ジャンル:Fate/Grand Order お題:奇妙な錬金術 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:360 人 文字数:1224字 お気に入り:0人

魔術なので、何でもできますよ

「お腹すいたなあ」
誰に聞かれたわけでもないがそんな言葉が口からこぼれた。今日も西へ東へレイシフト三昧で体はもうくたくたになってしまった。こういう時にキッチンに行くとエミヤが料理を作ってくれていたり、清姫が腕によりをかけた料理をふるまってくれたりするのだ。今日はいったい何が食べられるなとうきうきした気持ちでキッチンに向かえばそこには人の気配が感じられない。あれおかしいなと思って記憶をたどってみれば今日は遠出するとか何とか言っていたような気がしてきた。明日は楽しみにしておいてくれよマスターなんて言葉を残してエミヤはオケアノスに旅立っていったはずだ、でもあの時の帽子をかぶりライフジャケットを羽織った姿はアーチャーというにはあまりにも不釣り合いだったけれど。清姫は確か玉藻の前も参加すると言っていた男子禁制のお泊まり会に行ったんだっけか。私がいなくてもさみしがらないでくださいねますたぁ、とささやかれた時の心境はまさに蛇ににらまれた蛙になった気持だったけど。しかしそう思うとますます腹の虫が唸りだす。作ってもらうつもりだったから今更料理しようとする気なんて湧いてきやしない。どうしようかと壁にもたれかかりずるずると座り込む。もうなんでもいいから食べるものが欲しい。
「…おや、どうしたんですかマスター」
声がしたので顔を上げればそこにはパラケルススが不思議そうにこちらを見つめていて。あんま料理できそうじゃないよなあと思うけれどこんなところでのたれ死ぬのなんかごめんだ。ほんの少しの可能性にかける。
「なんでもいいから食べれる物作れない?」
「ええ、できますよ」
「だよな……え、作れるの?」
てっきりできないと思ったいたので次はどうするか考えていたのだが帰ってきたのは予想外の言葉で。まさか冗談とも思ったが冗談を言うような人でないのは重々承知している。しかし自分は驚いていても体は正直なもので答えを聞いた途端くうと音が鳴る。
「…すみません、キッチンを少し借りますね」
その音を聞いたせいなのかパラケルススがキッチンへと入っていく。まさかこんなところに料理男子がいたとは不覚だった。ああ見えて健康管理などはしっかりしているほうだったなんて考えを改めなければ。それにしてもいったい何を作ってくれるのだろうか、がっつり料理なのか軽めのお菓子なのかさっきまでの空腹なんて気にならないくらい楽しみで仕方がない。そうして二、三分たってからパラケルススがキッチンから出てくる。
「お待たせしましたマスター」
「ううん、ありがとな」
一枚の皿を差し出される、料理なんてあまりしたことがないものでと謙遜しながら。やっと食事にありつけると思い皿の上の見れば。
「…うまい棒?」
これって人の手で作れるものだっけか、というかもはやこれは料理なのか。ああそういえば錬金術が得意だったなと思い口に運ぶ、よくわからない成分で出来たうまい棒は間違いなくコンポタ味だった。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:雨七 ジャンル:Fate/Grand Order お題:破天荒な国 必須要素:セリフ無し 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:1052字 お気に入り:0人
じわじわと、窓の外から聞こえる蝉の鳴き声に目を覚ます。寝汗でじとりと湿った布団の独特の感触に眉を顰め、私は――ワルキューレ。個体名はスルーズ――おもむろに身を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:意外!それは汁 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1360字 お気に入り:0人
足の指は五本ある。両足を合わせると十本ある。いち、に、さん、しい、ご。指を折って数える。「ちょっと、部屋あったまらないから送風口あけて」 セーター伸びちゃうで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:男のお尻 制限時間:30分 読者:74 人 文字数:1180字 お気に入り:0人
男の尻が動いているのを見下ろしている。ちょうどいい高さの太腿を探して頭を動かすのに合わせて、尻も腰もごろごろ、ぐずぐずといつまでも位置を決められないで。いつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:どうあがいても夏休み 制限時間:30分 読者:75 人 文字数:1349字 お気に入り:0人
振り返った容貌は不思議に微笑んでいる。アルカイックスマイルというそれがあの男の頬に飾られていることがまた苛立ちを呼んで、手の中で石がじゃりじゃりと触れ合った。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:愁花 ジャンル:Fate/Grand Order お題:複雑な能力者 必須要素:ご飯 制限時間:30分 読者:72 人 文字数:1329字 お気に入り:0人
「サリ「サリエリ」「アマデウスアマデウスアマデウスゥゥゥ……!」「サ・リ・エ・リ!!」「……マスター」 召喚以降姿を見せない彼を探しに来てみれば、シャドウ・ボー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:工藤 ジャンル:Fate/Grand Order お題:ゆるふわな動機 制限時間:30分 読者:96 人 文字数:856字 お気に入り:1人
ベディヴィエールに避けられている。ガウェインは壁にもたれかかりながら腕を組んだ。 ガウェインとベディヴィエールは恋仲である。そして、昨日は彼と、はじめて体を結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:騙されたぷにぷに 制限時間:30分 読者:112 人 文字数:1500字 お気に入り:0人
子を失った悲しみに泣き暮らす横顔にさえ見惚れた、これは罰だ。 妻の作ってくれた巾着袋は、彼女の美しさをなぞったような美しい縫い目を並べて早数年が経とうとしてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:経験のない娘 制限時間:30分 読者:152 人 文字数:1181字 お気に入り:0人
夜は優しい生き物のようにぴったりと俺たちに寄り添っていた。街灯に照らされた犬の毛並がつやつやと輝いて、視線に気付いた顔が見上げて嬉しそうな顔をする。よく躾けら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うみねこ。 ジャンル:Fate/Grand Order お題:彼女と仕事 必須要素:ポテトチップス 制限時間:30分 読者:183 人 文字数:1728字 お気に入り:0人
珍しいものが手に入った。ダ・ヴィンチちゃんからの連絡を受けて向かい、それを見て驚きのあまり声が出なかった。 先輩が食べたい食べたいと言っていたあれなのでは? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
似顔絵 ※未完
作者:桜鬼@猫注意報(・ω・) ジャンル:Fate/Grand Order お題:調和した絵画 制限時間:30分 読者:157 人 文字数:761字 お気に入り:0人
「何してるの?」 おやつの時間になると、ある一定の女性陣が集まる食堂が、何故か何時もよりも騒がしい。集めた資材を片付けるべく近くを通った少女は、素朴な興味で入口 〈続きを読む〉

斑鳩の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:斑鳩 ジャンル:Fate/Grand Order お題:奇妙な錬金術 必須要素:駄菓子 制限時間:30分 読者:360 人 文字数:1224字 お気に入り:0人
「お腹すいたなあ」誰に聞かれたわけでもないがそんな言葉が口からこぼれた。今日も西へ東へレイシフト三昧で体はもうくたくたになってしまった。こういう時にキッチンに行 〈続きを読む〉