ジャンル:ゼルダの伝説 お題:秋の話 制限時間:1時間 読者:671 人 文字数:1451字 お気に入り:0人
[削除]

遺跡前、森にて

 四辻の続く森を少年が急ぎ歩く。紅葉した木々は風に吹かれる度に木の葉を散らし地面へ落ち葉の絨毯をつくり上げていた。美しい光景ではあったが少年には関係がない、否、その光景を楽しむ余裕が、少年にはなかった。
 森の奥へ奥へと歩みを進め、どれほどの時間が経っただろう? この森は出口が見えない、まるで同じ場所をぐるぐると回っているような感覚に陥る。喉の渇きと疲れが少年の焦りを上回り始めたあたりで少年は休息を決め、四辻の中心にある切り株へ腰掛けた。
 所持していた革袋に入れていた水を飲み、一息ついた少年は周囲を見渡す。今まで一直線に歩いていたため気付かなかったが、奥へと続く道の景色は若干歪んでいるように見える。奥に向かって左右の道も同じような景色で、今きた道を振り返るとこちらは若干はっきりとしていた。
 歪んだ景色の三方向と明瞭に見える今きた道の違いを考えようとするが、少年の疲れた体は思考よりも休息を欲していた。幸い、この森で危険な動物や亜人、傷は与えてこないが盾を奪ってくる害獣は見ていない。無防備に眠るのは危険といえど、この一帯で害獣達に襲われることは無いと判断した少年は切り株の上へ寝転がり、仮眠を取ることにした。

 冷えた風に少年は目を覚ます。空は昼過ぎの澄んだ青から夕焼けの茜色へと変化しつつあるようだ、少し眠りすぎた事に少年はひとりごちる。夜の探索は非常に危険なのでこれ以上進むことはできない、野営の支度をしなければ。

 適当に集めた枝を切り株から少々離れた場所に積み、火を付ける。乾燥した空気のせいか、すぐに火は安定した。保存食と水で簡易的な食事を済ませると、炎を見つめながらこの四辻から抜け出す術を考える。
 この四辻が続く森はターム遺跡に至る道だという事をマカの木から聞いた。各地に散らばる4つの宝石を集め、開放した門を抜けて遺跡の直前にあるこの森までやってきた。あとはこの森を抜けるだけなのだが、ここで行き詰まってしまった。
 元の場所へ戻るにはきた道を帰れば良い、何も考えずまっすぐに進んできたので戻るのも直線だ。一旦戻って体制を整えてからもう一度挑戦しにきてもいいだろう。
 炎から目をそらし、森の奥を見る。夜の森だけあって黒の染料を溶かしたような黒さだが、その黒さの中に何か光るものが見える。
 光源のないはずの暗闇に見えた光に少年は目を凝らす。その光は脈打つようにうねっており、それは水面が揺れるような動きをしていた。
 今まで見てきたダンジョンの仕掛けとはまた別の何かに少年は閃く、昼間に見えていた道の奥に見えた歪みは、この水面のようなゆらぎで、そのゆらぎは侵入者を迷わせる仕掛けだったのだ。
 こういった仕掛けは魔術やカラクリで閉ざされた遺跡への侵入を阻むためにあってもおかしくはない。この仕掛けの解除方法がわからない限り奥に進むことはできない。
 今まで進んできた他の場所では、いくら迷うことがあってもどこかしらに突破口となるヒントが置かれていた。今回もどこかに秘密を握っている誰かか、何かが居るはずだ。ただ闇雲に突き進む前に、情報を集めなくては。
 情報を集める、という初歩的な事を忘れていた事に気付いた少年は大きな溜息を吐くと、進む道ではなくきた道を見る。やはり水面のような歪みは無く、そちらには何も仕掛けられていないとわかる。

 ひとまず、夜が明けたら町へ戻って情報を集めよう。少年はふてくされながら横になり、外套をかぶるとそのまま眠りについたのだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:哀れな祝福 制限時間:1時間 読者:122 人 文字数:1126字 お気に入り:0人
そう遠くない、なるかもしれない未来。と、いったところでそれが一体何百年、何千年後なのか、もしかしたらすぐ近い未来なのか、はたまた別次元の過去なのか分からない。皮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:少女のもこもこ 制限時間:1時間 読者:938 人 文字数:1311字 お気に入り:0人
ガノリンかもしれないが欠片も甘くない。ガノンドロフがリンクを傷つけるお話。グロい。痛そう。リンクが喋れない設定。 壁に打ち込まれた楔とそこから伸びる鎖。それらに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:禁断の空想 制限時間:1時間 読者:713 人 文字数:1330字 お気に入り:0人
時オカ敗北ルートでガノリン。 直接そういう描写は無いけれど、一応ヤる事ヤってる前提で書いてます。 文化的な捏造要素が少しあります。ガノンドロフ様の寝間着が浴衣 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:朝の傘 制限時間:1時間 読者:529 人 文字数:3164字 お気に入り:0人
時の勇者とゴーストショップの主人のお話。 心の赴くままに書いてます。メタいかもしれない。 相変わらずリンク君は喋らないし、喋っている人も口調が迷子。 「今日の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:オチは口 制限時間:1時間 読者:561 人 文字数:1155字 お気に入り:0人
時オカのopの、「平和なハイラルを馬で駆る青年勇者」ってゲームの中では実現しないよなぁって思って書きました。リンクが見た夢のお話。腐向けではない。チャットの口 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:絵描きの火事 制限時間:1時間 読者:793 人 文字数:5223字 お気に入り:0人
全てを奪われた時の勇者と、優しくて美しくて絶対的な女神ハイリア様のお話。 流血表現があります。 例によってお題は無視。いろいろあれ。 森の中を一人の青年が馬に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:silf*しるふ@てすと ジャンル:ゼルダの伝説 お題:愛すべき地下室 制限時間:1時間 読者:634 人 文字数:3406字 お気に入り:0人
聴唖(聞こえて喋らない)。失声症設定の「ムジュラの仮面」版リンクのお話。冒険のその後のお話。 タミルナの文字は表音文字らしいのでひらがな表記にしてみました。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かおりん ジャンル:ゼルダの伝説 お題:僕が愛した雲 制限時間:1時間 読者:511 人 文字数:297字 お気に入り:0人
ギラヒム「・・・」珍しくギラヒムが何もせずボーッと空を見ている。何をしているのか聞くと彼は軽く笑いギラヒム「見てわからないのかい?雲を見ているのさ」空を見ると確 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:女の育毛 制限時間:1時間 読者:722 人 文字数:1729字 お気に入り:0人
世界観は無双。そこに風タク組が乱入。大体ト書き御注意。●おこ魔王ズ「髪長くない」「袖揺らめかせてない」「「あと、顔付きが怖くない」」別に真後ろに別次元の本人が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ゼルダの伝説 お題:天国のオチ 制限時間:1時間 読者:755 人 文字数:2201字 お気に入り:0人
世界観は無双。そこへ風タク組が乱入しております。大体ト書き御注意。●乱闘開始「おーい。こっちのみんな~、これで一緒に遊ぼー!」唐突に何の脈絡も無しにスマブラwi 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