ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:正しいふわふわ 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:656字 お気に入り:0人
「雪がすごいですね! ジャングル育ちの私はもうドン引き! 股引き! 虫の息ですよ!」 そういう割にはルファは元気にはしゃいでいた。雪が珍しいのだろう。借りた防寒 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:冷静と情熱の間にあるのは心 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:696字 お気に入り:0人
僕が覚えていることを、ここに記しておこうと思う。 今年は麻が貴重だから、無駄にするなとペリドットに釘を刺されているけれど。それでも今から記す内容が、きっと無駄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:黄色い境界 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:502字 お気に入り:0人
ブロント // テミ 平 行 線 黄色いボーダーライン。なぜなら金髪がトレードマークだから。 みんな、どちらかで呼んだけれど、総称は誰も持ち合わせていなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
氷のこえ ※未完
作者:匿名さん ジャンル:宝石の国 お題:絵描きの食堂 必須要素:ノイズ 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:552字 お気に入り:0人
「さぼってるんじゃないよ」 手袋をした冷たい指が、こつりと僕の頭を叩く。 本当に冷たいのかどうかはしらない。直に触れたことなんてないもの。触れればたちまち細かな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 お題:イギリス式の終身刑 必須要素:ヘッドホン 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:512字 お気に入り:0人
「イギリスだって?」「ええ」雪ノ下が俺のつぶやきに答える。何がイギリスかというとこの紅茶がイギリス製だと言うことだ。やはりうまいと思う。「でさ、ゆきのん、私の作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夢々きらら ジャンル:Undertale お題:マンネリな故郷 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:690字 お気に入り:0人
TPルート後、フラウィ「Howdy!今日は何をしているんだい?」「お、喋るお花さん!オレさま、今日はどうやったら兄ちゃんのサボり癖を治せるか考えていたんだ。」「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:かっこ悪い孤独 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:406字 お気に入り:0人
小さい頃の話だ。 小さい頃は、里を縦横無尽に遊び回っていた。里には子供がたくさんいて、当たり前だが色んなやつがいた。だから、たくさんの子供と、色んな関係があっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:暁のヨナ お題:春のあいつ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:360字 お気に入り:0人
ざくざくと、表面が固まった雪を踏み割りながら山道を進む。「お、シンア、見てみろ」 道中で下を指して声を掛ければ、あいつは素直に振り向いた。俺が示したのは溶けか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:幼い電車 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:589字 お気に入り:0人
電車とは…?なんだ?私、霧雨魔理沙は思った。この目の前の河童は電車を作ったと自慢げにしているからだ。「そーだよ、電車だよ電車、電気で動いてすっげー早くて多くの人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
怖い話の代償 ※未完
作者: ジャンル:文豪とアルケミスト お題:黒尽くめの妹 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:745字 お気に入り:0人
「ねぇねぇ八雲さんっ、怖いお話聞かせてほしいな」 南吉と賢治は目を輝かせながら、小泉八雲に問いかける。「こわい……話、ですか??」 突然の振りに驚いた八雲は、再 〈続きを読む〉