ジャンル:テンミリオン お題:苦しみの友人 制限時間:15分 読者:481 人 文字数:360字 お気に入り:0人
[削除]

それを、友達と人は呼ばない

「俺とお前は友達だろ?」

 そうだね、ブロント。僕たちは友達だ。君が、僕を救い出してくれた。あのどうしようもない暗闇から。だから、僕は永遠に君の友達だよ。僕は、君のためになんでもする。
 君の敵は、僕の敵だ。君が悲しむなら、僕はその原因を取り除く。君が苦しむくらいなら、僕が代わりに苦しもう。

 なのに、何で、今。君は泣いているの? 苦しんでいるの? 僕が、君の代わりに痛みも苦しみも引き受けたのに。君のものだったはずの傷は、僕が全部受け取ったのに。君が泣くことなんて、何もないはずなのに。

「死ぬな、ブルース」

 涙がぽたりぽたりと、僕の顔に落ちる。霞む視界に映る君の顔は、見たこともないくらい哀しそうに歪んでいた。



 どうして? 僕は、僕自身が君を傷つける原因にだけは、決してなりたくなかったのに。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:来年の祖父 制限時間:15分 読者:60 人 文字数:564字 お気に入り:0人
平成最後の夏なのは、魔王城でも同じこと。偵察から帰ってきたウィスプが、来年改号することを知らせたのだ。「これほど重要な情報、探し出すのは困難だっただろう。褒め 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:ひねくれた微笑み 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:807字 お気に入り:0人
ブルースは変なところで笑う。 例えば私が仔犬を介抱してやると笑う。廃村に取り残された仔犬が哀れじゃないのか。それとも私がそんなに似合わないのかと、ねめつけるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:フォロワーの投資 制限時間:15分 読者:139 人 文字数:974字 お気に入り:0人
「フォロワー投資制度というのを作ろうと思うんですよ」 意識高い系のテミさんが眼鏡をクイっとさせた。「はあ、というと?」「討伐隊内にもそれぞれ憧れの人や尊敬してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:わたしの嫌いな教室 制限時間:15分 読者:113 人 文字数:273字 お気に入り:0人
この教室が好きだった。朝、登校すると必ずあなたが先にいて、窓際の席で本を読むあなたを一番に目にするのが好きだったから。 その金色の髪を朝の陽ざしになびかせて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:名前も知らない殺し屋 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:469字 お気に入り:0人
家族を捨てて街を出て、今では立派な富豪になった。長く辛い労働と、成り上がりへの信念を掲げて、新しい街でひとり生きてきた。成功できるかは賭けだったが、可能性があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:かゆくなる信仰 制限時間:15分 読者:157 人 文字数:633字 お気に入り:0人
テミやクロウの信ずる神は、実体を持たない。それに比べ、アマゾネスの信奉する神には姿があった。花の冠を被り、森を着こんだ女神の姿。アマゾネスの神とは、大地の精霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:小説の警察官 制限時間:15分 読者:114 人 文字数:840字 お気に入り:0人
「ピピー! 小説警察だ! お前の小説を検閲する!」 突然ブロントが部屋に押しかけてきた。私はちょうど趣味の小説を書いているところだったので、咄嗟に隠そうとしたが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:限りなく透明に近い錬金術 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:903字 お気に入り:0人
週末の朝やっているアニメ番組にはまった時期があって、まあ今も好きなんだけど、とにかく特にはまっていた時期があって、そのとき見ていたアニメのひとつに言葉を話せる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:ぐちゃぐちゃの男の子 制限時間:15分 読者:94 人 文字数:539字 お気に入り:0人
ああ、発作だ。リンは雪原に立ちすくむ。ここのところ安定していたから、気を緩めていた。けれど爆弾はいつだってこの胸を陣取っていた。意識しなかったわけではなかったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:彼女のお尻 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「妖精のケツってどうなってるんだろう」 ブロントが真顔で言った。「は?」 マゼンダは眉をしかめた。「知的好奇心がくすぐられないか? おまえだって学者なんだからこ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:弱い君 制限時間:2時間 読者:7 人 文字数:610字 お気に入り:0人
紫陽花組。少し腐向け注意かも。こいつは馬鹿だ。こんな時間に森に出歩くなんて。何も持たずに。家に居た私に内緒で。「気が付いて良かった…」何となく半身の部屋を見に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:急な春 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:366字 お気に入り:0人
紫陽花組。腐向け注意。春は好きだ。けど夏も、秋も、冬だって好きだ。冬はムシに会えないけど。いつの季節だって、君に会えることには変わりなんてないから。「もうすぐ春 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:僕の嫌いな私 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:291字 お気に入り:0人
今日も日課のムシ捕りに今日も半身を探しにナーエの森に向かう。木にハチミツを塗っていると森を歩き回っているとサクリ と草を踏む音がして振り返る先には半身が居た「お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ダンガンロンパ お題:不幸なあそこ 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:1490字 お気に入り:0人
「ねぇ、苗木君…」「どうしたの、霧切さん。」「あの…」私は彼に『あの事』を告げようとするが、言葉を詰まらせる。「いや、やっぱりいいわ。じゃあ、私は自室に戻るから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