ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:405 人 文字数:1106字 お気に入り:2人

冷泉麻子「モグラの休日」

 好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。
 時折睦み合うことはあれど、平時は極めて今までどおり振舞っている。隠すようなものでもないと私は思うのだが、沙織が嫌だというのでそうしている。
 休日になると私は日が中天に登るまで寝ていたいのだけれど、一人布団を抜けだした沙織が作る朝食の匂いに誘われて目覚めてしまう。
 沙織は私の様子を、穴から出てくるモグラさんみたいだと言った。
 モグラなんて見たことがないだろうと答えれば、見たことがなくてもわかると言う。
 顔を洗うのもそこそこに食卓に付けば、私の好物のパンケーキと、幾つかのソースが小分けに盛りつけられていた。
「今日はこれを焼いていたんだな」
「お休みの日って感じでいいでしょう」
「うん、パンケーキは好きだ」
「麻子はケーキならなんでも好きだよねえ」
 そうでもないぞと食べながら答えようとしたけれど、口に物を入れたまま喋らないのと嗜められてしまった。本当にお母さんみたいなやつだ。
 私と沙織はどこか歪であると思う。そもそも同性愛であるということは置いても、およそ一般的な恋人の形ではないように思う。
 例えるなら、親子、姉妹、夫婦。いずれにせよ家族のようなのだ。
「なあ、もし私にお父さんとお母さんが生きていたら、沙織はこんなに良くしてくれなかったのかな」
 ふと、口をついて出てしまう。しまったと思っても、漏れ出た音を口にしまい直すことはできない。
「そうねえ、わからないけど私は麻子のことを変わらず好きだったと思うわよ」
「そうか」
「そうよ」
 パンケーキの焦げが少しだけ苦い。メープルシロップをたっぷりかけると気にならなくなった。
 今日はどうすると沙織が聞いてくる。出かけると言っても船の上になるぞと返せばそれでも良いわよと笑ってみせた。
 こういう日はだいたいお決まりのルートがあって、散歩をして些細な事を語り合い、外食をして夕飯の買物をするのだ。
 マンネリと言われればそれまでだけれど、私は気に入っている。
「こっちも美味しいよ」
「ん、ジャムか」
「ブルーベリージャムにバルサミコ酢、混ぜてみました」
「おしゃれだな」
「へへ、そうでしょ」
 ふっくらした生地に酸味の効いたソースを塗りつけて口に運べば、目が冴えるようだ。
「これ、おいしいな」
「ほんと? じゃあ今度も作るね」
 今日も巣穴を出て巣穴に帰るのだろうか。モグラは日差しを浴びると死ぬんだぞ。と呟いたら、それはデマだよと返ってくる。
 そんなことは知ってるよと答えて、着替えの準備をした。

