ジャンル:スラムダンク お題:不本意な窓 制限時間:1時間 読者:566 人 文字数:1751字 お気に入り:0人
[削除]

差しこむ風



緑がきれいだった、理由はただそれだけ。
何気なく横を向いたその直線上にちいさな窓があった。
網戸もなく、すりガラス板1枚でできたその小窓は、換気の為か下向き斜め方向へ半開きになっている。
レバーをクルクルと回して開閉する小窓、そう、トイレによくあるそれ。

やる気のない生物教師が十分も早く授業を切り上げたため、神はゆっくりと二年の教室へ戻るところだった。
渡り廊下を抜けた本校舎の一階で、ふといつもは立ち寄らない一年生の便所へ入ってみようと思い立った。
授業中の今ならば、一年生は誰もいない。
ちょっとしたイタズラのつもりで下級生用のトイレを使う。
教科書は左の脇に挟み筆箱は尻のポケットへ。
制服のファスナーを下げ、手早くそれを探り出して小便をした。
済んでしまえばどうということもない。
非日常というにはささやかすぎるイタズラだった。
(別に誰がいるときに入ったって、何とも思わないんだけどさ)
我ながらこんな下らないことをさも良い思い付きだと感じたのかわからない。
二年の便所と同じ、ついでに言えば去年の神が使っていた状態と同じ。

奥からひゅうと風が吹き込んできた。
神の短い髪の先が軽くそよぐ。
(窓、開いてたのか)
一階の便所の窓が開け放しでは覗かれるだろうと一瞬思ったが、よくよく考えてみれば、誰が男の用足しを覗くというのか。
臭気が籠るよりよほどいい。
初夏のいい風が入ってくるじゃないか。
始末をしてファスナーを上げ、不安定だった脇の教科書を持ち替えた。
神は何気なくその風の方、奥の窓へと歩み寄ってみた。
壁をくり抜いたちいさな四角に、上半分は新芽の緑色、下半分は校庭の赤い土が見える。
もっとよく見れば、校庭にはジャージを着た一年生の男子が走り回っている。
今日の体育はサッカーか。
自分のクラスでサッカーをやるとき神はいつもキーパーで、一時間の殆どをフィールドの端で過ごすはめになる。
楽しくは、ない。
しかし積極的にサッカーをやりたい気持ちもないので、神は体ひとつでできる筋トレやバスケのイメージトレーニングをして時間を潰すのが常だった。

ぼんやりと白黒のボールを目で追っていると、その中に一際目立つ動きが一人。
鬱陶しそうに伸びた髪、あれは間違いなく。
(信長だ)
遠目からでもハッキリとわかった。
清田は休む間もなく駆け回り、大きな声を上げて実に楽しそうだ。
(ああ、いいな)
神にはいつも清田が輝いて見える。

やがて体育教師の笛の合図で試合らしきものは終わり、一年生達はバラバラとボールやビブスを片付け始めた。
片付けのない者は校舎の昇降口を目指してゆっくりと歩いてくる。
この便所は校庭から昇降口へ向かう途中に位置しており、待っていれば彼らは神のいるこの窓の前を通るだろう。
授業の終わりを告げる鐘がなった。
神はまだ動かない。

神は清田を待っていた。
この窓の下を通ることは間違いないだろうが、果たして清田は自分に気付くだろうか。
自分ならば便所の窓などに目を向けることはしない。
でもこちらから声をかければ、きっと清田は挨拶くらい返すはずだ。
用具室から出てきた姿が、何人かのクラスメイトと歩いている。

他にすることもなく神が清田を見ていると、突然清田が走り出した。
何か用事でも思い出したのだろうか。
清田の脚は誰より速い。
風のように神の方へ掛けてくる。
(急いでるのか。オレに気づかないで行っちゃうかな)
そう思った。

「神さん!!」
窓のすぐ下でブレーキをかけ、清田が止まった。
ハッハッと息を切らせている。
「信長? どうした?」
「神さんさっきから、俺のこと見てたでしょ。気づいてましたよ、ちゃんと!」
「……」
神は驚いて目を丸くした。
自分が遠くからでもすぐ清田を見つけられるのは、清田が特別だから。
こんな校舎の端の小窓から覗く自分を、清田が見つけたのは?
「……神さん?」
清田が黙りこんだ神を不思議そうに見上げた。
「信長」
頭ではない。
唇が、そう動いたのだ。
「オレ、信長のことが好きだ」
清田の目が見開く。

