ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:カルジュナ お題:ラストは想い 制限時間:15分 読者:45 人 文字数:1584字 お気に入り:0人
微弱な振動を感じる。この離陸直前の振動を、カルナはもっとも好ましく思っていた。旋回し、水平を保つ頃には既に町など眼下のミニチュアだ。左翼がしなり、繋ぎとなってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:梟光司 ジャンル:ロビジュナ お題:これはペンですか?違うわ、それは人体 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:1265字 お気に入り:0人
わたくし、子狐を一匹、飼っておりました。それはたいそう賢く、また人づきあいもよく愛嬌もあり、私がふいと目を離したと思えば、やれ羊の毛を刈う手伝いをしてきただの、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:終わりのセラフ お題:謎のカップル 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:583字 お気に入り:0人
「お二人は付き合ってなさってるんですか?」ニュースや、色々な番組で見るこの言葉。普通は人のプライバシーに首を突っ込むなんて嫌にならないだろうか。いや、俺が可笑し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:ぷよぷよ お題:意外な秀才 必須要素:穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:381字 お気に入り:0人
「我は、穢れたる地上に舞い降りし漆黒の堕天使 ……」「何言ってんの?」「遂に頭が…いや、元からおかしかったですわね…」一見して優秀そうな出で立ちの彼が、所謂"中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小夜子 ジャンル:刀剣乱舞 お題:嘘の動揺 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:3817字 お気に入り:0人
「ちょーぎくん、蜜柑!」「ちょーぎくん、蜜柑剥いて」「それは俺でないといけないのかな」「いやだって一緒におこた入ってるの君だけじゃん」「刀は蜜柑を剥くためにある 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ひもてはうす お題:コーヒーと多数派 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:605字 お気に入り:1人
「ねえねえたえちゃん」「何?」「スタバでコーヒーって飲んだことある?」「そりゃもちろん……。……無いかも!」「そう! スタバでコーヒーって飲まなくない!?」「飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アマネ ジャンル:ひもてはうす お題:コーヒーと多数派 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:757字 お気に入り:0人
「ねえねえときよちゃんとかよちゃん!」「何かしら、しばり」毎度のことながら騒々しく私の左腕を掴んできたしばりに、私はあくまで冷静に返事を返す。「あのさ!コーヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: ジャンル:ひもてはうす お題:ゆるふわなにおい 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:907字 お気に入り:0人
惨敗だった。点数をつけるなら20点がいいところ。赤点だ、赤点。私が悪かったの? いや、私はいつも通り……がっつきすぎず、でも陰にはならないように、あくまでいつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:鬼滅の刃 お題:名前も知らない事件 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:761字 お気に入り:0人
自分が選抜を通り、鬼殺隊の剣士として任務にあたるようになって早くも数か月が経っていた。相変わらず鬼は怖いと思っているし。殺されるかもしれないと毎度、考えているが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小伏史央 ジャンル:テンミリオン お題:淡いあそこ 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:486字 お気に入り:0人
「どうかブロントを守って」 願いを込めて、指輪をブロントに託した。あれはそう遠い昔。かつて、魔物がいた時代。 守りの指輪を渡したのは魔王城に入る直前だった。私た 〈続きを読む〉