ジャンル:血界戦線 お題:アブノーマルな祝福 制限時間:1時間 読者:378 人 文字数:2393字 お気に入り:0人
[削除]

【レオフェム】祝福のリバイバル

「祝福のキスを贈りたいと思う」
 その日の堕落王フェムトが発した言葉はとても唐突な内容で、レオナルドは手に持った封筒を危うく取り落としかけた。
 帰宅した部屋にいつの間にかフェムトが居る。居るだけでなく我が家のように寛いでいる。そんな光景にはもう慣れたが、彼が発する言葉には今でもこうして驚かされることばかりだった。
「なんすか薮から棒に……」
「自分の要望を君に伝えたまでだよ、それともこれから言うから耳掃除して待っていてくれと一時間前に電話で伝えておくべきだったかね?」
 なんでこんなに両極端なんだと口角を下げて眉根を寄せつつテーブル前まで進む。
 レオナルドはバックパックを椅子に下ろすと手元の封筒に視線を落とし、そのままベッドに腰掛けた。
 フェムトは半ばスルーされているというのに気を悪くした様子もなく、さも当たり前のように隣に座る。
「いいか、レオナルド。神の祝福が特別であるように、堕落王の祝福もまた特別なんだ。少しは光栄に思い給え」
「いや、どうせ碌でもないこと考えてるんでしょ」
「しっつれいな!」
 フェムトは口先を尖らせたがレオナルドは封筒の封を開けるのに忙しい。
 彼がこんなことを言い出した理由はなくとなくわかる。わかるが――友人として過ごしてきた今までの時間を振り返るとあまり歓迎できる祝福でないのは明らかだった。祝福のキスを受けた瞬間に「おめでとう、君は人間を卒業した!」などと言われてはたまったものではない。
 封を開けると白いシンプルな便箋に見慣れた文字が躍っているのが目に入った。
 この特殊な義眼を通してなお懐かしく感じる、昔と変わらない文字。
 それを一文字一文字ゆっくりと読みながら口元を緩めていると、隣から覗き込んでいたフェムトもまた同じ顔をした。つい珍しさから視線をそちらに奪われたところでフェムトは便箋をつつく。
「彼女もまた祝福している」
「……は、はい」
「なあ、僕が祝ってもいいだろう?」
 レオナルドは言葉に詰まる。
 きっと碌でもない。
 確実に碌でもない。
 しかしここまで真正面から言われて断るというのもしのびない。
 それにほんのちょっとだけなら思うのだ。彼に、フェムトに祝われてみたい、と。
「………」
 数秒間無言でフェムトを見つめる。仮面に覆われた顔からは相変わらず表情が読み取りにくいが、彼が返事を待っていることだけはひしひしと伝わってきた。
 もう一度手紙に視線を落とす。

 ミシェーラの文字と、その文字たちが形作っているのは兄の誕生日を祝う言葉だった。

 要するにフェムトはレオナルドの誕生日を祝いたがっているのだ。そこに祝福のキスなど持ち出してくる辺り何を考えているのかわからないが、感情自体は悪いものではないだろう。恐らく。
「……なんでそんなに祝いたいんですか」
「愚問だな、友人の誕生日を祝うのにご大層な理由が必要か」
「いや、その、それは」
「それに僕はキスがしたい」
 レオナルドはまた封筒を取り落としかけた。
(は!? もしかして祝いたいっていうよりキスしたいだけ? でも俺男だぞ……!?)
 目を白黒させているとフェムトは仕方ないなぁという顔をした。このまま諦めてくれるのか、と思いきやベッドに手をついて顔を寄せてくる。囁くような声が耳に届いた。
「そんなに心配なら予行練習を挟んでやろうか」
「へ――」
 返答する前にフェムトの唇が一瞬だけ自分のそれと重なり、仮面の一部が頬に擦れた。思っていたより仮面は冷たくない、などと斜め上のことを思いながらレオナルドはぽかんとしたまま離れていく相手の顔を見つめる。
「は、は、はあああああ!?」
「ちょ、煩いな!」
「いや、待っ、本番じゃん!? これ本番じゃん!?」
 何の捻りもない普通のキスだったが、今はそれをあまり救いのようには感じなかった。悲しきかなこれがファーストキスなのだ。両親にはされたことがあるかもしれないが、それはノーカウントというものだろう。
 レオナルドとしては男同士のキスなどアブノーマルの粋だ。それでも我に返ったその瞬間から自分でも驚くほどどきどきし始めた心臓に戸惑う。相手の唇を直視していられない。
 この堕落王は油断ならない相手であることは重々承知していたが、改めて今日はとことんそれを思い知らされた。
 フェムトは面白そうに笑う。
「何を言ってるんだい」
「は、い?」
「僕がしたいのはそこじゃないよ」
 そして面白そうに言う。
 己の唇に指を沿わせ、首を傾け、白髪を揺らし、小さな笑い声を漏らし。
 レオナルドの胸の中心をトン、と片手の中指で突き、未だ激しく鼓動を繰り返すそれを指すように。

