ジャンル:咲-Saki- お題:生かされた犯人 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:480 人 文字数:1228字 お気に入り:0人

「出番が欲しかった」と動機について語る

「咲ちゃん! …本当なのか? この中に犯人がいるって……」

 暗がりの中、一番に明かりの中へ足を踏み入れたのは片岡優希だった。
その言葉に、みんなの中心に立った宮永咲は静かに頷く。

「うん。だってこの事件は密室の中で起こったんだもの。この“清澄高校麻雀部部室”でね」
「そんな……」

 顔を青くして、優希は慌てて周囲の人間を見回した。
その顔には恐怖の色が混じる。

「ちょっと待って!」

 そう言い、明るみの中へと入ってきたのは部長である竹井久だ。

「でも……それなら、私たちの誰かが“動機”を持っていたってことになるのよね?」
「はい。勿論です」
「そんなの……あり得ないわ! みんな彼のことは大好きだったはずよ! ……須賀君のことを嫌っていた人なんて、一人も……」

 そこで、久ははっと顔を上げた。
そして思い至った考えをためらうことなく言い放った。

「もしかして和!? そうか、和は日頃から須賀君に言い寄られてたから……」
「そんな!?」

 久の言葉に反応したのは原村和、その人だった。

「それこそあり得ません! そりゃ、確かに須賀君にはしつこく言い寄られていましたが……だからといって、こんなことをするほど嫌っていたなんて……そんな動機、あり得ません!」
「だけどっ」

 ぱんっ。ぱんっ。
二人の喧騒を収めるように、咲が手を叩いた。

「はい、はい。二人とも落ち着いてください。……和ちゃんは犯人じゃありませんよ、部長」
「だけどっ」
「だって……犯行当時、和ちゃんは職員室に呼び出されていたじゃないですか」

 それを聞き、和の顔がぱぁっと明るくなる。

「そ……そうでしたっ! あのときは確かに、部長の代わりに職員室に行っていました!」
「……そうだったわね」
「同じ理由で職員室へ行っていた染谷先輩も、犯人からは除外されます」

 「当然じゃ」と、にっと笑いながら明るみの中に入ってきたのは染谷まこだ。
こうして、被害者である須賀京太郎を除いた麻雀部部員全員が照らし出されたことになる。

――すなわち、

「ちょ、ちょっと待つんだじぇ! 咲ちゃんっ!」
「ん? なぁに、優希ちゃん?」
「このパターンって最後まで残った人物が犯人になるパターンだろ? でも……みんなの顔がもう出てきちゃったぞ! これじゃ犯人が残ってないじぇ!」
「うぅん」

 首をゆっくりと振る咲。そして、その視線が残った一人へと向いた。
その意図を察し、和をはじめとする部員たちの喉がごくりと鳴る。

「……ま」
「まさか……」
「……そう。この事件、須賀京太郎殺人事件の犯人は……」

 そこで言葉を区切る。
そのまま咲はぐっと脚に力を込め、全力で右足からのスタートダッシュを決めた。
駆ける。駆ける。駆ける。
駆けた先、そこには――


「――京ちゃんっ! 犯人はお前だっっっ!!」
「ぐへぇーっ!!!」

 ――全力の右ストレートが決まった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ももてん ジャンル:咲-Saki- お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:512 人 文字数:945字 お気に入り:0人
「なぁ怜?うちら夏休み中どっか行ったっけ?」「はぁ?何言うとんねん、東京に全国大会しに行ったやん」「いやそういうのやなくて…………」今日は8月31日。夏休みも今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:咲-Saki- お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:489 人 文字数:715字 お気に入り:0人
「中堅戦終了ー!」圧倒的だった。完膚なきまでに叩きのめされた。最後に1300を差し込んでもらえなければ焼き鳥。完敗だ。「ちっくしょ」悔しい。ただただ悔しかった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮本シロアゲハ ジャンル:咲-Saki- お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:580 人 文字数:879字 お気に入り:0人
照「うらあ」渾身の一撃が繰り出される。王者宮永の右手はさながら竜巻のように回転しながら池田の左頬を捉える。池田「おべら」蹴り飛ばされた空き缶のように吹っ飛ぶ池田 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ドラゴン松実@DC ジャンル:咲-Saki- お題:8月の痛み 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:525 人 文字数:545字 お気に入り:0人
8/31 夏休み終わりやん!やだー!宿題やってないやん!どうしよー!とりあえず自由研究からせな……その日の晩飯時「洋恵、なんやこれ」「粘土でオカン作ってみた」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:よくと氏 ジャンル:咲-Saki- お題:希望のところてん 必須要素:右ストレート 制限時間:30分 読者:88 人 文字数:732字 お気に入り:0人
しかし暑いなぁ…こうも暑いと全てにおいてやる気が削がれてしまう。ゆみ「モモー。昼ごはんは何か食べたいものはあるか?」モモ「んー…あっさりしたものがいいっす」モモ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:眠猫 ジャンル:咲-Saki- お題:朝の汁 必須要素:くさや 制限時間:15分 読者:220 人 文字数:888字 お気に入り:0人
大星淡は逡巡していた。おそらく、今までの人生を振り返ってみても彼女がここまで悩ましい表情をしていることなど数えるほどしかなかっただろう。額には脂汗、顔は青ざめ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:咲-Saki- お題:春の暴力 制限時間:15分 読者:187 人 文字数:415字 お気に入り:0人
やさしく暖かい風が頬を撫でる。ひらひらとまいおちる桜を見つめながら、私、竹井久は大きなため息をついた。そう、今日は卒業式。学生儀会長を務めた私はこの後、壇上に立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリン ジャンル:咲-Saki- お題:今年のお尻 必須要素:出会い系サイト 制限時間:15分 読者:233 人 文字数:934字 お気に入り:0人
「いつの間に……」夏服を着ていたのもいつの事やら。インハイに行っていたこともあって水着を着て海やプールを満喫することもなく、気付いたときには、長袖の冬服に袖を通 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんすずり ジャンル:咲-Saki- お題:イタリア式の駄作 必須要素:セ○クス 制限時間:15分 読者:204 人 文字数:1158字 お気に入り:0人
なあ どうして部室のエアコンが水滴を吐き出すのかわからないまま三日が経過した。 なあ。 インターネットで調べて自分たちなりに創意工夫を凝らしたものの、埃混じり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愚図 ジャンル:咲-Saki- お題:地獄床 必須要素:爆弾 制限時間:15分 読者:260 人 文字数:541字 お気に入り:0人
人それぞれに、芸術はある。ひとつひとつ挙げていっても意味が無いので、割愛をさせて頂く。この物語は爆発に魅せられた少女と、関わってしまった人々の物語。午前九時、屈 〈続きを読む〉

