ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:混沌の消しゴム 制限時間:15分 読者:378 人 文字数:838字 お気に入り:0人
[削除]

カオスの消しゴム


テスト時間二時間目現代文。
サワムラダイチは非常に困った展開を迎えていた。
特別進学コース通称特進に所属しているサワムラダイチは当然であるが頭が良い。
ましてや現代文、答えが文章の中にあるから楽だと高をくくっていた。
当然勉強もしてきたし勝てると確信していた。
ここまでの文章の成り行きで大体のことが察しが付くかとは思うがサワムラダイチは自身の才能を過信しすぎていたのである。

文章問題、抜き出し、15文字以内。
どうしてもサワムラダイチの回答は17文字になってしまうのである。
句読点を端折るというのも考えたが、完全文抜出しと問題に書いてある故頭をひどく悩ませている。
今までにも何問か自信がない問題があったため正直ここは当てておきたいところ。
たった二文字、「、」と「は」を抜けばいいと思いはするのだが話の成り行き完全回答、その選択はない。
実際まったく関係ない部分で本来の回答は別なのではないのかとも思ったのだがどうにも納得がいかない。
そこだけ若干色が変わったテスト用紙はサワムラダイチをどんどん追い詰める。
ここを空欄にするのは気が引けた。もしかしたら三角1点なんてもらえたらどうしようかと。
斜め前の席のスガワラコウシは読解が得意なのか結構すらすら書き進めている。
スガワラコウシには負けてはならない、関係ないといわれればそこまでだがサワムラダイチはみんなの上に立つというプライドがあった。

コンコン。
床にサワムラダイチの消しゴムが落ち、スガワラコウシの椅子の下に転がっていく。
気づいたのかスガワラコウシはテストの回答を書きながら、右手で俺の机に消しゴムを置いた。
サンキュと小さい声で言うとスガワラコウシはペンを置き右手で軽く手を振った。

テスト終了。
どうだった?と聞いてくるスガワラコウシにサワムラダイチは「結局問8はわからなかった」といった。
スガワラコウシの左手には最近新調したばかりの腕時計がチクタクと次のテスト開始までの時間を刻んでいた。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:珠月 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:薄汚い野球 制限時間:1時間 読者:230 人 文字数:594字 お気に入り:0人
俺は、ずっと一人でコートに立てると思ってた。そう言うと、「九メートル四方の我世界、って奴だね。」と言われた。最近いよいよ油断ならなくなってきた眼鏡のセリフである 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なのかまど ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:名前も知らない夏休み 制限時間:2時間 読者:351 人 文字数:4069字 お気に入り:0人
及影(+及岩?)「及川さん?」目を覚ました時、そこにいるはずの人がいなかった。本当にいなくなってしまったら? と考えて急に不安になる。「どうしたの、飛雄」当人は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:愛、それはにわか雨 制限時間:1時間 読者:483 人 文字数:286字 お気に入り:0人
しとしとと降る雨。傘を持ってきていなかった人には苦痛である。「あっちゃぁ•••傘持ってきてないよ•••。」「俺は•••あった!」「影山•••持ってきてたんだ。意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:苦し紛れの昼 制限時間:2時間 読者:762 人 文字数:422字 お気に入り:0人
今はお昼。ここは、お昼真っ盛りの梟谷学園高校。今日も今日とて、梟谷学園高校バレー部は騒がしい。「昨日さー、駅でなんか•••背の高い男二人が恋人繋ぎしてたんだよ• 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白城美香@零泉沼 ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:緩やかな遭難 制限時間:30分 読者:642 人 文字数:752字 お気に入り:0人
影山サイド「うわぁ•••。」俺は日向と月島と山口で登山しに来たはずだ•••けど。「何で遭難してるんだよ?!」「影山落ち着いて!」落ち着けるかぁ!好きなやつと二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:穏やかじゃないですね雪弥さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:禁断のお茶 制限時間:30分 読者:637 人 文字数:524字 お気に入り:0人
※ヤンデレ気味の赤葦×木葉※年齢操作してる「木葉さん、久し振りに会いませんか?」突然、赤葦からそんなメールが届いた。珍しいな、と思いつつも『おう、了解』と返事を 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀さに おてさに お題:急なハゲ 必須要素:ヤクザ 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1762字 お気に入り:0人
※刀さに♂です。カップリング要素ないです。※飽きた「ハゲた」「朝からやめてくれよ主~」 朝、小鳥のさえずりとともに俺は御手杵の元へ走った。今月の近侍担当である彼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 刀さに お題:明るい屍 必須要素:複雑なストーリー展開 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:845字 お気に入り:0人
そこに残っていたのは少女の体だった。その周りには様々な花が散りばめられている。菊と、カスミソウと、マーガレットと、そして何より彼女の名前の花が一番多かった。花 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病人の食卓 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ドロ刑 お題:不本意な食堂 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:893字 お気に入り:0人
体調を崩した。斑目勉はベッドに突っ伏しながら、自身の頭を苛む鈍痛を堪えた。原因は簡単だ、職務故の日頃の不摂生が祟ったとも、蓄積された疲れが一気に押し寄せたとも言 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼灯の冷徹 鬼白 お題:栄光の傘 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:963字 お気に入り:0人
貴人が行く。お供のさしかける大きな日よけ傘の下、真白の錦の着物に、鮮やかなうちかけ、金の刺繍が、びっしりと精細に込められた 白い帽子の下には白い顔、唇にさしか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:栄光の靴 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:396字 お気に入り:0人
太くて角ばった指が器用に蝶々結びを作った。彼の手は魔法みたいだ。ほどけた靴紐を踏んづけて転んだせいで、俺は泥まみれだ。擦りむいた手のひらがヒリヒリと痛くって、涙 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/grand order お題:真実の眠り 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:355字 お気に入り:0人
「死んだときのことを覚えていますか?」あの橙の髪の毛の人間がそう私に問いかけてきたのは、確か竜の魔女を倒した直後、だっただろうか。女神として、たおやかに、しゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:創作論破 お題:死にぞこないの体験 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:427字 お気に入り:0人
轟音、飛び散る赤。隣にいた人が消えた。足元には水たまりができていた。人々がざわめく、悲鳴が聞こえる。救急車、警察と叫ぶ声が聞こえる。視線を下に落とすと厚さ10c 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ワールドトリガー【腐】 お題:100の狙撃手 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:1210字 お気に入り:0人
「…ん?ここはどこだ?あ、あれは玉狛の…」「あ、出穂ちゃんの師匠の…当真先輩」「おー雨取だ!どうだ?出穂とは仲良くしてやってるか?」 「出穂ちゃんとは相変わらず 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:龍が如く お題:理想的な魔王 必須要素:ペペロンチーノ 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:424字 お気に入り:0人
「ペペロンチーノって唐辛子って意味なんやで」 昼飯時。神室町ヒルズに出来る予定のカフェダイナーの主人が挨拶代わりにと出前してきたスパゲティのペペロンチーノを食べ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:モ腐サイコ100 お題:意外な春 制限時間:1時間 読者:21 人 文字数:693字 お気に入り:0人
「あ、雪だ」不意に兄さんが呟いた。僕は、「え?ほんと?」と窓の側にいる兄さんに近づいた。なるほど確かに外には雪がしんしんと静かに降っていて、家の前のコンクリート 〈続きを読む〉