ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:寒い儀式 制限時間:15分 読者:311 人 文字数:736字 お気に入り:0人
[削除]

にょわにょわホテル

「ええ・・・すみません。大雪の為交通規制となっておりまして・・・ええ。申し訳ありません。では本日は・・・」

Pちゃんが横で電話をかけている。明日のイベント、この大雪で中止になっちゃうのかな・・・。

私たちは今日何県は離れた先へのイベント会場に移動中だったんだけど、今朝からの大雪で立ち往生をしてしまって、

今日は会場に辿り着けずリハも中止、事務所に戻ることもできず今夜は出先で待機とPちゃんから伝えられた。

はわわ、けどけどぉ・・・

「Pちゃん・・・?」

「はい、なんでしょうか?」

「今日のお泊りって・・・ほんとに・・・ここ・・・なのかに・・・?////」

「・・・ええ、本当に、申し訳ありません・・・。この雪でこれ以上移動することもできず、近場だとここしか空きが・・・。

もし不快でしたら車の中でも構いませんが・・・さすがにしっかりした寝床があるほうが、諸星さんにも宜しいかと思い・・・。」

「ん・・・んーん。Pちゃんが謝ることじゃないにぃ・・・」

「もちろん私は車で休みますので・・・!!諸星さんはお気になさらないでしっかり体をやすめてください・・・!」

「そ、そんなぁ!Pちゃんそれはダメ!ダメだよぅ!!Pちゃんが風邪引いちゃうぅ・・・」

「私は大丈夫です。諸星さんが安心して・・・」

「Pちゃんが外で休んでたら私が安心して休めないよう!私は一緒でも気にしないから!Pちゃんも一緒にお部屋でやすもっ!?ね!?」

「ですが・・・」

「だいじぶだいじぶ!おっすおっすバッチシ!一緒ににょわーーってあったまろ!?」

「・・・申し訳ありません」

「(・・・ど、どうしよ。Pちゃんと二人きりで・・・ホテル・・・にょ、にょわー)」




同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:どうかげP ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:殺された正月 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:327字 お気に入り:0人
目を覚ますと、惨憺たる状態だった。「うぅ…頭がいたいですよ……」当たりを見渡せば、転がるビール缶、食べっぱなしのお節、それからお蕎麦の丼…。そして、佐藤心、姫川 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいねまいご ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:正しい星 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:1212字 お気に入り:0人
「わぁ……」森久保は目をキラキラと輝かせ、夜空に広がる満点の星空を眺めていた。「プロデューサー……、星が、綺麗です」「ああ、そうだな。森久保」振り返って、功労者 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:入野井 羊 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と靴 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:460字 お気に入り:0人
「明日の準備は出来てるー?」声が響く。リビングにいるお母さんだ。「今荷物の確認しててるところー!」明日は引っ越し当日。そのための準備をしている。とはいえ荷造りは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:きなこもち ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:鳥の死 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:550字 お気に入り:0人
事務所へ向かう途中に白菊ほたるは、道端で鳥の死体を見つけた。嫌なものを見てしまったと自分の不幸を呪ったが、同時に可哀想だという思いも湧き上がった。しかしほたるは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:橙葵【歌姫13:姫47】 ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:彼と誰か 制限時間:15分 読者:466 人 文字数:781字 お気に入り:0人
たとえば普通に男の子と出会って、恋なんかしちゃって、なんやかんやあって結婚して子供が生まれて、ベッドのわきに孫が立っていて、っていうのはきっと幸福な人生の一つ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:『過負何』 ◆muOlzNYfS. ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:有名な扉 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:519字 お気に入り:0人
事務所の地下には大きな重い扉がある。事務所探検をした何も知らないアイドルたちが、開けようとしてちひろさんに怒られているのをしばしば見かける。なんでも、重大な物等 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りおん@ミリオンありがサンキュー! ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:小説家の部屋 制限時間:15分 読者:336 人 文字数:408字 お気に入り:0人
さらさらと、原稿用紙に言の葉が紡がれる音だけが部屋に響く。……というのは昔の話で、今はパソコンのキーボードを打つカタカタという音が響くのが一般的らしい。ちょっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほしこ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:ひねくれたカップル 制限時間:15分 読者:416 人 文字数:964字 お気に入り:0人
