【ウェザ徐?】引きたくなかった引き金

徐倫の中にあるウェザーリポートの人物像は何処までも頼りがいがあり、ここぞという時には必ず手を差し伸べてくれる。
大きな木のように静かに佇みながらもしっかり大地に根を下ろす。そんなイメージだった。
顔をグッと近付け話するものだからちょっとだけ鼻息が生温かいのも彼らしいで片付けられる。少しだけドキっとするが、嫌悪感なんか今まで一度も徐倫は抱かなかった。

だからこそ、同じ目標を目指す同士として敵味方関係無く影響を及ぼす虹はとても美しいものなのに恐怖の対象にしか見えなかった。
地表や天井、壁を覆い這いまわるカタツムリなんて以ての外。身の毛のよだつ異質な光景に徐倫の喉が鳴る。

こんなおぞましい事をするなんてウェザーは敵になっちまったんだ。

エルメェスが異形な体になりつつ叫ぶ。
だが、徐倫は首を縦に振らない。こんな事をしても彼は敵になったわけじゃあない。純粋な殺意からか無意識からの衝動からか制御出来ていないだけ。それにウェザーは私達の仲間であって敵じゃあない。敵になる筈なんか無い。
彼も共にプッチを倒す同士なのだ。
優しくも強い意志の籠った徐倫の言葉がエルメェスに向けられる。
たとえ自分もカタツムリになろうとも、どれだけ鈍かろうとも向う場所、目的は一つ。

けれど、運命は残酷だった。

結果的に彼を殺してしまった。偶然ですまされるなら、神の悪戯ですませられるのなら、…偶然や神なんか必要ない。
罪悪感が胸を締め付ける。彼を殺してしまった。たった一つの行為を徐倫が苦しめる。
アナスイが寄り添い静かに語らう。

ウェザーは幸福だった。記憶が戻ったあいつは確かに――。

華奢な肩の震えを察したアナスイは自分の肩口に彼女の頭を埋めさせた。
未だ危険な状況には変わらない。だが、今だけはこの少しの間だけは彼女の悲しみを癒したい。いや、癒せなくとも少しだけでいい軽くさせる事が出来るならそれでいい。
真摯に思いやってくれる手を受け入れ、徐倫はアナスイに身を預け震え声を押し殺した。
甦るは彼との記憶。独特で特徴的な喋り方をする彼はもういない。さながらキスをするような距離で聞える彼の耳触りのよい声はもう聞えない。聞えるのは頭の中にある思い出の中だけ。あの吐息や肌から俄かに伝わる熱は思い出の中でしか無い。



(ウェザー…ウェザー…ッ)



思えば人生で初めて心から信用していい、安心出来る男性だった。
今まで出会った男達は運が無かったのか表面上の関係だったり、徐倫自身相手の中身を見ていなかった所為か其処まで思える相手はいなかった。



(どうして…どうして…ッ)



失い改めて分かる大切さ、辛さ、愛おしさ。FFとはまた違う胸の痛みに嗚咽を漏らす。
別れの挨拶さえ聞けず、自分から奪ってしまった悲しみに頬を濡らす。
心が小さく小さく萎み軋み上げる寸前、やわらかな微風が徐倫の頬を撫でた。咄嗟に顔を上げ振り返る。既に生き絶えているウェザーの顔が何処か微笑んでいるみたい思えた徐倫は更に涙を浮かべ、吹かなくなってしまった微風に彼の手の温もりを感じられずにはいられなかった。擦り抜ける大きく優しい手。されど、しっかり頬を包んでくれた手に徐倫は手を重ね何度も何度も彼の名を心の中で言い続けた。
自分を奮い立たせるように。これから待ち受ける残酷な運命に立ち向かえるように。彼の想いを無駄にしてはいけないように。

神父の力を利用して抜き出したウェザーのDISCを一度強く胸に抱いた後の彼女の瞳はアナスイがもっとも心魅かれるものになっていた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蒼宮雄太 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:フニャフニャの音 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:836 人 文字数:1249字 お気に入り:0人
「ねぇエルメェス…」「ん?どうした?」暗い廊下を歩いているのは徐倫とエルメェス。FFがトイレに行ってから数時間帰ってこないため不安になり探しに来たのだ。そしてこ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:鬼滅の刃 お題:どす黒い年賀状 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:1107字 お気に入り:0人
この地はただひたすらに穏やかで幸福以外存在すること自体許されない。ありとあらゆる不幸や悲しみ、何かに捲し立てられ忙しなく過ごす物事全てを排他された緩やかに時の止 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:からくりサーカス お題:淡い演技 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:667字 お気に入り:0人
単身、でもないか。ズタボロの体で敵の本拠地に乗り込んで世界中に蔓延するゾナハ病の止め方を聞きに来る無謀さは褒めてやってもいい。実に馬鹿馬鹿しくて滑稽極まりない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:殺された善 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:716字 お気に入り:0人
歩き辛い事この上ない舗装されていない道は所々生い茂る木々が我が物顔で足を伸ばし歩く者を躓かせてくる。現状舗装する予定はおろか見通しすら立っていない悪路とのこれか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:つらい夫 制限時間:15分 読者:86 人 文字数:401字 お気に入り:0人
「これが終わったらシドーの部屋を作るって?」青い瞳がランランと輝き何度も頷き、慣れた動きで背中に背負っていた本を取りシドーの顔の前に書き途中と思われる設計図が掛 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:鋭い感覚 制限時間:30分 読者:78 人 文字数:550字 お気に入り:0人
一切反らされず注がれる赤い瞳に近付いていた足が止まる。背筋とは言わず周囲に満ちる威圧感は熱を奪いシドー以外の声を音を消した。「教えてくれよなあ… 」シドーが一歩 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:地獄の四肢切断 制限時間:30分 読者:98 人 文字数:465字 お気に入り:0人
間取り、豪華さ、ムードに至るまでリクエストに沿った作りにしようと四苦八苦悩み唸る様でさえ心底楽しそうに見える。積み上がった壁に寄り掛かるシドーの顔つきが険しくな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:日本理由 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:552字 お気に入り:0人
一心不乱それこそ楽しそうに物作りする姿を見ているだけで胸の奥からあったかな何かが溢れてくる。これがきっと見ていて面白い楽しいという感情なんだろう。実際相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:96 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:113 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