ああ、言ってしまった。
こんな大事なことを、こんなところで。
まだ手も洗ってないっていうのに。







同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:不本意な窓 制限時間:1時間 読者:393 人 文字数:2644字 お気に入り:0人
休日を迎えた桜木は珍しく、一人で熱燗などを飲んでいた。太陽が沈みきった午後の九時、気の知れた主人と二人でいる居酒屋は心地好くて、ともすれば酔いの為に眠ってしま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:サムゲタン将軍@T/B ジャンル:スラムダンク お題:これはペンですか?違うわ、それは酒 制限時間:1時間 読者:616 人 文字数:1381字 お気に入り:0人
Is this a pen? No! It's an alcohol透きとおるような青い空とからりとした空気、秋も深くなり少々肌寒くはあるが、健康優良児たちは本 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:素晴らしい反逆 制限時間:1時間 読者:1478 人 文字数:1427字 お気に入り:0人
暫くワシャワシャとタオルで髪を拭かれる。水戸は世話好きだと思う。オレの世話も焼きたがるし、桜木の世話もよく焼いている。陰で桜木の保護者と呼ばれているのを、コイツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:1000の妄想 制限時間:1時間 読者:1128 人 文字数:2295字 お気に入り:0人
「じゃあ、泊まってく?」その水戸の誘い文句は、どんな言葉よりも魅力的だった。映画とかドラマとかで俳優が言う甘い台詞よりも甘くて、トキメイて、胸がいっぱいいっぱい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SCC欠席@たむ ジャンル:スラムダンク お題:緩やかな広告 制限時間:1時間 読者:2281 人 文字数:1683字 お気に入り:0人
「またなのか!?」越野は肩を怒らせながら怒鳴った。その怒鳴り声は大きく体育館中に響き渡り、その周辺の草木まで縮み上がるかのようにざわめいた。周りにいる部員たちに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:楽しかったぬるぬる 制限時間:1時間 読者:625 人 文字数:2740字 お気に入り:1人
雨が降っていた。傘を傾かせるようなひどい土砂降りで、こんな日では出歩けそうもなかった。黛はレースのカーテンを引いて外を眺めながら、いつ頃止むだろうかと考えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ちりめんじゃこいわお@オリジ連載中 ジャンル:スラムダンク お題:フォロワーの笑顔 制限時間:1時間 読者:743 人 文字数:2298字 お気に入り:1人
木暮は知っていた。どうも桜木が最近ツイッターにはまっているらしい。しかも呟いていることは大抵バスケットと関係無い話らしい。フォロワーは宮城や三井、桜木軍団の面 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おび ジャンル:スラムダンク お題:フニャフニャのアパート 制限時間:15分 読者:70 人 文字数:440字 お気に入り:0人
三日間泊まることになったアパートには先客がいた。 俺は見知った顔が一つの部屋から出てきたので声をかけた。「牧さん」「なんだ、仙道。お前もここに泊まりかフニャ? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東堂みく ジャンル:スラムダンク お題:あいつと墓 制限時間:30分 読者:879 人 文字数:1262字 お気に入り:0人
カーテンの隙間から入り込む日差しが、チリチリと顔を刺す。目を覚ますと、いつもの天井が視界いっぱいに広がった。シングルベッドに、シングル用の布団。あぁ、もうこの天 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:rena@常勝!! ジャンル:スラムダンク お題:裏切りのデマ 制限時間:15分 読者:927 人 文字数:658字 お気に入り:0人
鳴り響く警報の音は、いまや鳥の囀りと然して変わらぬ日常の音響になった。しかし、それでも彼は耳にする度一瞬、怯えにも見える表情の変化を見せる。気付かれていること 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:グランブルーファンタジー お題:間違った夕日 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:3009字 お気に入り:0人
「──夕日をお前に見せたかったんだ」オレンジの太陽の光を背にして、男がそう言った。男の纏う黒の鎧、表情は見えない。けれど己には──パーシヴァルには、男が決して険 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Grand Order お題:静かな笑顔 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:365字 お気に入り:0人
「マスター、少し良いか?」深夜マイルームを尋ねてきたのは、退廃的な雰囲気を纏う黒衣のサーヴァント(いやこの人に限ってみれば僕の方こそ僕であるほうが相応しいのかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん ジャンル:Fate/Zero お題:猫の大地 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:275字 お気に入り:0人
『抑止の輪より来たれ、天秤の守り手よーーーー』黒衣の魔術師の高らかな詠唱の終わりと共に眩い閃光が古城の一室に満ちる。魔術師が瞑った目を開いたのは、儀式の主たる目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:武将隊 お題:もしかして犬 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:720字 お気に入り:0人
名を呼べば素直に返事をして、確と後ろを着いてくる。 もしかして、いやもしかしなくても、此奴は犬では無かろうか。 褒めれば大きく尻尾振って、叱ればしゅんと耳を垂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ジョジョの奇妙な冒険 お題:大人の祖父 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:404字 お気に入り:0人
「君と違って、ジョースターさんはまるで大きな子供みたいだな」少しだけ皮肉を込めて、それでいて柔らかくお前は微笑む。「あぁ、じじいは昔っからこうさ」好奇心旺盛で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー!! 阿吽 お題:僕と人体 必須要素:小説 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:651字 お気に入り:0人
昔はこんな事考えもしなかった。いや、考えている暇がなかったと言った方がいいだろうか。学生の時より自由な時間は減った。それが大人という物だ。分かっている。俺のピー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ハイキュー‼︎ 赤葦京治 お題:地獄ロボット 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2533字 お気に入り:0人
此処は地獄だ。流れる汗、詰まった指先、張り付く前髪、この熱気。毎日毎日、繰り返し、噛み締める、この両手に、空に届く程のトス。打ち付ける音、堪らなく大好きなんだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:誰かと育毛 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:407字 お気に入り:0人
霊夢のそこはいまだ発毛をみていない。みずからの発育に関してはとんと無頓着な霊夢である。だが、たまに魔理沙と温泉に浸かりでもすると話は違ってくるらしく。「なんでそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:愛と欲望の善意 制限時間:15分 読者:22 人 文字数:480字 お気に入り:0人
コアラに喰らわれ続け危殆に瀕したユーカリがやがて毒を獲得したように。覚妖怪に心のうちを暴かれ続けた者たちは、なんというかこう、「すれて」しまうのである。地霊殿の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ゾエ お題:大好きな伝説 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1677字 お気に入り:0人
「この時期は、神様に花嫁を差し出す祭りがあんねんけど、アンタもそれ見に来たん?」そう言って緑のフードを被った少年が永見が持っていた一眼レフカメラのレンズを手で触 〈続きを読む〉