ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:混沌の消しゴム 制限時間:15分 読者:335 人 文字数:838字 お気に入り:0人
[削除]

カオスの消しゴム


テスト時間二時間目現代文。
サワムラダイチは非常に困った展開を迎えていた。
特別進学コース通称特進に所属しているサワムラダイチは当然であるが頭が良い。
ましてや現代文、答えが文章の中にあるから楽だと高をくくっていた。
当然勉強もしてきたし勝てると確信していた。
ここまでの文章の成り行きで大体のことが察しが付くかとは思うがサワムラダイチは自身の才能を過信しすぎていたのである。

文章問題、抜き出し、15文字以内。
どうしてもサワムラダイチの回答は17文字になってしまうのである。
句読点を端折るというのも考えたが、完全文抜出しと問題に書いてある故頭をひどく悩ませている。
今までにも何問か自信がない問題があったため正直ここは当てておきたいところ。
たった二文字、「、」と「は」を抜けばいいと思いはするのだが話の成り行き完全回答、その選択はない。
実際まったく関係ない部分で本来の回答は別なのではないのかとも思ったのだがどうにも納得がいかない。
そこだけ若干色が変わったテスト用紙はサワムラダイチをどんどん追い詰める。
ここを空欄にするのは気が引けた。もしかしたら三角1点なんてもらえたらどうしようかと。
斜め前の席のスガワラコウシは読解が得意なのか結構すらすら書き進めている。
スガワラコウシには負けてはならない、関係ないといわれればそこまでだがサワムラダイチはみんなの上に立つというプライドがあった。

コンコン。
床にサワムラダイチの消しゴムが落ち、スガワラコウシの椅子の下に転がっていく。
気づいたのかスガワラコウシはテストの回答を書きながら、右手で俺の机に消しゴムを置いた。
サンキュと小さい声で言うとスガワラコウシはペンを置き右手で軽く手を振った。

テスト終了。
どうだった?と聞いてくるスガワラコウシにサワムラダイチは「結局問8はわからなかった」といった。
スガワラコウシの左手には最近新調したばかりの腕時計がチクタクと次のテスト開始までの時間を刻んでいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:珠月 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:薄汚い野球 制限時間:1時間 読者:199 人 文字数:594字 お気に入り:0人
俺は、ずっと一人でコートに立てると思ってた。そう言うと、「九メートル四方の我世界、って奴だね。」と言われた。最近いよいよ油断ならなくなってきた眼鏡のセリフである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なのかまど ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:名前も知らない夏休み 制限時間:2時間 読者:321 人 文字数:4069字 お気に入り:0人
及影(+及岩?)「及川さん?」目を覚ました時、そこにいるはずの人がいなかった。本当にいなくなってしまったら? と考えて急に不安になる。「どうしたの、飛雄」当人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:愛、それはにわか雨 制限時間:1時間 読者:434 人 文字数:286字 お気に入り:0人
しとしとと降る雨。傘を持ってきていなかった人には苦痛である。「あっちゃぁ•••傘持ってきてないよ•••。」「俺は•••あった!」「影山•••持ってきてたんだ。意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:苦し紛れの昼 制限時間:2時間 読者:699 人 文字数:422字 お気に入り:0人
今はお昼。ここは、お昼真っ盛りの梟谷学園高校。今日も今日とて、梟谷学園高校バレー部は騒がしい。「昨日さー、駅でなんか•••背の高い男二人が恋人繋ぎしてたんだよ• 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:緩やかな遭難 制限時間:30分 読者:554 人 文字数:752字 お気に入り:0人
影山サイド「うわぁ•••。」俺は日向と月島と山口で登山しに来たはずだ•••けど。「何で遭難してるんだよ?!」「影山落ち着いて!」落ち着けるかぁ!好きなやつと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穏やかじゃないですね雪弥さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:禁断のお茶 制限時間:30分 読者:596 人 文字数:524字 お気に入り:0人
※ヤンデレ気味の赤葦×木葉※年齢操作してる「木葉さん、久し振りに会いませんか?」突然、赤葦からそんなメールが届いた。珍しいな、と思いつつも『おう、了解』と返事を 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:アイドルマスターSideM お題:出来損ないの冤罪 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1195字 お気に入り:0人
「ジュンはさ、好きな人とかいる?」長机の斜向かいから飛んできた声に卵焼きを挟んだ箸が宙で停止した。「はい?」時は昼、話はさっきまでは次のライブの演出についてだっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:高崎ナル お題:今日のゲストは薔薇 制限時間:30分 読者:9 人 文字数:1012字 お気に入り:0人
「ふう…」真っ赤な椅子に居座るのは少し身分不相応なまるでスラム街の孤児のような男。ギィ…となんとも立派なドアが開き、そこから1人の可憐な少女が顔を出す。「おや。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:大逆転裁判 お題:魅惑の曲 制限時間:15分 読者:16 人 文字数:407字 お気に入り:0人
「ねえ、何か歌ってよ」親に捨てられた身の上というのに、イーストエンドの子供たちは夜になると子守歌をしつこくせがんだ。潤んだ大きな眼、服の裾を掴む思いのほか強い力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:間違った職業 制限時間:30分 読者:28 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「俺は刀剣男士だ」「そうだね」「なのになんで畑仕事なんかやる必要があるんだ……」和泉守兼定はため息をついて鍬の刃先を地面にさした。まだ手をつけていなかった畑の土 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪とアルケミスト お題:楽しい爆発 制限時間:30分 読者:31 人 文字数:737字 お気に入り:0人
遠くから、きゃーっ、と誰かが叫ぶ声が聞こえた。それも複数。ただその声音は、切羽詰まった助けを求めるようなものではなく、元気で楽しげなもの。それなら気にしなくても 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:スーパーダンガンロンパ2 狛日 お題:かたい雑草 必須要素:恋愛要素以外 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:921字 お気に入り:0人
「狛枝!今日はお前は草むしり当番だ!」いきなりコテージの扉を開け日向クンがそう言い放ったのは約15分前。昨日ボクはなにかやらかしただろうか。もしそのバツなのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:イケメン戦国 お題:天才の死 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:769字 お気に入り:0人
知らなかった。こんな世界があること。うだるような暑さの中、家康は人里離れた山奥を一人で歩いていた。あたりに人影はなく、ただ波のような蝉の鳴き声だけが一面を覆い尽 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
母との約束 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ミイラの飼い方 お題:昔の母 必須要素:生理 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:473字 お気に入り:0人
こ「空良いこと空が幼少期の時?あなたが女の子って言うことは誰にも言ってはいけないわ」空の母ひまわりは悲しそうな顔で最愛の愛娘空にそう告げた。「どうして?」空は不 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
家路 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:A3 お題:茶色い「えいっ!」 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2973字 お気に入り:0人
プツン、と音がした。それは、心が切れる音だった。目の前ではバツの悪い顔をした姉。唇を噛み締めて顔を歪めている。今にも泣き出しそうだ。「アンタが悪いんじゃないっ! 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
賞味期限 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:D.Gray-man お題:許せない悪魔 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:407字 お気に入り:0人
誰かを愛する心に賞味期限があるように、「憎しみ」という感情にも賞味期限があるんだよ。 チャオジーがまだアニタの元で水夫の仕事をしていた頃、年老いた先輩の水夫が 〈続きを読む〉