ジャンル:テンミリオン お題:苦しみの友人 制限時間:15分 読者:449 人 文字数:360字 お気に入り:0人
[削除]

それを、友達と人は呼ばない

「俺とお前は友達だろ?」

 そうだね、ブロント。僕たちは友達だ。君が、僕を救い出してくれた。あのどうしようもない暗闇から。だから、僕は永遠に君の友達だよ。僕は、君のためになんでもする。
 君の敵は、僕の敵だ。君が悲しむなら、僕はその原因を取り除く。君が苦しむくらいなら、僕が代わりに苦しもう。

 なのに、何で、今。君は泣いているの? 苦しんでいるの? 僕が、君の代わりに痛みも苦しみも引き受けたのに。君のものだったはずの傷は、僕が全部受け取ったのに。君が泣くことなんて、何もないはずなのに。

「死ぬな、ブルース」

 涙がぽたりぽたりと、僕の顔に落ちる。霞む視界に映る君の顔は、見たこともないくらい哀しそうに歪んでいた。



 どうして? 僕は、僕自身が君を傷つける原因にだけは、決してなりたくなかったのに。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:ひねくれた微笑み 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:807字 お気に入り:0人
ブルースは変なところで笑う。 例えば私が仔犬を介抱してやると笑う。廃村に取り残された仔犬が哀れじゃないのか。それとも私がそんなに似合わないのかと、ねめつけるが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:フォロワーの投資 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:974字 お気に入り:0人
「フォロワー投資制度というのを作ろうと思うんですよ」 意識高い系のテミさんが眼鏡をクイっとさせた。「はあ、というと?」「討伐隊内にもそれぞれ憧れの人や尊敬してい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:わたしの嫌いな教室 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:273字 お気に入り:0人
この教室が好きだった。朝、登校すると必ずあなたが先にいて、窓際の席で本を読むあなたを一番に目にするのが好きだったから。 その金色の髪を朝の陽ざしになびかせて、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:名前も知らない殺し屋 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:469字 お気に入り:0人
家族を捨てて街を出て、今では立派な富豪になった。長く辛い労働と、成り上がりへの信念を掲げて、新しい街でひとり生きてきた。成功できるかは賭けだったが、可能性があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:かゆくなる信仰 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:633字 お気に入り:0人
テミやクロウの信ずる神は、実体を持たない。それに比べ、アマゾネスの信奉する神には姿があった。花の冠を被り、森を着こんだ女神の姿。アマゾネスの神とは、大地の精霊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:小説の警察官 制限時間:15分 読者:46 人 文字数:840字 お気に入り:0人
「ピピー! 小説警察だ! お前の小説を検閲する!」 突然ブロントが部屋に押しかけてきた。私はちょうど趣味の小説を書いているところだったので、咄嗟に隠そうとしたが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:限りなく透明に近い錬金術 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:903字 お気に入り:0人
週末の朝やっているアニメ番組にはまった時期があって、まあ今も好きなんだけど、とにかく特にはまっていた時期があって、そのとき見ていたアニメのひとつに言葉を話せる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:ぐちゃぐちゃの男の子 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:539字 お気に入り:0人
ああ、発作だ。リンは雪原に立ちすくむ。ここのところ安定していたから、気を緩めていた。けれど爆弾はいつだってこの胸を陣取っていた。意識しなかったわけではなかったの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:彼女のお尻 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:488字 お気に入り:0人
「妖精のケツってどうなってるんだろう」 ブロントが真顔で言った。「は?」 マゼンダは眉をしかめた。「知的好奇心がくすぐられないか? おまえだって学者なんだからこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:知らぬ間の靴 制限時間:15分 読者:42 人 文字数:858字 お気に入り:0人
靴職人さんが寝ている間に、妖精さんが靴を仕上げてくれたことがあったらしい。そのことに気づいた職人さんはたいそう喜んで、毎晩机のうえにお礼のお菓子を置くようにな 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:メルクストーリア お題:幸福な場所 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:702字 お気に入り:0人
「そういえば、昨日の件は?」「昨日?」「ほら、エルバスの街で変てこな音がって」「ああ、あれね。いひひ」「無事に解決っていうかー。なんともなかったっていうかー」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティ! お題:消えた流刑地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:972字 お気に入り:0人
日菜のことを避け続けてきた。いつからだっただろうか。彼女が言うように、昔は、ほんの小さな頃は仲良く遊んでいた気がする。だけど、年の近いきょうだいだったら、多く 〈続きを読む〉