ジャンル: お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:537 人 文字数:507字 お気に入り:0人

堕落の夏 ※未完

「いやー今年も充実した夏休みだったな!」

「素敵な夏合宿でしたね、私もまた一段とレベルアップした気がします!」

けらけら笑う爽に、ふんすと鼻を鳴らす成香。
8月も末になり、麻雀部として遅まきながら発足を始め、さぞ休みの間に経験を積んだと思われる有珠山麻雀部は、

「……あの、この夏休みの間全然麻雀をした記憶がないんですけど」

当然のようにこの麻雀部の皮を被った有珠山ごらく部は貴重な休みを遊び倒すことに費やしていた。
だがそういった現状に疑問を呈することのできる真人間は、真屋由暉子ただ一人であった。
ミッション高校におけるはぐれ者のギーク集団の集まり、他のメンバーはこの部に一年以上所属してる時点でまともではないのである。

「やっぱ学校のカネで行く旅行は最高だねぇ。インハイに出れたらもっと長い期間いれるのかね~」

袖をひらつかせながら揺杏が言う。

「つまらないボケはやめてください殺しますよ」

「お、辛辣ゥー!」

何を言っても暖簾に腕押しである。由暉子は内心このクズデカ女の脳内ランキングをガムテープ以下に下げて続ける。

「まあ百歩譲ってこの夏休み間練習をしなかったことはいいんですけど」

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:康一君 ジャンル: お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:428 人 文字数:863字 お気に入り:0人
インターハイ決勝は、急遽殴り合いで勝負を決することとなった。 どうしてそうなったかについては、もう数巻ほど先に原作で語られるのでそちらを読んでいただきたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:倫敦の若大将カイキャク ジャンル: お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:770 人 文字数:1024字 お気に入り:3人
雀士オリンピックというものがある。ロビンマスクがウルトラマンをタワー・ブリッジで真っ二つにしたアレだ。みんなも御存知の通り、国の威信をかけた重大なイベントである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 ジャンル: お題:愛すべき処刑人 必須要素:オリーブオイル 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:1132字 お気に入り:0人
『ゲェーーーーッ! ジ・オメガマンだーーーーっ!!』 インターハイ団体戦決勝、大将戦。 最初の半荘が始まろうという、そのときである。 卓に集まったのは四人ではな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「白黒の線画みたいな人」ギオン ジャンル: お題:ドイツ式の階段 必須要素:コーヒー牛乳 制限時間:15分 読者:333 人 文字数:1082字 お気に入り:0人
「せりゃあーーーーーっ!」正義超人ブロッケンJrが、四角い宇宙リング『西』に駆けこむようにリングインする。ここに至るまで、成長の一端は見せるも、ブロッケンJrは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すかい「白黒の線画みたいな人」ギオン ジャンル: お題:絶望的なユートピア 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:617 人 文字数:1352字 お気に入り:1人
「た、大変だーーー! 新入部員のドッスンちゃんが揺杏の頭をかち割ったーーーーー!!」有珠山高校麻雀部。部員不足の彼女たちは、誰でもいいから部員が欲しかった。誰で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル: お題:絶望的なユートピア 必須要素:頭痛 制限時間:15分 読者:424 人 文字数:897字 お気に入り:0人
ちり。頭を締め付けるような痛みに、思わず顔をしかめてしまう。「大丈夫? 淡」 心配そうに、そう訊くのは私の先輩。大好きな先輩、テルー。…もとい、宮永照。彼女を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル: お題:燃える祖母 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:710 人 文字数:939字 お気に入り:0人
燃える。燃える。ぱちぱちと音を立てて燃える。家が燃える。真っ黒な空まで燃やし尽くそうと炎が高く上がる。(やめて……やめてよ…! 大切な家なのに……!) 救急隊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 ジャンル: お題:燃える祖母 必須要素:ラジオ 制限時間:15分 読者:730 人 文字数:1498字 お気に入り:0人
今宵もまたあの夜会が開かれる…… ――いちご佐々野の考慮しとらん話――「はい、というワケで始まりました『いちご佐々野の考慮しとらん話』! FMくたばれ天鳳放送 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 ジャンル: お題:春の裏切り 必須要素:トランプを武器にして戦いそうな男 制限時間:15分 読者:753 人 文字数:978字 お気に入り:0人
春の裏切りだった。 春なのに、放課後を迎えたいま現在、気温が三十七度。 これはもう春の裏切りだった。 春だと思ったら夏だったなんてー、なんてー、なんてーーー。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Iku3 ジャンル: お題:未熟な笑い声 必須要素:400字以内 制限時間:15分 読者:700 人 文字数:393字 お気に入り:0人
「カ~ッカッカッカッカ!!」「グォッ~フォッフォッフォッ!」「ニヒヒ!」悪魔魔超人軍入りしたエイスリンが驚愕した。慈悲深いババアよりも悪魔将軍様に着いていくこと 〈続きを読む〉

179@擁護派(シシハラー)の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:179@擁護派(シシハラー) ジャンル:咲-Saki- お題:計算ずくめの極刑 必須要素:学校使用不可 制限時間:15分 読者:494 人 文字数:795字 お気に入り:0人
「そんなわけで、有珠山麻雀部のあまりの放蕩っぷりに学校側から対外試合で結果を出すまで部室使用禁止との通達が来ました」由暉子が淡々とした表情でプリントを読み上げる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:179@擁護派(シシハラー) ジャンル:咲-Saki- お題:重い悲劇 必須要素:冷え性 制限時間:15分 読者:557 人 文字数:574字 お気に入り:1人
松実館が爆発した。原因は記録的な寒波にトチ狂った冷え性の姉が、ボイラー室にガソリンをぶちまけて火属性付与(エンチャントファイア)したことである。奇跡的に死人は出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
籠の中 ※未完
作者:179@擁護派(シシハラー) ジャンル:咲-Saki- お題:箱の中の友人 必須要素:ガム 制限時間:15分 読者:486 人 文字数:813字 お気に入り:0人
「桧森さん、ちょっといいかい?」その子に声をかけられたのは、高校に入学してから一月経ってからのことだった。その頃の私はとにかく真面目に生きることが大事だと思い、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
堕落の夏 ※未完
作者:179@擁護派(シシハラー) ジャンル: お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:537 人 文字数:507字 お気に入り:0人
「いやー今年も充実した夏休みだったな!」「素敵な夏合宿でしたね、私もまた一段とレベルアップした気がします!」けらけら笑う爽に、ふんすと鼻を鳴らす成香。8月も末に 〈続きを読む〉