須要素:右手 制限時間:30分 読者:628 人 文字数:1437字 お気に入り:1人
「……代行、どうしてまた急に」こんなことしようだなんて、と続ける前に代行、赤阪郁乃はふららとよろめきながら私にこう返してきた。「そんなに警戒せんでもええやないの 〈続きを読む〉