ジャンル:NARUTO お題:帝王の事件 制限時間:15分 読者:522 人 文字数:428字 お気に入り:0人
[削除]

お世話 ※未完




無茶苦茶だ。
イルカは顔を歪めた。目の前に火影が座っているが構うものか。


「どうして上忍を家にあげなきゃいけないんですか。」

「だからいったろう、イルカ。社会科見学だと。」

「その社会科見学という意味が分からないから聞き直しているんです。」

はぁと小さくため息を吐くと、相変わらず正直だなぁと笑われる。別に目上の者に礼儀を尽くさない訳じゃない。それこそ自分は教師である。子供たちの手本となるような行動を心がけているつもりだ。
しかし今回は違う。授業中呼び出され、緊急かと慌てて駆けつけてみたら、楽しそうな顔の火影様がいきなり上忍の世話を1週間頼みたいと言い出したのだ。
世話と言うことは怪我でもして動けずにいるのだろうか?そう思って聞いて見たが、曰く、里に帰ってきても、休暇をとらず、不摂生に過ごすから、何とか世話をしてくれというお達しだった。

(そんなのただのお守りじゃないか)


イルカはため息を吐いた。
結局は文句を言ったって

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
ツイてない男 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:残念な躍動 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:155字 お気に入り:0人
「牙通牙!」 キバと赤丸の息の合ったコンビネーションから放たれた一撃が次々と敵をなぎ倒していく。 陽動を任せたのだが、この調子ならキバと赤丸だけで敵を一掃してし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
支えるもの ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:日本職業 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:148字 お気に入り:0人
「うーん」「どうすんだよ。これ」 放課後の教室でナルトとキバは頭を抱えていた。 机の上にはまったく同じ二枚のプリント。 そこには担任のうみのイルカの字で“職業体 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:昼の小説新人賞 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:161字 お気に入り:0人
「それでは、今年の木ノ葉出版新人賞の発表です!」 ラーメンを啜るのをやめてラジオから聞こえてくるノリのいいパーソナリティのお姉ちゃんの声に耳を傾ける。 幸い店に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
木ノ葉の奇祭 ※未完
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:斬新な光景 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:221字 お気に入り:0人
「な、なにが起きてるんだ?」 第四次忍界大戦が終結してから早半年の月日が流れたある日、風影の使いで木ノ葉を訪れたテマリは目の前に広がる異様な光景に目を疑った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:シンリ ジャンル:NARUTO お題:死にぞこないの男祭り! 制限時間:15分 読者:88 人 文字数:233字 お気に入り:0人
ジューという肉の焼ける音がやけに耳に響く。ディナータイムの焼肉Qの店内は多くの客でごった返していてとても賑やかだったが、このテーブルだけは静寂が支配しているらし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:NARUTO お題:激しい小説の書き方 制限時間:15分 読者:205 人 文字数:576字 お気に入り:0人
部屋の明かりをつけなくともいいと鬼鮫に言ったのはイタチだった。窓際で月明かりを拾いながら本を読んでいたイタチが、自分と同じく淡い紫に染めた爪で、最後のページを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:小説家の栄光 制限時間:15分 読者:137 人 文字数:497字 お気に入り:0人
出来るならあの赤い髪の子供を見付けて、もう一度だけ優しい瞳に語りかけてやりたかった。臨む水面がたぷたぷと揺れている。美しい青と表現したかったが、そうするにはあま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:何かの血 制限時間:15分 読者:138 人 文字数:528字 お気に入り:0人
私は風の国と火の国の丁度境の辺りで、宿を開いております。二代前から続く老舗を売りにしているものですから、家屋に少々傷みもありますが、手入れは十分に行っており、質 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:大きなコンサルタント 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:394字 お気に入り:0人
殺しを始めた年齢の頃には、もう一人で生活する事にも慣れきっていた。いわゆる家族という存在の記憶がまるでなかった為、赤ん坊の時にはすでに捨てられていたのかも知れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:飴子 ジャンル:NARUTO お題:誰かの巨人 制限時間:15分 読者:123 人 文字数:531字 お気に入り:0人
まだ五つ程の幼い頃の話だ。黒い巨人に追い掛けられたと散々泣いて、兄をたいそう困らせた事がある。綺麗なオレンジ色の夕焼けが空を染めている頃の事で、アカデミーから帰 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の吐息 制限時間:1時間 読者:0 人 文字数:289字 お気に入り:0人
*モブハン死ネタ(?)注意*横たわるあなたの美しい身体。そこで広がる深紅の血液。「分隊長、生きてますか…!」傷にさわらないようにそっと抱き寄せる。体温も、流れる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー お題:冷たい凶器 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1634字 お気に入り:0人
ぱっと光った。輝いて散っていく。思い思いにちらばっていく花火の、どことも知れない行き先を思いながら、残った煙だけがゆらゆらとくすぶって、花火たちを捕まえられな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:やわらかいパラダイス 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:851字 お気に入り:0人
人間がどれだけ脆いものかを知っている。ぐらりと指先に伝わる肉の柔さを知っている。どの人間にも皮膚があり筋肉があり骨があり内臓がある。主にすべてを真っ二つにしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:平和と猫 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:2797字 お気に入り:0人
連続投稿を失礼致します。何でもドンと来いという方向けの、捏造と妄想の産物です。サネウリを連想させる描写があるので、苦手な方はご注意下さい。 幼かった私は、あの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:輝く悪 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:944字 お気に入り:0人
首領の死体が上がったのは、夏の始まりのことだった。港近く。汽水域の河辺に、ぼんやりと浮いた白い顔。ヘドロに汚されて、煤けて見えていた。――何時、誰が、何処で。蜂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:求めていたのは嵐 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1035字 お気に入り:0人
(不健全のような……そんなことはないような)乱れる息に思考を散らされながら、ふと思った。これは、さながら荒天に漕ぎ出す小舟のようだと。遮光のカーテンを掻い潜る月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:血界戦線 お題:楽しかった草 必須要素:映画 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:2794字 お気に入り:0人
水曜日の寝床はルーシー。赤茶けた髪とそばかすの散った頬、大ぶりの眼鏡ばかりがよく目立つ。出会った当初はこんな混沌の街に不似合いの田舎娘だった。仕事さぼって腹減っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:プリパラ お題:限りなく透明に近いうどん 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:608字 お気に入り:0人
「ねえねえ、みれぃ!今日、このコーデでおそろライブしよ!」「良いっぷりよ~☆」コーデの数だけマイチケをスキャンしてね。お友達のトモチケもスキャンできるよ。きらき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:あんさん腐るスターズ! お題:彼と夕方 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:786字 お気に入り:0人
行きと違って帰りは足取りが重い。学校に向かう時は、あの子に会える喜びでいっぱいだ。家に帰る時には、あの子と一旦お別れをしなければならない。また明日ね、彼はそう言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/GrandOrder(腐) お題:勇敢な体 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1122字 お気に入り:0人
槍弓「ヘマすんじゃねーぞ」「君に言われたくはないな。あの魔獣と違わないその猪突猛進ぶりには驚かされる。…ああ、君は猪ではなくフリスビーに飛びつく犬だったかね?」 〈続きを読む〉