雨七の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:興奮した処刑人 必須要素:じゃがいも 制限時間:30分 読者:215 人 文字数:1252字 お気に入り:0人
「それで、なるか?」 ちかちゃんが私の名前を呼びました。私はおそるおそる、目線を上げてちかちゃんの顔色を伺います。目元。にっこり。口元。弧を描いています。一見、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:ゆるふわ愛されおっさん 必須要素:干支 制限時間:2時間 読者:185 人 文字数:2355字 お気に入り:0人
「純くんさぁ」 その言葉を発した国広一自身も驚くほどに、「あきれた」感が強い声色だった。「何だよ」と振り向く井上純を、まじまじと彼女は観察する。 まず、体勢。使 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:暴かれた会話 必須要素:会話劇 制限時間:4時間 読者:229 人 文字数:4308字 お気に入り:0人
「霞さんの様子を、ですか?」「はい。巴ちゃんに久しぶりに見てきてほしくって」 にこにこと、屈託のない笑顔で姫様が言いました。学生時代から何ら変わらない、無垢な笑 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:朝の汁 必須要素:くさや 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:771字 お気に入り:0人
爽やかな朝だった。窓からは柔らかな朝日が差し込み、白い布団がふわりと全身を心地よく包んでいて。けれど、そんな朝を迎えたエイスリンの第一声は、「クサイ!!」 悲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:女のカリスマ 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:238 人 文字数:1216字 お気に入り:0人
「というわけで! テルーとスミレが卒業しちゃったわけだけど!」「そうだなぁ」「……むー。亦野先輩、他人事ー? 次期部長がそんなんでいいの?」、 と、言われても。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル: お題:過去の恋愛 必須要素:豚肉 制限時間:1時間 読者:202 人 文字数:2508字 お気に入り:1人
(このSSはリレー企画のものであり、前篇(http://sokkyo-niji.com/novel.php?id=112275)の内容を引き継いでいます。) ◇ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル: お題:肌寒い狂気 必須要素:宗教 制限時間:30分 読者:216 人 文字数:1419字 お気に入り:0人
張りつめた、肌を刺すような冷たい夜の空気。どこか狂気すら帯びているように感じる不穏な雰囲気の中、戒能良子はかちりとライターを点火した。黒い木々が風を受けてざわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:やわらかい母 必須要素:マフィン 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:1336字 お気に入り:0人
「そう、とうとう大会が始まるんだ」 しゃかしゃか、とこなれた手つきでホイッパーを操りながら、瑞原美月は微笑んだ。彼女の手元ではボウルに入った卵や砂糖、ベーキング 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:極道大戦争 お題:冷静と情熱の間にあるのは銀行 必須要素:アンドロイド 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:703字 お気に入り:0人
まるでアンドロイドみたいなやつだ。ヤクザヴァンパイアと化した己の暗く濁る双眸で、影山は対峙する緑の巨山を睨みつけた。 あの日からーーKAERUくんのヘソの封印 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:咲-Saki- お題:限界を超えた雑草 必須要素:いびき 制限時間:30分 読者:249 人 文字数:1108字 お気に入り:0人
「ジョートー……上等だよ」 がくがくと震える脚を鼓舞しながら、岩館揺杏は息を切らしながら立ち上がった。気持ち悪い。頭がくわんくわんするのは、先ほどこめかみに喰ら 〈続きを読む〉