じゃあ行くからね、と身を翻しかけたところで、くっと背に重力がかかった。見やると袖のあたりが後ろに引っ張られ、その方向へ視線を辿ると腕をめいっぱい伸ばした彼女が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アズマ@ピンクさん ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:10の発言 制限時間:15分 読者:506 人 文字数:393字 お気に入り:0人
「ねぇ、プロデューサーにさ…イジワルしてみない?」「……イジワル?」 レッスンが終わって早々、未央は私と卯月に提案する。 息が切れていた卯月は、声を途切れ途切れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:れんげ ジャンル:アイドルマスターシンデレラガールズ お題:オレだよオレ、監禁 制限時間:15分 読者:472 人 文字数:717字 お気に入り:0人
電話が鳴っている。どうやらちひろさんは手が離せないらしく、俺が電話対応することになった。出てみると――「オレだよオレ、監禁されてるんだけどちょっと身代金くれねぇ 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:BanG Dream! お題:不本意な夫 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1649字 お気に入り:0人
山吹亘史が、やまぶきベーカリーを軌道に乗せるまで、なにも苦労しなかったわけではない。 全国各地で、商店街の空洞化が叫ばれる昨今である。東京の、それも文教地区に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:忍たま乱太郎 お題:大人の帰り道 必須要素:しゃっくり 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:397字 お気に入り:0人
妙なことをいう、同行人の顔にはこちらがどれほど苦労しようと、表情は浮かばない。その一瞥で裂かれそうな眼が、雄弁に物を語るのを見たのは同じ学園に在籍していた、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:消えた火 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:2247字 お気に入り:0人
五幕のifの世界です。兎王国の軽い設定を拝借しただけの、五幕の内容は読んでないので、ネタバレにはならない&解らない前提の捏造甚だしいifのお話。パンフ届くのが待 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:進撃の巨人 お題:君の宿命 制限時間:4時間 読者:7 人 文字数:2773字 お気に入り:0人
エレンが楽園を出てマーレ国に向かう少し前の設定です。クルーガーに一方的に話しかけるという内容です。オリキャラが一人いる上に、妄想と捏造を多々含みます。「楽園に居 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:人妻の血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1116字 お気に入り:0人
どうしようどうしようどうしようどうしよう……。コレは絶対にまずい。こんなのがばれたら、黒森峰は終わりだ。だが、私には一切実に覚えがない。だけど、私のティーガーに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:許せない寒空 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1697字 お気に入り:0人
あったかもしれなかったガールズ&パンツァーすでにここに私が到着してから1時間が経過している。待ち合わせの時刻は30分は悠に超えている。本土の気候は、もうすぐ五月 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:小林さんちのメイドラゴン お題:早い錬金術 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:1351字 お気に入り:0人
「小林さん小林さん!見てくださいよ!」トールがなにやら声を弾ませてリビングへとやってきた。こういう時は大抵わけのわからんものを持ってくるのだ。この前はダレダカに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:僕のヒーローアカデミア お題:きちんとした旅行 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:309字 お気に入り:0人
「寒い…。」思わず呟かずにはいられなかった。寒さを誤魔化すように走ると溶けかかった雪がぴしゃぴしゃと不快な音をたててきた。 空を仰げば雨と雪が混ざったようなも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:初めての消しゴム 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:816字 お気に入り:0人
「ペコ、これ、消しゴムかけてくれる?」「……はい」私はダージリン様から原稿を受け取り、こしこしとその上に消しゴムを転がして行きます。この『ネリケシ』というのは初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:文豪ストレイドッグス お題:大人のボーイズ 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:2454字 お気に入り:0人
「大人の雰囲気って、憧れるな…」国木田、太宰、乱歩が事件の調査に出かけ、与謝野、鏡花が買い物に出かけたのどかな昼下がり。全ては、敦のこの独り言から始まった。「ど 〈続きを読む〉