ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:Axis powers ヘタリア【腐向け】 お題:俺は妄想 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1580字 お気に入り:0人
ふわふわとした感覚。足をつけたのに、つけていないような。そんなやわらかな道を香は跳ねるように歩く。ふわふわ、ふわふわ。パステルカラーの町と、田舎のような緑が香の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:残念な経験 制限時間:4時間 読者:26 人 文字数:1134字 お気に入り:0人
【味覚の話】有碍書の浄化作業は帝國図書館分館の仕事の中でも最も重要な部類に入る。高村光太郎は自分達文豪を指示する特務司書の少女に紅茶とお菓子を出した。今は第一会 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
途中で ※未完
作者:秋月蓮華 ジャンル:真・三國無双 お題:そ、それは・・・絵描き 制限時間:4時間 読者:22 人 文字数:346字 お気に入り:0人
(オリキャラいるよー)【芸術性について】「鍾会様って絵が下手ですよね」無表情で梁紫緒は言う。その言葉に執務室で書類仕事をしていた鍾会が手を止めた。「いきなりなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:おそ松さん お題:愛と憎しみのサーブ 制限時間:4時間 読者:23 人 文字数:620字 お気に入り:0人
今日もこの時間が来てしまった。毎月第二土曜日、僕とカラ松は殺し合いをする。いつからだろうか。何故だろうか。僕は松野一松、偉大なるピーノファミリーのドンだ。それに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ソラ子 ジャンル:スティーブンユニバース お題:許されざる小説家 制限時間:4時間 読者:25 人 文字数:7586字 お気に入り:0人
私が初めてバカンスをビーチシティで過ごしたのは、もう5年も前の夏のことだ。小説家の仕事が少しずつ軌道に乗ってきて、日々を食うに困らないだけの収入を得られるよう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:やました ジャンル:バンドリ!ガールズバンドパーティー! お題:理想的な声 制限時間:4時間 読者:83 人 文字数:4700字 お気に入り:1人
――――。 声が、響き渡る。 狭いライブハウスにいっぱいに入った人。その熱気も興奮も、歌の力に呑まれて、静まり返って。 照らされたステージの上で、どこか泣きそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hese ジャンル:おそ松さん お題:小説家の許し 制限時間:4時間 読者:36 人 文字数:4508字 お気に入り:0人
その男は新任らしい青臭さを全身から放っていた。優しさですべての心を篭絡できると信じ込んでいる、真っすぐな、キラキラした目で教壇に立ち、自己紹介を始めたとき、なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りんかん@天国なう ジャンル:僕のヒーローアカデミア 轟出 お題:かたい不動産 制限時間:4時間 読者:46 人 文字数:1846字 お気に入り:0人
「緑谷、一緒に暮らすならどこら辺がいい」 轟くんにそう聞かれて、一瞬何を言ってるのか分からなかった。そして頭で理解したときには勢いよく立ち上がってしまっていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん ジャンル:東方Project お題:夜と姉妹 制限時間:4時間 読者:36 人 文字数:4762字 お気に入り:0人
7月24日 午後10時。 言うまでもなく、今は夜。綺麗に欠けた三日月が、幻想的な夜の闇に浮かんでいる。 その三日月を、真っ赤な屋敷の屋根に座り、赤ワインの注が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:秋月蓮華 ジャンル:文豪とアルケミスト お題:3月の接吻 制限時間:4時間 読者:62 人 文字数:458字 お気に入り:0人
(文司書にしてみた)【はるがくる】徳田秋声は特務司書の少女と共に和菓子屋に出かけて、和菓子を買ってきた。「春なんだよ」「暖かくなってきたね」買ってきた和菓子は何 〈続きを読む〉