ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:イギリス式の大地 制限時間:15分 読者:323 人 文字数:773字 お気に入り:0人

談義

力は根の先を想定する
父は不思議なことをいう人だった。少なくとも教科書には載っていない。
盲人の杖のようなものだ
真太郎さんは、そんな父と不都合なく話が出来る人だった。ただの草むしりがいつの間にか違う話になる。僕は彼らの話を聞く。キャッチボールが続く。父の話のほうが長いのかと思えば、真太郎さんが話し続ける。真太郎さんの声は父より低く、父の声も時折、いつもより低くなる。二人の会話は正解よりは、お互いの納得によって終了する。
僕は根を引っ張る。地面にロープを張ったように、右から左へと、始まりの分からない根が張っている。この家は古いけれど、手入れはされていた。ただ、家の裏手、明治期に井戸として使われ、昭和期には使われなくなったこの場所は、それほど手入れされていなかった。草が生い茂っていた。地面にびっしりと生えた草を、父は気にしていたようだった。
明日、三鷹に行く
昨晩、父が帰宅し、ネクタイを緩めながら言った。三鷹というのは真太郎さんの持ち家だった。別荘といった方がいいのだろうか。ただ、真太郎さんより父のほうが、その家を使用していた。その家には庭があり、父がその庭の手入れをし、時には木の配置を変えたり、庭石を増やしたりしていた。
うん
三鷹の家には猫がいた。僕はその猫と仲良くなりたくて仕方が無かったが、猫は僕に興味がなかった。興味がないだけならいいのだけど、僕を嫌ってもいるようだった。
軍手が必要だ
軍手
井戸を綺麗にする
あの井戸を使えるようにするの?
それはまだ思案中。草が生い茂っているから、それを避けて、敷石を並べる
ふうん
父は庭師にあこがれた時期があったらしい。
この庭はお前の父親の遊び場だ
父が植木の手入れを延々としている姿を縁側から眺め、真太郎さんは言った。そして、まったく、子どものような顔をしている、と微笑んだ。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:フォロワーの紳士 制限時間:15分 読者:313 人 文字数:885字 お気に入り:0人
だって征十郎にはきな臭いものを感じるんだもの、と尚子は戸惑ったように言い返してきた。征十郎さんのどこがきな臭いのよ尚子はきっと間違った言葉を使ったのだろうと思っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おうか ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:永遠の視力 制限時間:15分 読者:559 人 文字数:707字 お気に入り:0人
赤司に良く似ている幼い頃から父の知り合いに育てられていたので、そう言われ続けていた。そして僕が人生の主役になった頃、彼らはそう言わなくなっていた。そして彼らが人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:メジャーなダイエット 制限時間:15分 読者:590 人 文字数:701字 お気に入り:0人
比較対象が傍にいるのが良かった。千明は鏡の前で自分の身体を眺めた。しかも横から。おなか周りがどうも宜しくない。ぽっこりとまではいっていないが、あきらかにアンバラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:彼女と広告 制限時間:15分 読者:484 人 文字数:767字 お気に入り:0人
CMに流れたワンシーンを切り出したポスターを眺め、千明は別人の顔を眺めるようにその人を見た。シンデレラガール、とかはぁ?尚子が飽きれたようにこちらを見た。ああ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:愛の嘘 制限時間:15分 読者:522 人 文字数:685字 お気に入り:0人
お父さんはお母さんのことが好きだったの?息子のその問い掛けに、父もこういう場面に遭遇したことがあったのかもしれない、と赤司は思った。好きだったよどんなふうに?ど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ヒアリング ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:賢い唇 制限時間:15分 読者:467 人 文字数:690字 お気に入り:0人
何を見たの、と千明が気分を和らげようと聞いてきたのが分かった。何でもない。尚子は首を振った。そして、千明の手首をつかんで、部屋に戻ろうとした。何? お父さんと征 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:思い出の恋 制限時間:15分 読者:511 人 文字数:628字 お気に入り:0人
まあ、あれだ。高尾さんが誤魔化すように言った。俺、真ちゃんの大ファンだから。僕も真太郎さんのことは尊敬しています。――でも、違うでしょう?誤魔化されないように、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:12月の霧雨 制限時間:15分 読者:468 人 文字数:759字 お気に入り:0人
息災にしていたかい?すべてが終わってほっとしたのか、征十郎は茶川に優しく声を掛けた。幼い頃から、それこそ産まれた時から、中学の頃まで、毎日顔を合わせていた。主人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:都会のセリフ 制限時間:15分 読者:536 人 文字数:609字 お気に入り:0人
そんなに年上なの?と、尚子が目を丸くした。付き合うとしたって、それじゃ話題合わなくない? 趣味が同じなの?趣味っていうか、その人と一緒ならどこでも楽しいよ。色ボ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ネゴシエイト ※未完
作者:かみむら ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:誰かの団地 制限時間:15分 読者:544 人 文字数:751字 お気に入り:0人
初めて会ったというのに、緑間真太郎は俺の姿を認めると目礼してきた。征十郎のことだ、事前に俺の存在を彼に伝えていたのだろう。場所を移しますか、という問いに、俺は頷 〈続きを読む〉