「――祝福のキスを贈りたいのは、君の心臓にさ」

 やはり、堕落王の言い出すことは碌でもない。
 尖った犬歯を覗かせて笑うその姿に体を震わせつつも、それでも胸に湧いてくるのは恐怖ばかりではないことにレオナルドは気付いていた。
 唇を戦慄かせながら首を横に振る。
 ここで彼を驚かせれば、そしてそれで満足させることが出来れば、彼はこの恐ろしい願いを諦めてくれるかもしれない――そんな打算がほんの少しでもあったのは否定できないが、これから口に出そうとしていることのほとんどは本音だった。
 本当に祝ってくれるなら、そんなものより欲しいものがある。
 手紙をシーツの上に置き、勢いに任せてフェムトの肩に手を置く。そのまま握ると白衣に皺が寄った。広くも華奢な肩の形が露になって自然と自分の喉が鳴る。
 目を離していた相手の唇をいつの間にか再び凝視していた。
 レオナルドは一世一代の告白をするように掠れた声で言う。
「そんな場所より、……もう一度唇にしてください」

 自分も大概碌でもないなと、そう思いながら。



END

同じジャンルの似た条件の即興二次小説


ユーザーアイコン
作者:六月 ジャンル:血界戦線 お題:昨日食べたおっさん 制限時間:15分 読者:127 人 文字数:1264字 お気に入り:1人
霧けぶるHLに来て、純朴というよりは野生だったザップは秒で擦れた。それは番頭役のスティーブンのせいであり、敬愛すべきボスであるクラウスのせいである。子どもの成 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:血界戦線 お題:出来損ないの小説家 制限時間:30分 読者:151 人 文字数:1644字 お気に入り:0人
(オリキャラ居るよー)【ライブラのとある日】その日、レオナルド・ウォッチがライブラの執務室に入るとソファーでエルセリーザ・ディライトが仰向けに寝そべりながら小説 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:小説家たちのサッカー 制限時間:30分 読者:454 人 文字数:2386字 お気に入り:0人
僕が文筆家を目指したのはなんてことはない、僕にとって多くのものをことばにするという行為が息をするのと同じだったからだ。こういうと難しいけれど、つまり僕は日記を書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:間違ったブランド品 制限時間:15分 読者:581 人 文字数:437字 お気に入り:0人
「なあ。それ、なんなんだ?」スティーブンが指差した先。積まれた本の上には、硝子の小瓶が鎮座していた。中身には粒状の白い何かが詰まっている。「頂き物だ。なんでも、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あずき//ありがとうございました! ジャンル:血界戦線 お題:何かの命日 制限時間:15分 読者:541 人 文字数:1341字 お気に入り:0人
「ザップ・レンフロはどこにもいない」 てのひらにどろりと流れる赤黒い感触も、踏みつぶした躯の感覚も、スティーブンは決して忘れようとしなかった。目を背けようとしな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:情熱的な経歴 制限時間:30分 読者:490 人 文字数:1040字 お気に入り:0人
「ハロー、ミスターステファン」 呼ばれたスティーブンは振り返り、そして振り返ったことを後悔した。「えー、と。どうも、ミスター……」「ダニーで構いませんよ。ステフ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:世界の墓場から ジャンル:血界戦線 お題:煙草と祖母 制限時間:30分 読者:479 人 文字数:2154字 お気に入り:0人
ニコチンとタールが僕の妹の両足を奪った訳ではない。そうだと分かっている、と言い切りたいところだけれど、ミシェーラの足がなんで生まれつき動かなかったのかは、単純に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:灰色の狼 制限時間:15分 読者:477 人 文字数:536字 お気に入り:0人
うねりを上げながら、駆け抜ける銀色の狼。その身を血で汚すこともなく、どこまでも精錬に獲物を狩り尽くす。 紅い月の瞳、頬に一閃の傷跡。ぞっとするほど、美しい。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りっしんべん ジャンル:血界戦線 お題:東京血 制限時間:30分 読者:497 人 文字数:1241字 お気に入り:0人
それは極東の島国より来た。 血界の眷属と呼ぶにはあまりに人をかけ離れ、しかしグールたちとも違う。 かの異界人の名を、ただ一言――鬼と呼んだ。「止まれ……ッ!」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こけら。 ジャンル:血界戦線 お題:あいつと話 制限時間:30分 読者:428 人 文字数:971字 お気に入り:0人
自分には、後ろめたいものが山ほどにある。そして、クラウスはそれをよく分かっている。分かった上で、何も訊かずにいてくれている。そう思っていた。いや、正確には、そう 〈続きを読む〉

