ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:急な君 制限時間:15分 読者:444 人 文字数:1012字 お気に入り:0人

真夜中の声

家族が寝静まった時間の着信は、いつも高尾からだった。非常識な時間だとわかっているのか、電話に出れば、遅くにすみません、と言う。そして俺は、どうした、と問うのだ。それから沈黙がある。長さはまちまちだ。数秒であることも、数分であることもあった。簡単に言うと、高尾は俺に愚痴を零すために、夜分遅くにすみませんと前置きをして話し出すのだ。
このことについて、誰にも話していなかった。緑間あたりに愚痴を零したところで、正論を滔々と述べられるだけなのだろう。愚痴は愚痴で、吐き出さなくてはならないのに、正論を言われてはそこで言葉は止まってしまう。だから高尾は俺に電話してくるのだ。受け止めてもらえるとわかっているから。
どうして俺が高尾の愚痴を受け止めるかといえば、それが彼と自分の役割だと自覚しているからだった。俺は高尾が愚痴をこぼしたいなら、いつだったそれを聞くと決めていた。何時だろうがいつだろうが、高尾をできるかぎり優先することにしていた。これは俺だけの決意だった。高尾は知らない。けれど、以前というか、初めて高尾が俺に連絡してきた時、それは夜中の12時過ぎだった。その時俺は、いつでも聞いてやるから、愚痴がたまったら電話をして来い、と言った。それを守ろうとしているだけだった。俺は約束を違えるのは嫌いだ。
高尾に対して、高校の先輩後輩という仲だけでそこまでしているかというと、その理由は半分くらいだった。あとの半分は、それこそ自分のためだった。高校3年の卒業式、彼に告げるとも無く告げた告白を、それまで確信を持てずに為すがまま受け入れていた高尾は、目を丸くして驚いていた。やっぱり驚くのか、と内心寂しく思ったけれど、自分もふざけ半分でそれまでの言動をごまかしていた部分もあったので、それはおあいこなのだろう。
それでも高尾は、何度目かの愚痴の後、二人で居酒屋で飲んだ帰り道、宮地さんの声聞くとほっとするんです、と言った。その言葉はとても嬉しく、思わず、俺もだ、と答えそうになったのを堪えた。先輩として、それを言うのは恥ずかしかった。先輩でなければ言っていただろう。しかし先輩でなかったら高尾とそうやって居酒屋に行くことも、愚痴を聞くことも、彼に恋することもなかった。だから先輩であることを後悔したことは無かった。高尾と出会えたことを後悔したことは無かった。
宮地さんの気持ちがわかった気がします
数分後、高尾はそう切り出した。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:簡単な運命 制限時間:15分 読者:476 人 文字数:801字 お気に入り:0人
ばしんといい音がした。音がした方が痛くないとかいうけど、アレは嘘だな、と思う。おにーちゃんたちは大変だな裕也さんはそう言って俺を送り出した。明日には戻りますんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:勇敢な女 制限時間:15分 読者:445 人 文字数:934字 お気に入り:0人
んだよ、もー、ひでーよ真ちゃん、と緑間に飛びついて危うく後ろに倒しそうになった。何をするのだよ、貴様、と緑間がかろうじて体勢を戻してくれたおかげでもろとも倒れな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:悲観的な道 制限時間:15分 読者:483 人 文字数:925字 お気に入り:0人
やめておいた方がいいですって……高尾は諦めたように腕から力を抜いた。敵わないと思ったのだろうか。もちろん、それだけではないだろう。今までの自分たちの付き合いを壊 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:東京の信仰 制限時間:15分 読者:477 人 文字数:797字 お気に入り:0人
それを抱きしめたのはいつぶりだったろうか。宮地の腕の中に高尾はいた。全力で抗おうとするのをこちらも全力で止めた。腕力と筋力は、どうやら自分の方があったようだ。宮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:朝の水 制限時間:15分 読者:574 人 文字数:792字 お気に入り:0人
人が動く気配がして目が覚めた。誰かが自分の部屋にいる。記憶を掘り起こす。まぶたを上げる。天井近くまで目を上げると、ようやくその人の頭が見えた。宮地さん。あれ、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:遠い妻 制限時間:15分 読者:552 人 文字数:650字 お気に入り:0人
無茶なことを、とは思ったが、目の前の男は周囲から言われるほど口だけの男ではなかった。大学はどうするのだよ通うさ。ちゃんと卒業するよ、そりゃあそうか、そうだな。当 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:裏切りの霧雨 制限時間:15分 読者:604 人 文字数:731字 お気に入り:0人
自分の姓を呼ぶ宮地の声がした。ぱしゃと水溜りを踏みつけて、彼は駆け寄ってきた。傘くらいさせ、と彼は言ったが、そういう彼もパーカーの帽子を被っただけで、傘など持っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:闇の犯人 制限時間:15分 読者:539 人 文字数:794字 お気に入り:0人
いや、そうではないだろう、と高尾は自問した。宮地のアパートは1Kで、その一つだけの部屋にベッドが置かれているのだ。逃げ場はほとんどなかった。何で来たんだっけ。何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:正しい監禁 制限時間:15分 読者:529 人 文字数:858字 お気に入り:0人
自覚した時から決めていた。つかず離れずという場所に居ようと。あの表向き元気いっぱいな俺を演じてるようで演じてるわけでもなく、周囲への気配りをしているようでしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 宮高 お題:理想的な成熟 制限時間:15分 読者:550 人 文字数:677字 お気に入り:0人
酔っ払っているわけでもなく、真夜中は0時過ぎ、高尾は電話口で言った。相談したいことがあるんですけど。SIerに終電はねーっすよ、と元気に言っていた一週間前とは違 〈続きを読む〉

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