ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:青い幻覚 制限時間:1時間 読者:390 人 文字数:1687字 お気に入り:0人

【プチ徐】悪魔や悪霊なんていないさ

子供の寝る時間より遅く、かといって大人が寝る時間にはまだ早い時間帯。けたたましく鳴らされた呼び鈴に眉を顰め玄関口に赴き不用心にもほどがあるが、玄関を開ければ強い衝撃がプッチの体にぶつかった。
とはいったものの、その衝撃は体を後方に吹き飛ばす威力もなければ視界を過るある意味見覚えのある独特な髪形をする影に怒りより疑問を抱いた。
何も言わず何も聞かない沈黙の時間が暫し流れ、見下ろした先にある髪が濡れていることに気づき玄関先でこのまま突っ立っていても仕様がないので濡れている徐倫の肩を抱きながら玄関の鍵を掛けた。
前触れもなしに訪れた嘗ての宿敵。一先ずソファに腰掛けさせ濡れ冷えた体の上に柔らかなタオルを被せる。小刻みに震える肩、両手を固く握り膝の上に置く光景に断固として動かない意思があるのかは如何でもいいとしていい加減体を拭かなければ風邪をひく。

「……はぁ」
肺に溜まった色々聞きたい思いをため息に変換させ排出したプッチの手が徐倫の頭に被せられたタオル越しに髪を拭く。タオルに隠され俯いた徐倫の表情は窺えない。拭きながら誘導尋問をしてもよかったが、彼女の口から事の顛末を聞くまでプッチはだんまりを決め込んだ。
「あんた神父でしょ?悪魔とか悪霊の類を退治できる、だろ…?」
恥ずかしくて徐々に窄まる徐倫の声にプッチの目が僅かに見開かれる。一般的に女性が一人で出歩く時間をとうに過ぎた時間帯にわざわざ敵対していた相手のもとへ訪れるものだからどんな早急を要したり大事なものかと思えば――。
視線を床下に向け合わせようとしない徐倫のやや脹れた顔にプッチはどっと疲れが込み上がる。
「――出来なくもない。だが、私は悪魔退治や除霊に特化した神父ではないのでね。余り期待しないことだ」
「期待もなにもない。あんたは神父だ、たとえ救いようのない下衆な野郎だろうが腐っても神父だろ?あんたの傍にいるだけで平気そうな気がすんだよ……」
「そもそもスタンドを使っておきながら子供だましの悪霊や悪魔が怖いだの馬鹿馬鹿しい。実際にそのようなものは存在しないというのに」
「存在しないってどういうことだよ」
すっかりいつもの調子に戻った徐倫に内心微笑みつつ、表情を崩さずプッチが気持ち落胆した声色で語る。
「以前テレビで悪魔祓いの番組を見ていたのだが、そこに出ていた老婆が毎夜悪魔に苦しめられ悪魔祓いをその世界では有名といわれる人物に依頼したのだ。そして、いざ悪魔祓いを開始すれば老婆が途端に苦しみだし悪魔の言葉であろう口汚い言葉をまき散らしながら暴れまわり、テレビの演出上派手な攻防の末めでたく悪魔を祓うことに成功した。ただ、老婆曰く悪魔に噛みつかれた噛み痕というのが、どう見てもダニに噛まれた痕でな。人の思い込みは改めて凄いと思ったものだよ」
「あ、あー…」
そんな声しか出せない徐倫に再び向かい合い殊更真面目な顔でプッチが言い放つ。
「故に君が恐れている存在というものはこの世には存在しない。だから、安心して家に帰りあたたかなベッドに潜り込んで寝ればい――」
最後まで言えず遮られたプッチであったが、背中に腕を回し抱き締めるというよりしがみ付いて離れない徐倫に再び嘆息を吐いた。
一体何を考えているのか分からない。されど、悪夢に怖がり魘され華奢な体を一層小さくして震える徐倫の背に腕を回せば額を擦り付ける感触が胸に広がる。
其処まで彼女を怖がらせるものの正体を是非知りたいところ。正体を掴めば今後何かに役に立つかもしれない。
「(しかし、今はこのままにさせておこう……)」
滅多にない徐倫からの接触。彼女に自身の匂いがしみ込むように抱きすくめ、自身も彼女の香りをすんっと嗅いだ。雨の湿った香りに交じるいい匂い。徐倫の香りに浸り、徐倫の体の柔らかさ、そして熱にプッチの目が眇められ緩やかに瞼を下した。
腰を引き寄せる腕を疑わず受け入れる。なんと無防備なことか。そうプッチが胸中悪態を吐いたところで子供のように怯える徐倫を蔑むどころか身を案じ落ち着かせる手つきと目つきは慈愛に溢れたものだった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:蒼宮雄太 ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:フニャフニャの音 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:765 人 文字数:1249字 お気に入り:0人
「ねぇエルメェス…」「ん?どうした?」暗い廊下を歩いているのは徐倫とエルメェス。FFがトイレに行ってから数時間帰ってこないため不安になり探しに来たのだ。そしてこ 〈続きを読む〉