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:松田さんかく ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:ゆるふわな小説上達法 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「…ああああああああもう!!!!」夜の10時頃のアンツィオ高校学生寮、小鳥も眠る静かな夜に突然響き渡る絶叫にも似た悲鳴…というか悲鳴にも似た絶叫。寮生のペパロニ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
はっきゅん ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:これはペンですか?違うわ、それは小説上達法 制限時間:30分 読者:180 人 文字数:635字 お気に入り:0人
「ちっちゃな体で、よくがんばったよな」何を言ってる、そのちっちゃな体で。あの時、自分がどうしてそこにいたのかよく覚えていない。絶対に誰にも見つけられない、運び出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:フハハハハ!それは冥界 制限時間:30分 読者:223 人 文字数:907字 お気に入り:0人
「それで、ここは一体どこなの?」 ティーガーⅡを駆り、隊を率いて訓練中だったのに何故か見覚えのない景色に私は囲まれている。森林地帯を通り抜け、敵背後を脅かし挟撃 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:かっこ悪い汗 制限時間:30分 読者:250 人 文字数:1475字 お気に入り:0人
お嬢様、と言えば聞こえはよかった。戦車道を歩み始め気づけば高等部最高学年になっていた。常に優雅で慌てずいかなる状況でも汗一つ書かず対処する。それが私の戦車道で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:424 人 文字数:1087字 お気に入り:0人
その人はまるで湖のようでした。 海のように表情を変えず、いついかなる時でも冷静沈着。覗き込む瞳は、空のように澄んでいて。ありのままに私を映し出す。 そんなこと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:不見湍@あの子 ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:私と湖 制限時間:30分 読者:313 人 文字数:1664字 お気に入り:1人
エリカさんは不愉快そうに大きくあくびをすると、靴を脱いでぱしゃぱしゃと湖に両足を浸しました。月の光にゆらゆらと濡れる水面に、エリカさんの白い足がそっと降ろされ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いいぢま㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:290 人 文字数:821字 お気に入り:0人
「月が綺麗ですねって言葉、あるじゃないですか。意味、知ってますか?」「ああ──うん。I love youの日本語訳だったっけ」 隊長の引き継ぎ業務は思っていたよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Hal ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:216 人 文字数:1555字 お気に入り:1人
月の綺麗さを思い出したんです。私が手紙を書こうと思ったのは些細なことでした。沙織さんが練習後に「可愛い字よりも綺麗な字のほうがモテるんだって!」と字の練習を始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Speak to Me ※未完
作者:鹿狩人㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:222 人 文字数:1007字 お気に入り:0人
「月が綺麗だね」 そうわたしに言ってくれたのは二年前の秋のことだっただろうか。思い返せば、あなたは既に限界だったのかもしれない。 別にお月見をしたくてしていたわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛すべき馬鹿 制限時間:15分 読者:34 人 文字数:984字 お気に入り:0人
「ローズヒップは何をしているのかしら?」「……私には分かりかねます」アッサム様がポツリとつぶやきます。私達はテーブルに座り、ローズひっぴさんが紅茶を入れるのを待 〈続きを読む〉

楢茶㌠の即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:狡猾な魔王 制限時間:30分 読者:240 人 文字数:1008字 お気に入り:1人
――誰が言ったか、日本戦車道には二本の柱があると。 西住流後継、西住まほ。島田流嫡子、島田愛里寿。 二人の若き天才が道を切り開き、多くの若人たちがそれに続いて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:イギリス式のコウモリ 制限時間:30分 読者:304 人 文字数:1219字 お気に入り:0人
私はダージリン様を尊敬している。けれど、どうかと思う部分もある。 どうか、というより行動の意図が読めないことがたまにある。たまにじゃないかもしれない。 例えば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:夜の家 制限時間:30分 読者:299 人 文字数:815字 お気に入り:1人
独り身の私にこの家は広すぎる。そう思うようになって一ヶ月が過ぎた。母が引退を表明し、私が家元を正式に継ぐことになった。妹は勝手気ままに生きているので仕方のないこ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:熱いサイト 制限時間:30分 読者:376 人 文字数:1008字 お気に入り:0人
私はその小窓から世界を見る。平凡な女子の肉体では見えない格別な世界に魅せられて、砲手を務めてきた。 高校生最高精度のスナイパーなどと言われることもある。それは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:少年のピアノ 制限時間:30分 読者:534 人 文字数:1092字 お気に入り:2人
幼いころに聴いたピアノの音を覚えている。 ピアノといっても、大仰なコンサートやパーティではなくて、実家のお屋敷で聴いたものである。 私の実家はそれなりに大きな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:マンネリなモグラ 制限時間:30分 読者:405 人 文字数:1106字 お気に入り:2人
好きです、とも付き合ってください、とも言った覚えがないのだが、いつの間にか沙織とその、何だ。恋人のような関係になっていた。 時折睦み合うことはあれど、平時は極 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:楢茶㌠ ジャンル:ガールズ&パンツァー お題:愛の月 制限時間:30分 読者:400 人 文字数:1240字 お気に入り:0人
アイ・ラブ・ユーという英文を、月が綺麗ですねとでも訳しておけば宜しいと、昔の偉い人が言ったらしい。 では月が綺麗な時は何と言えばよいのか。それもまた月が綺麗で 〈続きを読む〉