かみむら@Promptの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ モブ お題:つらい殺人 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:696字 お気に入り:0人
浮かれているのは自分より父親だった。それこそ鼻息を荒くして、ああだこうだと、何かに付けて騒いでいた。さすが江戸時代から続く呉服屋、結納の品がすばらしい、茶道も日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:出来損ないのラーメン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:712字 お気に入り:0人
面白いネタから面白くないネタまで、玉石混交で送られてくるSNSのメッセージだった。まめにチェックはしない。一日の終わりに、たまに長めの休憩がとれた時に、新着マー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:傷だらけの耳 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:713字 お気に入り:0人
手ぬぐいを押し当てられた。いっ……ごめん。でも、けがで、血が……誰のせいだ、と言ってやりたかった。これはお前がつけた傷。お前がこの三日間のうちのどこかで付けた傷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
島貴族にて2 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ パラレル お題:打算的な運命 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:838字 お気に入り:0人
彼は辺りを見回しながら、案内された席まで進んだ。慣れてないんだろうな彼を誘ったのは勢いだ。実は冗談でもあった。目の前にあった島貴族。もう入ろうとしていたのだ。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:許せない極刑 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:628字 お気に入り:0人
会場は第二会議室目が合った男は、それを聞いて首をかしげた。健康診断でない?男はわずかに微笑んで首を振った。いや、俺は協力会社の人間だからそれは失礼ある程度の企業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
まつがねの ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:汚れた境界 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:723字 お気に入り:0人
だーいちゃん、と後ろから声を掛けられた。屋上への階段を登り終えて、ちょうど扉を開くところ、そこでスマホが震えたので足を止めた。声を掛けられたからではなく、スマホ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 黛葉 お題:すごいうどん 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:772字 お気に入り:0人
お代わり、と五回目の声が聞こえた。わんこ蕎麦じゃないんだからそう言ったのは実渕だった。蕎麦って腹にたまんねーな!そう言って根武谷はガハハと笑った。(こいつ、蕎麦 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:意外な社会 制限時間:15分 読者:41 人 文字数:807字 お気に入り:0人
緑間はこちらを見つめ、自信の無い口調で言った。いけまさん、ですか?赤司からだろうか。それとも小野からだろうか。こちらの名前を知っているようだった。はい。そうです 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ある日の14 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ お題:走る罪人 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:670字 お気に入り:0人
何もわかっていないと言われているようなものだった。それでも、俺は真太郎を招き入れるために、玄関へ向かった。下働きの者たちが彼を眺め、声を掛けるわけでもなく、ちら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
押しかけっ子 ※未完
作者:かみむら@Prompt ジャンル:黒子のバスケ 子ども世代 お題:黒尽くめの百合 制限時間:15分 読者:33 人 文字数:692字 お気に入り:0人
こればっかりは親に感謝、ということなのだろう。何を着ても美人は美人。それこそ布一枚だって、それは変わりない。ミュシャの絵の女性たちもあきらかに布しかまとっていな 〈続きを読む〉