ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:楽しい夫 制限時間:1時間 読者:374 人 文字数:1572字 お気に入り:0人

リストカッテ・リストカッタ(途中) ※未完



「……来ちゃった、な」
 高校時代に使い込んだスポーツバッグを片手に、俺は仙台駅に降り立った。
 日差しが照りつける8月の半ば。暑くて仕方ないがそれでもコンクリ地獄で湿度が高い東京に比べればいくらかマシってモンだろう。
 俺が仙台に来たのは半分旅行感覚。一人旅ってヤツ? 大学入って初めて迎えた夏休みはバイト三昧で、それでも3日休みをもぎ取り仙台に来た。旅費はほとんど親戚の大人持ち。だって、この旅には目的があるからだ。
 半分は旅行感覚。じゃあもう半分はっていうと、刀探しだ。
 高1の夏、祖父は俺に「美しい刀」の存在と、刀の見方ってのを教えてくれた。その祖父がそろそろヤバいらしい。お迎えがすぐそこにまで来ていて、もうどうにもなりそうにないらしい。大病を患うこともなかったから天命だと思う。高1の時点でかなり元気がない風だったから、よくぞ3年生き延びたなって感じだけど、それは言うと流石にマズいだろう。
 弱り切ってあとは死を待つだけと祖父も割り切ってて、せめて最期に何かしてやりたいと考えた周囲は望みを何でも叶えてやると本人に言ったらしい。じゃあ最期にとびっきりのワガママ言ってやろうと、祖父は望みを包み隠さずにこう言った。

 あの名も知らぬ「美しい刀」に斬られて死にたい。

 事件じゃねーか。

 もうすぐ死ぬなら惚れ込んだ刀で斬り殺されたいって、あとちょっとで死ぬのにどうして待てないんだ。何でわざわざ不穏な方に持っていこうとするんだ。お迎え待とうよ。殺人事件にしようとすんなよ。
 斬りたいならまだしも斬られたいとは流石父、と息子を始め周囲は呆れを通り越して褒め称えたらしいが何をどう褒めるんだ。斬られたいって言ってんぞ、ドMだってこんなこと言わねーよ。お宅のお父さんかなり変態じみたこと言ってんよ? 誰か正してあげようよ。
 でも蛙の子は蛙とはよく言ったもので、ぶっ飛びすぎて木星辺りまで飛んでってるようなその望みを、親戚一同叶えてやることにしたという。誰か普通の人いないのか。祖父が離れで一人ひっそり暮らしていたのは祖父が奇人変人だからって教わったけどお前らも十分変だぞ。そこは叶えなくていい願いだろ。
 しかも、その願いを自分らで叶えるんじゃなくて俺に託すってんだからもうメチャクチャだ。自分らがうんって言ったんなら自分らで何とかしろよ。微妙に離れてる孫の俺に託すな。でも暇だろうと言われそこそこのお金握らされたら貧乏学生は揺らぐし、毎日電話掛かってきて親戚がお願いお願いってうるさいもんだから、もうお前行って来いよと親が俺を見捨てた。大事な一人息子なんじゃないですか。そんな簡単に俺を見捨てるんですか。手の中にある沢山の諭吉だけが俺の味方なんだって知った19の夏でした。
 さて、名も知らぬ美しい刀さんを見つけるために来た仙台。情報として挙がってるのが「東北、多分仙台にあるっぽい」「満月の夜に見かけた」「持ち主が刀持って一夜限りで歩き回ってる」という3点。祖父がウン年前に旅行した場所で見つけたというおぼろげな記憶を固めに固めて場所は仙台かなあと絞り込み、満月の夜に会ったから会える可能性が高いのが満月の夜かもしれないと予測し、その刀を持った人物を街中で見かけたって情報から会えるなら街中かもしれないと推測した。何一つはっきりした情報がない中、その刀見つけられたら奇跡だと思う。親戚もそれを知ってるし親もそれを見越して面倒臭そうに行って来いって言ったんだろうけど、みんな、肝心なことを忘れてる。
 その刀の持ち主を仮に見つけたとして、出会ったとして。
 祖父はその刀が「美しい」と知っていて。
 祖父の持論によると「刀が最も美しいのはモノを斬ってる時だ」ということで。

 俺、出会ったら斬り殺されるよねコレ?

