ジャンル:進撃の巨人 お題:打算的な善 制限時間:15分 読者:782 人 文字数:852字 お気に入り:0人
[削除]

自由の翼

薄暗いこの街に住む一人の少年の物語を書きたいと思います。


その少年の名は・・・









チッと軽く舌打ちをしながら走る少年がいた。


どうやら今日は不運な事ばかりで不機嫌なようです




そしてその少年の追っても不機嫌なようです



男A「待ちやがれ!」


男B「絶対に許せねぇからな!」


と大声を張り上げる


少年は


「うるせぇな」


といい走る。


しかし行き止まりに来てしまったようだ


男A「へっ誤算だったな」



少年「馬鹿が」



男B「ああ?」



少年「ここなら誰も見てねぇ。やんのか?」



男A「当たり前だろ!」


と言い身構える



そして少年めがけて拳を振り上げるが


素早くみぞを打たれてしまった


もう一人の男も同様にすぐにやられてしまった



少年は


「きたねぇな」


と言い残し去ろうとしたが



物陰からパチパチパチという拍手が聞こえた



物陰から出てきたのは金髪の美しい青色の瞳の男性だ。


身長は180ぐらいだろうか?長身の男だ



服も綺麗で高そうだった。きっと地上の人間だろう




少年「何故地上の人間がここにいる」



エルヴィン「何故地上の人間だと思う?」



少年「見ればわかるだろ」



エルヴィン「そうやって人を見た目で判断する」



少年「何が悪い?」



エルヴィン「悪いとは言ってないんだ。ただ君は賢い。」



少年「馬鹿にしているのか?」



エルヴィン「そういうわけじゃない。その賢さを使えば地上に出られるという事だ」



少年「地下の人間が地上なんざ出れねぇよ」



エルヴィン「試してみる価値はある」


と言い、服から一枚の布を取り出した



エルヴィン「これを君に」



そういい男に渡す



そして最後にこう言った



「私は自由の翼をもっている。君も持てる」







そしてその少年が翼をもったのはそれから5年後の事だった

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:うししお ジャンル:進撃の巨人 お題:商業的な大雪 制限時間:15分 読者:799 人 文字数:627字 お気に入り:0人
一部の金持ちは傲慢だった。ぐわんと温度が上がる今日、雪がみたいと言って聞かない商人の子供がいた。甘やかし癖のついた商人は是非そうしようと、わんわん人を動かして氷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:彼の団欒 制限時間:15分 読者:1309 人 文字数:899字 お気に入り:0人
エレリ 台本小説的兵長って飯食ってるんですか?食ってるじゃないかえ、食ってるところみたことないんですけど嘘付け。そんなお前こそちゃんと食ってるのか?食べてますよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:紅茶とブランド品 制限時間:15分 読者:1339 人 文字数:924字 お気に入り:0人
「こんな高いもん受け取れん」リヴァイはエレンに紙袋を突き返した。ふえええと言いながらエレンは困ったように両てのひらをリヴァイに向ける。こんな動作をしているものの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:熱いカップル 制限時間:15分 読者:1115 人 文字数:1023字 お気に入り:0人
巨人中学ネタバレ含みます。エレリの予定ご注意。ここは巨人中学校。現在は12月。真冬だというのに生徒はなぜか半袖に短パン。半裸で駆け回る酔狂なものまでいた。「おい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:名付けるならばそれは演技 制限時間:15分 読者:1636 人 文字数:888字 お気に入り:0人
今日はもう、部屋に戻る。薄暗い廊下にたたずむ少年にそう言い放ったのはつい先ほどのこと。「なんでです、今日は一緒にいるっていったじゃないですか?」「用事を思い出し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:抜歯 ジャンル:進撃の巨人 お題:隠された妹 制限時間:15分 読者:700 人 文字数:765字 お気に入り:0人
でかい。巨人って、ホントにでかい。大人になって、そのでかさがよく分かるようになった。はじめて巨人を見たのは、3才のときだった。三井グリーンランドに巨人がやってく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みつね ジャンル:進撃の巨人 お題:凛としたスキル 制限時間:15分 読者:1194 人 文字数:761字 お気に入り:0人
朝の寒気に、頬が痛む。ぴりりと突っ張る肌。思わず布団にもぐりこみたくなる朝だ。ごそごそと布団に潜りこめば、毛布の中で人に出会う。貴方まで、と思わず苦笑してしまう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:黒い月 制限時間:15分 読者:672 人 文字数:998字 お気に入り:0人
僕にとって、世界は、……よく、わからない。訓練はさほど苦じゃない。身体を動かすことは得意だから。でも、身体を動かさないことも本当は、得意で、ライナーとアニ以外の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:黄色い弔い 制限時間:15分 読者:723 人 文字数:617字 お気に入り:0人