匿名さんの即興 二次小説


ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:僕の嫌いなぬるぬる 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:584字 お気に入り:0人
なにこれ目の前の気持ち悪いぬるぬるした生き物に俺は恐しさと驚いていた。いきなり柊家の研究室に呼ばれたかと思えば、何だよこれ。「驚いたか?」背後に気配がして咄嗟に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:小説の借金 制限時間:1時間 読者:30 人 文字数:2793字 お気に入り:0人
夕暮れ時の残照に赤く浮かび上がる幻想郷。人里に響き渡っていた子供たちの笑い声が遠ざかっていく。仕切りに客寄せをしていた露店も帰り支度を始める。その片隅、貸本屋『 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:重い犯人 必須要素:ドン引きするような描写 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:2257字 お気に入り:0人
******――なにかモノ足りない……。甘いものもしょっぱいものも、食べてみたけど、矢張り何かがモノ足りない。今日は、午前中に台本読みがあったけど、別に台本の台 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
K
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:東京の行動 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:787字 お気に入り:0人
「いたぞ!」「追え!」やばい。見つかった。今俺は何者かに追われている。その何者かは知らないがきっとアポトキシン4869の謎を解明している組織だろう。さっき組織の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:名探偵コナン お題:煙草と広告 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1275字 お気に入り:0人
「快斗 煙草臭い」これは彼の悪い口癖だ。高校卒業後、俺はマジックを本格的に習うためロサンゼルスへと旅立った。それが正解だったのか2年間の修行の後俺はロサンゼルス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:彼と沈黙 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:684字 お気に入り:0人
今日はひな祭りだ。目の前の豪華なちらし寿司に目を光らせる。「な、なぁ暮人。何で俺を呼んで・・?」なんて声を掛けても彼は無言でちらし寿司を食べている。さすが柊家。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
恐ろしい潮風 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:RPS お題:恐ろしい潮風 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1076字 お気に入り:0人
「ヒョン?」まだ夜も明けきっていない時間に、隣室で何かをぶつけた音がした。さっきまで撮りだめていた写真たちの整理をしていたオレは、その音に閉じようとする瞼と意識 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
【腐】無題。 ※未完
作者:匿名さん ジャンル:ツキウタ。【腐】 お題:それいけユートピア 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:3628字 お気に入り:0人
ホワイトデーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!有難うございましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:歌い手 お題:マイナーな転職 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:881字 お気に入り:0人
私、美里(みり)は、今日勤めていた会社を辞めた。理由は簡単、転職をしようと思ったから。私は、3年前から『ミリメートル』という名前で歌い手を始めた。初投稿は『【歌 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:人狼ジャッジメント お題:煙草と囚人 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:369字 お気に入り:0人
「それだけか?」淡々と底冷えした声が反響する。ゆっくりと吐かれる煙は目の前の蜂蜜に。目に染み、臭いに嫌悪を覚えるも顔をしかめる事はなかった。「…それだけ」「お高 〈続きを読む〉