チクチク目打ちの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:いわゆる逃亡犯 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1425字 お気に入り:0人
以前、頭の中にどっかの誰かが勝手に話し掛けていた頃をシドーはふと思い出していた。本格的にからっぽ島開拓に着手し始め毎日楽しそうに物作りをする姿は見ていて飽きない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島 お題:孤独な復讐 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:631字 お気に入り:0人
心の奥底から沸き立ち枯れることの無い破壊衝動。何もかも跡形すら残さず壊したい欲望のまま身を委ねた。全てを破壊しつくせよと頭の中で声が響く。振るう腕が何かを破壊す 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:猫の殺し 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:519字 お気に入り:0人
どうして設定した通りにならない。どうして思い通りにならない。この世界は私が作ったものなのになんでも思い通りに作り替えられない。勝手に動いて邪魔してどうしてどうし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:隠された彼女 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:609字 お気に入り:0人
とくに動物の類が苦手というわけではない。見た目も中身も猫に懐かれれば満更でもなかっただろう。ただ見た目が、見た目の方が裕太にとっては大問題だった。ソファに座った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:素朴な駄作 制限時間:30分 読者:33 人 文字数:1034字 お気に入り:0人
「にゃあ」それはとても可愛げが無さ過ぎて逆に可愛く思えると見せかけてやはりそうでもない成熟した男の声色だった。キャリバーの口から発せられた猫の鳴き声でよく表現さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:純粋な正義 制限時間:30分 読者:38 人 文字数:1373字 お気に入り:0人
記憶喪失になってから身に着いた習慣は常々侮れない。六花と内海と一緒に六花の母親が経営している喫茶店にとりとめない話をしながら店内に入った瞬間、裕太は何か違和感を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:SSSS.GRIDMAN お題:殺された性格 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:1661字 お気に入り:0人
日が暮れ夕食時に怪獣が現れたお陰で店に集まるのが大分遅い時間帯になってしまった。閉店時間が差し迫っているにもかかわらず店内は明るく裕太達が戻ってくるまで全員待っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:燃える彼女 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:931字 お気に入り:0人
その時、燦々と降り注ぐ太陽を反射させ扇状に広がる海水を頭からかぶった。「あんまり人魚を見くびってほしくないものね」頭からずぶ濡れになった元凶がおちょくるように空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:最弱の小説合宿 制限時間:30分 読者:45 人 文字数:964字 お気に入り:0人
微かなさざ波の音が段々とはっきり聞こえ始め意識が浮上する。目を開けようとした刹那、あまりにもの明るさに眩暈が起き目元を手のひらで多い庇を作った。軽く瞬きをくり返 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:チクチク目打ち ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 ストーン・オーシャン お題:思い出のもこもこ 制限時間:30分 読者:27 人 文字数:638字 お気に入り:0人
柔らかで優しい月の光、星の光を容易く遮り覆う分厚い雲から降り注ぐ大粒の雨冷たく、不規則で暴力的な閃光と轟音を轟かす雷すら蠢く暗闇化した海が飲み込みうねる。巨大な 〈続きを読む〉