惨劇。この世は惨劇であった。巨人は食事の為ではなく、ただ噛み砕く為に人類の命を奪い、そして生ゴミとして吐き出す。食物連鎖ですらない、ただ蹂躙されるだけの住民は希 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:虹颯作 ジャンル:進撃の巨人 お題:純白の空 制限時間:15分 読者:572 人 文字数:780字 お気に入り:0人
「おい、ライナー!」騒がしい声が響き、ライナー・ブラウンは叩き起こされる。寝ぼけまなこで、自分を揺さぶる相手に焦点を合わせため息をつく。「何だコニー、まだ夜が明 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:つらい貯金 必須要素:クリスマス爆破計画 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:343字 お気に入り:0人
オレは数ヵ月前に出来た彼女のためにコツコツと貯金をして、プレゼントを買うつもりだった。しかし、なんと数日前にこのオレがフラれてしまったのだ!そのきっかけは、オレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:弱虫ペダル 東巻東 お題:免れた百合 必須要素:TOEFL 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:356字 お気に入り:0人
巻ちゃんは英五が得意だ。この間はTOELFで8割を取ったと言っていたな! そんな巻ちゃんがイギリスに留学することを聞いたのは出発の一週間前のことだった。いつもの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:寒い罪人 必須要素:時限爆弾 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1433字 お気に入り:0人
これはとある冬のお話。私と魔理沙は炬燵に入ってのんびりとしていました。なんでもない、ただの1日。ついうとうととしてしまっていた時でした。突然けたたましい音が鼓膜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:走る人々 必須要素:大道具さん 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:792字 お気に入り:0人
「今日はいい天気だねぇ」「お前、いつもそればっかだな」魔法の森の入り口近く。そこには謎の古道具屋があった。店主の名は森近霖之助。彼は一人で店を開き、生活している 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:黒い同性愛 必須要素:うへへ 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「すっずちゃ~ん♪いやわりぃね待たせちゃってさ!」「あはは、大丈夫、私も今来たところだから。」東龍学院高等部からほど近い喫茶店。私本居小鈴は、この子、河城にとり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:地獄発言 必須要素:ゴルゴンゾーラ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:769字 お気に入り:0人
ここは旧地獄。その旧地獄の奥。そこには地霊殿と呼ばれる館が立っていた。「はぁ、今日の晩御飯どうしようかしら」地霊殿の主、古明地さとりは呟いた。「昨日の残り物でい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:うちのトコでは お題:いわゆる曲 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1501字 お気に入り:0人
上手くもなく、かといって悪目立ちするほどの下手さでもない、いたって平凡なリコーダーの音色にあくびが出る。こっそりしたつもりだったのだが、「眠いなら保健室に戻っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!!【腐】 お題:宿命の成功 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:800字 お気に入り:0人
「俺、考ちゃんを愛するために生まれてきたんだと思う。」「…へ?」いつもおどけてばかりの恋人が急に真面目な顔をして言うから、おたまでカレーを掬った格好のままフリー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Free! お題:弱い火事 必須要素:山田 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1844字 お気に入り:0人
「橘さん!中に人がっ…!」「わかった!救出に向かう!」優しい性格が完全に面に出ている顔をきりっと締め、彼__真琴は弱く炎が残っている家の中へ入っていった。『隣の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:刀剣乱舞 お題:どす黒い殺し屋 必須要素:会話劇 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:910字 お気に入り:0人
彼を囲むのは、何十人もの手練れたち。その輪の中に立つ彼の手には、美しい刀が握られていた。加州清光。その刀は、幾度も人の肉を裂いて、冷酷な刀になっていた。いや、冷 〈続きを読む〉