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


見つかりませんでした。

あんでっどたしろぎの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:奇妙な小説 制限時間:1時間 読者:89 人 文字数:1948字 お気に入り:0人
こんな世界は嫌いです。 人間が化け物を化け物として崇め讃え、街の機構に組み込まれるならばまだしも。人間があの化け物を人間の枠に収めたまま崇め讃えるこんな世界が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:遠い罪 制限時間:1時間 読者:256 人 文字数:2098字 お気に入り:0人
架空のお祭りの話を黒大で。 大学在学中にどこかに旅行しようと提案したのが黒尾。だったら避暑として都内を離れようと提案したのが俺。 宮城に帰るのは旅行とは言わない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:絶望的な誤解 制限時間:2時間 読者:323 人 文字数:3252字 お気に入り:0人
道行くカップル、買い物をする夫婦。 あちこちに広がっている幸せの笑み。 甘い香りをさせた少年が横を通り過ぎてゆく。 さあ誰か。 俺に「運命」を教えてくれ。 今 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:見知らぬ克服 制限時間:30分 読者:329 人 文字数:1407字 お気に入り:0人
素敵な死体に出会いたい。 例えば水揚げされたての体。良い。ひんやりしていて抱き締めたくなる。 例えば首吊り後の体。良い。たるみ切った全てを私は受け入れたい。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:当たり前の昼 制限時間:30分 読者:383 人 文字数:972字 お気に入り:0人
信仰の形ってのは掃いて捨てる程にある。 例えば自然、例えば道具、例えば建物、例えば死人。教え導く神や仏もあれば、罰を与える鬼もいる。 この辺の集落の人間は岩に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
R-18,砂糖菓子 ※未完
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:くだらない裏切り 制限時間:1時間 読者:497 人 文字数:2561字 お気に入り:0人
だって、それが当たり前だと思っていたのだ。「……は、あ……、っん……」 容赦なく抉ってくるソレに身を捩って逃げようとするが、ぐいと腕を引っ張られてまた元の位置 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
よみがえり ※未完
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!!【腐】 黒大 お題:白い夜風 制限時間:30分 読者:313 人 文字数:1288字 お気に入り:0人
ざあっと生ぬるい風が吹いていく。遠くから太鼓と音頭がする。「どっかで盆踊りしてますネ」「そうですね。行ってみたいのか?」「いやあ、まあ、これを着たからにはねえ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:苦し紛れの始まり 制限時間:2時間 読者:381 人 文字数:3765字 お気に入り:0人
リンゴーン、建物中に広がる大きな鐘の音で一息。ペンを置きぐっと背伸びをすると体中がバキボキと音を立てた。食堂に近付くにつれ強くなるカレーの匂いが食欲をそそる。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:ハイキュー!! 黒大 お題:腐った大雪 制限時間:2時間 読者:482 人 文字数:3978字 お気に入り:0人
三千世界の烏は鳴いたか「朝を告げるは烏にあらず、夜を告げるは鶏にあらず」 腹回りの肉を地面に乗せてでっぷりとした黒猫が寝っころがって頬杖を突き空を見て嗤う。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あんでっどたしろぎ ジャンル:デュラララ‼ イザシズ お題:宗教上の理由で小説修行 必須要素:どんでん返し 制限時間:1時間 読者:499 人 文字数:972字 お気に入り:0人
薬指が何処かへ消えた。 朝起きて、気づいたら無くなってた。左の薬指だ。第二関節より付け根っ側の微妙な所できっぱりと。 寝惚けてんのかもしれないと顔を洗おうとし 〈続きを読む〉